« 神戸(6) 六甲山を越えて | トップページ | 神戸(8) アサヒビール大山崎山荘美術館 »

神戸(7) 近海の海の幸を楽しむ

ホテルにもどってくつろいでから、三宮方面に食事にでかけました。

前日、お店をぶらぶら探して、最終的に神戸牛のすてーき屋さんに入りましたが、この時、途中で見つけて気になっていたお寿司屋さんを目指しました。中山手通りにある「活鮨 魚發」(いけすし はつ)さんです。

きりりとした佇まいの外観、この日揚がった近海の海の幸が堪能できるというのに惹かれました。メニューが出ているので入りやすく、お店の心遣いを感じました。

がらりと中に入ると、金曜日ということもあって、お仕事帰りの地元の方たちで賑わっていましたが、おかみさんの笑顔に迎えられ、カウンター席に並びました。近海の新鮮な海の幸をリーズナブルにいただける、大将おまかせのコースをいただきました。

2014081701

最初に運ばれてきた3種の突き出し。左は明石だこ、中はゴーヤと魚卵、右は酢でしめた青魚ときゅうりの酢の物です。日本酒に合いそうですね。

魚偏に發というお店の名前は、魚がいきいき泳ぎ、ぴちぴち元気な様子を意味する古禅書から来ているそうです。字体が中国の古い文字みたいでかっこいい。同音の八つがお魚が泳ぐ姿で表現されています。

2014081702

お造りの盛り合わせです。ここで、東京ではめったにお目にかかれない鱧が何気なく登場し、一気にテンションがあがりました。鱧は湯引きしたものとお刺身の2種類。このほか淡路島の由良うに、明石だこなど、地元明石の海の幸を堪能しました。

2014081703

お寿司は全部で9貫ですが、まずはこちらの6貫。湯引きした鱧を今度はお寿司でいただきました。トリガイも久しぶり。お刺身はむっくりとしてどれもおいしかったです。

2014081704

後からいただいた3貫です。軽くあぶった地元但馬牛のお寿司は関西ならではのお味。明石名産の穴子は身がきゅっとしまっていました。お味噌汁は大粒のあさり、こちらもほっとするおいしさでした。

にぎやかで飾らないお店ですが、BGMがクラシックというのがユニーク。大将さんがお好きなのかな? お寿司屋さんにはめずらしいので印象に残りました。

|

« 神戸(6) 六甲山を越えて | トップページ | 神戸(8) アサヒビール大山崎山荘美術館 »

グルメ」カテゴリの記事

旅行」カテゴリの記事

コメント

豪華ですね!!
神戸の魚介類オールスターみたいですね~^^
淡路島のうに、美味しそうですね。
学生の頃、サイクリングで明石まで新幹線、電車で移動し
明石でたこ焼き食べて、船で淡路に渡り、自転車で縦断して
香川に渡り、四国を周って、柳井に渡って、山口の友人宅で
遊んできたことがあります。
淡路島は、ひたすらペダルをこいでいました^^
久々に思い出しました^^

投稿: イザワ | 2014年8月17日 (日) 23時47分

☆ イザワさま ☆
こんにちは。
このあたりの海の幸というと、明石だこしか思いつかなかったのですが
この土地ならではのおいしい海の幸がいろいろいただけて
大満足でした。感じよく、良心的なお店でした。

うにも東京に出ているものとは種類が違うようですね。
イザワさんが四国を自転車で回られたというのは
以前おうかがいしましたが、淡路島も通られたのですね。
当時はまだ明石海峡大橋がなかったので船で渡られたのですね。
すごい大冒険! 学生時代のすてきな思い出ですね...

投稿: ☆ イザワさま ☆ | 2014年8月18日 (月) 07時44分

こんばんは!

うわ~!ハモだ、ハモ!
私、いつ食べたか、もう記憶にないくらいです。(笑)
それにウニがこんなにいっぱい!

凄く美味しそうなお寿司ですね。そうそう、私もトリガイのお寿司も久しくいただいてない気がする。

地元の近海でとれるお魚のお寿司、但馬牛のお寿司、神戸の美食を堪能されたみたいで、羨ましいです!
アサリのお味噌汁も~~。happy02

投稿: ごみつ | 2014年8月20日 (水) 22時00分

セレンさん☆
その時そのときで、地図を見ながら電車を乗り継ぐ旅もなかなかいいですね~~
お店も事前にがっつり調べていくのも間違いないけど、自分のインスピレーションを信じて飛び込んで、それでこんなに大成功なら、ウレシイことこの上ないですねっ☆
お寿司屋さんでも突き出しがオシャレ!!
鱧の生って食べたことないから、とっても興味深いわ~~

投稿: ノルウェーまだ~む | 2014年8月21日 (木) 13時16分

☆ ごみつさま ☆
こんにちは。
鱧、東京ではめったにお目にかかれないですよね。
思いがけずに関西ならではの近海の海の幸の数々
そしてめずらしい但馬牛のお寿司もいただけて大満足でした。
これで3000円ですから、かなり良心的ですよね...
おいしい出会いに感謝です☆

投稿: ☆ ごみつさま ☆ | 2014年8月21日 (木) 15時46分

☆ ノルウェーまだ~むさま ☆
今回、食事はここ!としっかり決めていなかったのですが
思いがけずに2日続けていいお店に出会えてラッキーでした。

こちらのお寿司屋さん、最初の突き出しから
季節感が伝わってきて期待がふくらみました。
明石近海の旬のお味をたっぷり満喫しましたよ。
鱧のお刺身はこりっと歯ごたえがあって
これまたおいしかったです♪

投稿: ☆ ノルウェーまだ~むさま ☆ | 2014年8月21日 (木) 16時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1151970/57106218

この記事へのトラックバック一覧です: 神戸(7) 近海の海の幸を楽しむ:

« 神戸(6) 六甲山を越えて | トップページ | 神戸(8) アサヒビール大山崎山荘美術館 »