« 「ウォー・ホース ~戦火の馬~」 | トップページ | 神戸(6) 六甲山を越えて »

神戸(5) 有馬温泉へ

神戸旅行記の続きです。(コチラから)

今回、神戸に2泊しましたが、神戸市街は1日目でだいたい見てしまったので、2日目はちょっと気分を変えて、有馬温泉まで足を伸ばしてみることにしました。路線案内で調べると、三宮から有馬温泉まで電車を乗り継いで30分。三宮駅前から直行バスも出ています。

静かな山の中にあるというイメージだったので驚きましたが、前日のベイエリアからの風景を思い出して納得しました。電車で30分といえば、通勤圏内ですよね...。緑豊かな美しい山の中にありますが、ここもまた神戸市なのです。

2014081401 2014081402_2

(左)神鉄有馬線。関西の鉄道は、首都圏でよく見るアルミの車両ではなく、どっしりと貫禄のある車両が多かったです。 (右)有馬温泉駅近くにある趣のあるおみやげ屋さん。

まずは観光案内所に寄ってあれこれお聞きしてから、公営の外湯「金の湯」に向かいました。(ほかに「銀の湯」という外湯もあります。)

2014081415  2014081404

公営といっても設備が新しく、とてもきれいです。金の湯の泉源は鉄分を多く含んでいるので、赤茶色の濁ったお湯ですが、いかにもお肌と健康によさそう。ゆっくりくつろいで、体の芯までほかほかと温まりました。

(右)湯上りに家族が「有馬温泉 てっぽう水」を飲んでいました。^^ 有馬温泉には炭酸泉源があり、明治時代には砂糖で味付けした炭酸水がてっぽう水(ふたがポンッと飛ぶので)として人気が出て、のちの有馬サイダー(三ツ矢サイダーのもと)となったそうです。

温泉でひと休みしたあとは、観光案内所でいただいたウォーキングマップを手に、狭い小路に味わい深い古民家が建ち並ぶ温泉街をぶらぶら散策しました。

2014081405_2  2014081406_2

(左)「温泉堂」というすてきな和コスメのお店。亀の子マークが目印です。オリジナルのスキンケア製品や入浴剤、てぬぐいやタオルなど。私はハンドクリームとタオルを買いました。

(右)温泉寺。火事で何度も再建されていますが、歴史は奈良時代にさかのぼるそうです。有馬温泉は古くは日本書紀に登場し、豊臣秀吉が湯治に通ったことでも知られています。江戸時代には全国に知られる名湯となりました。

2014081408  2014081409

(左)竹細工の「有馬籠くつわ」さん。職人さんが丹精込めて作る美しい籠の数々。手軽に買える小物もいろいろあります。私はお菓子切りと野菜おろしを買いました。 (右)古い街並みに赤いポストがよく似合います。

2014081410   2014081411

(右)街中には7つの泉源があり、湯気がもうもうと出ています。これは天神泉源。

2014081412_2

この日も暑かったので、さっぱりおそばが食べたい...と観光案内所でいただいたぐるめMAPを参考に^^ 「そば処 むら玄」さんを訪れました。古民家をそのまま生かした粋な風情の外観に、わくわく期待が高まります。

2014081413 2014081414

こちらのお店は手打ちの10割そばとのことですが、更科風のさらりとした美しいおそばでした。(左)は鴨南蛮の冷やしそば。おそばは最初に塩で、そのあとおつゆで召し上がってください、とのこと。

(右)私はとろろそばをいただきました。こちらも、とろろにお味がついているので、まずはそのまま、その後おつゆでお召し上がりください、とのことでした。どちらの食べ方でもおそばのおいしさが堪能できました。

最後にいただく蕎麦湯もどろりと濃厚なおいしさ。たっぷりいただきました。

|

« 「ウォー・ホース ~戦火の馬~」 | トップページ | 神戸(6) 六甲山を越えて »

グルメ」カテゴリの記事

旅行」カテゴリの記事

コメント

有馬温泉、有名ですが足を運んだことがありません。
ゆっくりと温泉で体を温めて、レトロ感いっぱいの
町散歩!
とてもゆったりとした癒しの旅ですね^^
心身共にリフレッシュされたことと、思います。

投稿: イザワ | 2014年8月15日 (金) 02時56分

☆ イザワさま ☆
こんにちは。
有馬温泉、山の中にあるというイメージでしたが
神戸から思いがけずに近く、驚きました。
味わいがあるとてもすてきな温泉街でしたよ。
温泉も気持ちよかったです~☆

投稿: ☆ イザワさま ☆ | 2014年8月15日 (金) 07時16分

行ったよ~spa
そして旅に行ったら欠かさずtrain「土地」の電車も乗る(ミーハー)train
三ノ宮から乗って、また乗り換えたの思い出すなぁ
でね~初の関西圏に行ったから
電車の中でcoldsweats02 うわーー世界が関西言葉だっっ と 変な意味で感激したな~
有馬天神社も行った行った!有馬稲荷 (稲荷神社)とか
瑞宝寺公園とか訪ねて 秀吉~利休~恋の句~して来た

そーそー 炭酸泉源!!! 鉱泉せんべい!
てっぽう水って なんかアップルタイザーみたいな感じだった思い出が・・・coldsweats01(*≧m≦*)coldsweats01
私達は 喫茶店とかで食事したな~ 
その土地の喫茶店も「カフェ飯」と違うし

投稿: q うんうん | 2014年8月16日 (土) 22時02分

こんばんは!spa

ありま~、有馬温泉ですか!(無視してOK)spa

やっぱり、旅に出たら、温泉に入りたいですよね~。
宿泊客でなくても気軽に入れる外湯があるとありがたいですよね!

それにしても、有馬温泉ってそんなに歴史のある温泉なのですね!はじめて知りました。
私も神戸に行く機会があったら是非足をのばしてみたいです。

お蕎麦、美味しそう!
私もたぶん、とろろをチョイスすると思います。

てっぽう水は、そのまんまサイダーみたいなお味なのかしら?spa

投稿: ごみつ | 2014年8月16日 (土) 23時51分

☆ qさま ☆
こんにちは。
qさんも有馬温泉行かれましたか。
関西の電車では、おしゃべりしている女の子たちが楽しくて
有川浩さんの「阪急電車」を思い出しました。

記事に書きそびれたけど、炭酸せんべい食べましたよ!
手作業で作っているところを見学して
できたての熱々を味見させてもらいました。
ご近所さんへのおみやげに買いましたよ。
風月堂のゴーフルにちょっと似てますね。

てっぽう水はさっぱりとしたお味でしたね。
今はさすがに炭酸の温泉水から作っているわけではないようです。
レトロな街並みがすてきでしたね。

投稿: ☆ qさま ☆ | 2014年8月17日 (日) 16時01分

☆ ごみつさま ☆
こんにちは。
有馬温泉、こんなに近いとは思わなかったのでびっくりしました。
三宮から30分で行けるので、三国志のイベント(しつこい)の際には
是非足を伸ばされてみてください。
神戸市街とはまた違った雰囲気で、旅の気分が味わえました。

おそば屋さんは、お塩で食べるとかちょっとこだわりが強いかな?
と思いましたが、あとからミシュランの一つ星を獲得したお店だと
知りました。お店の方も感じよく、とろろそばもおいしかったです☆

てっぽう水は、今は温泉水で作っているわけではないようですが
さっぱりとしたお味でした。^^

投稿: ☆ ごみつさま ☆ | 2014年8月17日 (日) 16時11分

セレンさん☆ぷちご無沙汰です。
家族で伊豆1泊→洗濯日→友人の軽井沢別荘→その足で実家とようやく戻ってきました。

有馬温泉いいですね~~
趣のある建物の数々、まるでタイムスリップしたみたい♪
まだ行ったことないので、今度ぜひ出かけてみたいわ。

投稿: ノルウェーまだ~む | 2014年8月21日 (木) 13時06分

☆ ノルウェーまだ~むさま ☆
まだ~むさん、お帰りなさい!
お疲れのところ、たくさんコメントをいただいて恐縮です。
ご旅行かな~?と思っていましたが、
ずいぶんあちこち行かれてたのですね。
またご報告、楽しみにしています♪

有馬温泉、思いつきでしたがさくっと行けて楽しめました。
なかなか風情のある温泉街でしたよ。
いつか機会がありましたら☆

投稿: ☆ ノルウェーまだ~むさま ☆ | 2014年8月21日 (木) 15時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1151970/57077907

この記事へのトラックバック一覧です: 神戸(5) 有馬温泉へ:

« 「ウォー・ホース ~戦火の馬~」 | トップページ | 神戸(6) 六甲山を越えて »