« 神戸(8) アサヒビール大山崎山荘美術館 | トップページ | 「トランスフォーマー/ロストエイジ」 »

神戸(9) 京都へ

大山崎から阪急電車に乗って、終点の河原町へ。今回の旅の最終目的地、京都です。

2014082001_2

四条大橋から見る鴨川の風景です。川床が並んでいるのが夏らしい風情。この日はお祭りがあるのか、浴衣姿の女性をあちらこちらで見かけました。京都に着いたとたん、見るもの全てがすてきに見えて、外国人のように興奮してしまいました。^^

2014082002   2014082003_2

四条大橋を渡って祇園へ。(左)憧れの歌舞伎劇場、南座。8月は歌舞伎ではなく、藤山直美さんの喜劇を上演していました。 (右)河原町タカシマヤの向かいにいた猫ちゃん。銀座の猫ちゃんは有名ですが、この子は祇園の猫ちゃんでしょうか?

2014082004  2014082005

うどんの権兵衛さんでお昼にしました。風情ある町家の佇まいに心が躍ります。私はたまごとじうどんをいただきました。たまごの優しいお味にたっぷりの九条ねぎが京都らしい。おだしを効かせたおつゆがあっさりおいしく、私にはめずらしく全部飲み干してしまいました。

このほか祇園では、大好きな原了郭さんの黒七味と、はれまさんのちりめん山椒を買いました。もっとあれこれ見たいところですが、残された時間があまりないので、どうしても行きたい1ヶ所だけ、美しい石庭で知られる龍安寺に向かいました。

四条河原町から市バス59系統に乗って、龍安寺前まで。町の中心部が渋滞していて少しやきもきしましたが、なんとか閉門30分前に着きました。

2014082006_3

竜安寺は1450年、室町時代に創建された禅寺です。山門をくぐって広大な境内を歩き進み、本堂に入ると、その奥にはっと息を呑む静謐な空間があります。

2014082007_3

5ヶ所に点在する15個の石と、箒目をつけた白砂のみで、大海に浮かぶ島々を表現した石庭。縁側に腰をおろしてしばし見入っていると、自然と心安らぐのを感じます。気がつくと目の前には壮大な海の風景が広がっていました。

2014082008_3

600年の時を越えて心を捉え、語りかけてくるアート。いつまでも見ていたい風景でした。

2014082009

この後は旅の余韻にひたりながら、緑豊かな境内をのんびり散策しました。桜や紅葉も多く、春や秋もまたすばらしいだろうなーと思いを馳せました。京都はまたいつか気候のいいときにゆっくり訪れたいです。

神戸旅行記はこれでおしまいです。最後までおつきあいくださり、ありがとうございました。

|

« 神戸(8) アサヒビール大山崎山荘美術館 | トップページ | 「トランスフォーマー/ロストエイジ」 »

グルメ」カテゴリの記事

旅行」カテゴリの記事

コメント

こんにちはー。
旅行記楽しく拝見しました。
大人の旅ですね~。
神戸には旅行という意味では行ったことがないので、
(いつも仕事でした…)
今度はゆっくり行ってみたいな、と思いました。
おいしいものも色々ありそうですもんね。

投稿: linen | 2014年8月22日 (金) 12時57分

セレンさん☆
素敵な旅レポ、お疲れ様でした~
とっても詳しく、しかもわかりやすくきれいな写真ばかりで良かったですよ☆
京都があまり時間なかったのは残念ですね。
そう言えば随分長いこと京都にも行ってなかったことを思い出しました。

投稿: ノルウェーまだ~む | 2014年8月22日 (金) 14時55分

☆ linenさま ☆
こんにちは。
旅行記、おつきあいくださり、ありがとうございました。
暑い日が続きましたが、街歩きもなかなか楽しかったです。
関西は東京からも意外と近いので
また折に触れ、足を運んでみたいな...と思いました。

投稿: ☆ linenさま ☆ | 2014年8月22日 (金) 23時06分

☆ ノルウェーまだ~むさま ☆
こんにちは。
長々とおつきあいくださり、ありがとうございました。
うれしいおことば、感謝です~

今回は神戸メインで、美術館のついでに京都に寄りましたが
見るとやっぱり京都ってすてきだな~と思ってしまって。
息子も修学旅行以来、京都が気に入っているらしく
また改めてゆっくり足を運んでみたいな...と思いました。

投稿: ☆ ノルウェーまだ~むさま ☆ | 2014年8月22日 (金) 23時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1151970/57133683

この記事へのトラックバック一覧です: 神戸(9) 京都へ:

« 神戸(8) アサヒビール大山崎山荘美術館 | トップページ | 「トランスフォーマー/ロストエイジ」 »