« 虎ノ門ヒルズでランチ | トップページ | 目黒区美術館 「ジョージ・ネルソン展」 »

「パガニーニ 愛と狂気のヴァイオリニスト」

19世紀の伝説のヴァイオリニスト、ニコロ・パガニーニの破滅的な生涯を描いた伝記ドラマ、「パガニーニ 愛と狂気のヴァイオリニスト」(The Devil's Violinist)を見ました。世界が熱狂する人気ヴァイオリニスト、デイヴィッド・ギャレットがパガニーニを演じます。

Devils_violinist_9_2

1830年、イタリア。圧倒的な演奏技術を持ちながら、幕間で演奏するしがないヴァイオリニストだったパガニーニ(デイヴィッド・ギャレット)は、名プロデューサーのウルバーニ(ジャレッド・ハリス)に才能を見出され、ヨーロッパで爆発的な人気を得ます。

評判を聞きつけた指揮者のワトソン(クリスチャン・マッケイ)の招きでロンドンに渡ったパガニーニは、ワトソンの美しく無垢な娘シャーロット(アンドレア・デック)と、音楽を通じて惹かれあうようになり...。

Devils_violinist_11

超絶技巧と類まれな音楽性で聴衆たちを魅了するも、その才能は悪魔に魂を売り渡したことで手に入れたと恐れられた伝説のヴァイオリニスト。私生活では女性やギャンブルに溺れ、スキャンダルに事欠かなかった音楽界の異端児。

そのパガニーニを、今をときめくヴァイオリニスト、デイヴィッド・ギャレットが演じるというのでとっても楽しみにしていました。彼はこの作品で制作総指揮も務めています。

Devils_violinist_13

卓越したテクニックと、華やかで色香のある演奏。クラシック音楽の枠を越えて、ロックとのクロスオーバーなど斬新なアプローチでファンを魅了するデイヴィッド・ギャレットは、まさに21世紀のパガニーニ。そんな彼の魅力がいっぱいつまった、すてきな作品でした。

Devils_violinist_4_2

映画では、パガニーニをあたかもロックスターのように描いています。さんざん聴衆をじらした挙句に長い髪をなびかせながら颯爽と登場。演奏中はあまりにも激しい指使い、弓使いに絃が次々と切れ、最後に残った1本で弾く頃には女性たちの興奮が最高潮に達して、ついには失神者も出るほど。^^

彼の演奏には麻薬のような魅力があるので、フェミニストたちは背徳的であると目の敵にし、またそのテクニックは神ではなく悪魔から授けられたものとして、教会からも拒絶されてしまいます。それは時代が彼に追いつけなかった、天才ゆえの不幸だったのかもしれません。

Devils_violinist_6

女性たちが決して放っておかなかったパガニーニですが、彼が唯一愛したのは清楚で可憐、天使のような歌声をもつシャーロット。パガニーニのヴァイオリンにあわせて、シャーロットがアンコールの舞台で歌う「愛しい人よ」のアリアの清らかな歌声に、心がふるえました...。

しかし、プロデューサーのウルバーニは二人の仲を認めず、罠を仕掛けて引き離してしまいます。傷心を乗り越え、アメリカに渡って歌手として成功を収めたシャルロットに対し、不遇な晩年を送るパガニーニ。

「神は私に才能という恩寵を与え、才能を理解しない世界に放り出した」ということばに、彼の魂の叫びが伝わってきました。

|

« 虎ノ門ヒルズでランチ | トップページ | 目黒区美術館 「ジョージ・ネルソン展」 »

映画」カテゴリの記事

コメント

セレンさん☆
わー、これこれ!
すっごく気になっていました☆
ヴァイオリンの監修として参加していたディヴィット・ギャレットが遂には主役も演じることになったのですよねぇ。
その演奏を聴くだけでも価値はあるかも・・・

投稿: ノルウェーまだ~む | 2014年7月24日 (木) 00時31分

☆ ノルウェーまだ~むさま ☆
こんにちは。
わ~、まだ~むさんも気になっていらっしゃいましたか!
デイヴィッド・ギャレット、とってもすてきでしたよ~
彼でなければ、この役は演じられないって思いました。
お時間があったら是非ご覧になってみてください☆

投稿: ☆ ノルウェーまだ~むさま ☆ | 2014年7月24日 (木) 08時29分

こんばんは。notes

「パガニーニ」、予告編で見て、面白そうだな~・・って気になってました。記事を読ませていただくと、すごくよく出来てるみたいですね!
期待度アップ!

私、パガニーニの事も、デイヴィッド・ギャレットの事も、全くといっていい位知らないので、見てみたいです。

演奏シーンが楽しみだな~。劇場は無理でも、DVDででも必ず見てみますね!happy01

投稿: ごみつ | 2014年7月24日 (木) 20時18分

☆ ごみつさま ☆
こんにちは。
パガニーニ、おもしろかったですよ。
お話は少々宝塚風? 少女漫画ちっくではありますが^^
デイヴィッド・ギャレットの魅力が堪能できました。
演奏シーンもすてきでした~☆

当時、パガニーニがいかにセンセーショナルだったかがわかって
クラシック音楽に対するイメージが変わるかも。

DVDで是非ご覧になってみてください☆

投稿: ☆ ごみつさま ☆ | 2014年7月25日 (金) 17時19分

こんばんは。

本作を観て素晴らしい音楽映画を堪能しました。
デイヴィッド・ギャレットあってのドラマで...パガニーニ本人よりデイヴィッドの方が断然ハンサムですね。モデルもやっていたというだけあって、ホント彼は素敵です。

クロスオーバーな音楽を奏でるデイヴィッドの演奏を、ますます一度見て聞きたいです。


そしてパガニーニを全く知らなかったので、今回とても情熱的なパガニーニを知り、彼の作った楽曲を聞いてみたくなりました。

投稿: margot2005 | 2014年8月 5日 (火) 21時26分

☆ margot2005さま ☆
こんにちは。
音楽とドラマが楽しめるすてきな作品でした。
音楽映画はたいてい演奏は吹き替えということが多いですが
これはデイヴィッドが演奏し、演じていたので
よけいに感動が大きかったです。
彼はパガニーニのイメージにぴったりですね。
いつか演奏を生で聴いてみたいです☆

この映画を見ると、パガニーニが聴きたくなりますね。wink

投稿: ☆ margot2005さま ☆ | 2014年8月 5日 (火) 22時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1151970/56863880

この記事へのトラックバック一覧です: 「パガニーニ 愛と狂気のヴァイオリニスト」:

» パガニーニ 愛と狂気のヴァイオリニスト [風に吹かれて]
バイオリンのロックスター 公式サイト http://klockworx.com/movie/m-400443 製作総指揮・音楽・主演: デイヴィッド・ギャレット監督・脚本・撮影: バーナード・ローズ  [続きを読む]

受信: 2014年8月 4日 (月) 16時23分

» 「パガニーニ 愛と狂気のヴァイオリニスト」 [ヨーロッパ映画を観よう!]
「The Devil's Violinist」2013 ドイツ、イタリア 製作総指揮、音楽、出演(ニコロ・パガニーニ)にデヴィッド・ギャレット。 ウルバーニに「ベンジャミン・バトン 数奇な人生/2008」「小さな命が呼ぶとき/2010」のジャレッド・ハリス。 シャーロット・ワトソンに「レ・ミゼラブル/2012」「悪の法則/2013」のアンドレア・デック。 エセル・ランガムに「ドラゴン・タトゥーの女/2011」「もうひとりのシェイクスピア/2011」「レッド・ライト/2012」のジ... [続きを読む]

受信: 2014年8月 5日 (火) 21時17分

» 映画『パガニーニ 愛と狂気のヴァイオリニスト』を観て [kintyres Diary 新館]
14-63.パガニーニ 愛と狂気のヴァイオリニスト■原題:The Devils Violinist■製作年、国:2013年、ドイツ■上映時間:122分■料金:1,800円■鑑賞日:7月26日、TOHOシネマズシャンテ(日比谷) □監督・脚本・撮影:バーナード・ローズ◆デヴィッド・ギャ...... [続きを読む]

受信: 2014年10月13日 (月) 21時54分

« 虎ノ門ヒルズでランチ | トップページ | 目黒区美術館 「ジョージ・ネルソン展」 »