« インド料理「カイバル」 &AKOMEYAさんでお買い物 | トップページ | ラズベリーを使って & 桃のクランブル »

ヨコハマトリエンナーレ 2014

横浜で3年に一度開催される現代アートの国際展、「ヨコハマトリエンナーレ 2014」(~11月3日)に行ってきました。2001年からはじまり、今年5回目の開催です。テーマは「華氏451の芸術: 世界の中心には忘却の海がある」。

Yokohama_triennale_2014_3

不可解な作品も多いですが、新しい視点を与えてくれるものもあり、現代アートならではのなんじゃこりゃ~?という感覚を楽しみました。主会場は横浜美術館と新港ピア。巡回バスがあり1日で十分回れますが、私たちは2回に分けて訪れました。

2014082901    2014082902

(左)横浜美術館の入口には、マイケル・ランディの「アート・ビン」。失敗したアートを投げ込むための巨大ゴミ箱です。会期中、誰でも投げ入れることができるそうで、横に階段もついていました。日を追って少しずつアートゴミが増えていくのでしょうか? テーマの”忘却”を象徴する作品です。

(右)ギムホンソック「8つの息」。見た目は風船のようですが、ブロンズにウレタン塗装して作られています。クーンズのバルーン・アートを思い出しました。

最初のコーナーでは、ジョン・ケージの「4分33秒」の楽譜が展示されていました。ピアノのふたを閉じて、その前に黙って4分33秒座ることが演奏、という1952年に発表された衝撃なる無音の音楽。楽譜には、音符のないスコアが延々続いています。

大笑いしたのは、マルセル・ブローターズの「猫のインタビュー」という音声作品。作者が愛猫を相手に、真剣に芸術をめぐる問題について意見を求め、それに猫が絶妙なタイミングでにゃーにゃーと答えています。

2014082903_3 2014082904_2

(左)ドラ・ガルシア「華氏451度」。レイ・ブラッドベリのSF小説「華氏451度」を鏡文字で複製した本の山です。華氏451度は紙が燃え始める温度で、小説は、書物を読むことが禁じられ、人々が思考力と記憶力を失っていく世界を描いているとか。

(右)毛利悠子「I/O ある作曲家の部屋」。ピタゴラスイッチ風の自動演奏装置。時々思い出したように、ドラムやオルガンがトンッ、ぶーと音を奏でます。

2014082907_2  2014082908_2

Temporary Foundation 「法と星座・Turn Coat / Turn Court」。真っ赤な法廷と緑色のテニスコート、2つのCourtが背中合わせにつながり、ひとつの作品となっています。威圧的な赤い法廷に時おり響く木槌の音が、不穏な気配を高めます。

          art          art          art

後日訪れた新港ピアは、新港埠頭の先にある倉庫のような会場ですが、大型作品のほか、映像作品も多かったです。映像作品ではジャック・ゴールドスタインの「一杯のミルク」がおもしろかった。グラスに入ったミルクが、テーブルをバンバン叩く度に飛び散る様子を延々撮影しています。^^;

2014082910 2014082911

一番気に入ったのは、笠原恵実子「Offering Collection」。約10年かけて撮影したという、世界の献金箱の数々。こういうマニアックなコレクションは見ているだけで楽しい。白いシンプルな額縁に整然と並べられた姿は、蝶かなにかの標本箱に通じるものを感じます。

献金箱のバラエティの豊かさに驚かされ、ひとつひとつ見入ってしまいましたが、彩度を抑えた写真は統一された個性があり、単なる記録写真ではないひとつの作品として惹かれるものがありました。

3年前のヨコハマトリエンナーレのレポートはこちら。
art ヨコハマトリエンナーレ2011 (1)横浜美術館
art ヨコハマトリエンナーレ2011 (2)日本郵船海岸通倉庫

|

« インド料理「カイバル」 &AKOMEYAさんでお買い物 | トップページ | ラズベリーを使って & 桃のクランブル »

美術館・博物館」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。rainhappy01

今日は雨で、涼しいですね~。
ようやく、猛暑も終わった感じでホっとしています。

トリエンナーレ、記事読ませていただくと本当に楽しそうですね。
私も、現代アートの、お気軽で自由な雰囲気が大好きなので、遠くなければ行ってみたい。11月までだからまだ時間ありますね!

テーマは「華氏451」なんですか・・。どんな雰囲気なんだろう?そのへんも興味津々です。

「猫のインタビュー」見てみた~い!!cat

投稿: ごみつ | 2014年9月 1日 (月) 15時12分

☆ ごみつさま ☆
こんにちは。
今日は雨があがって、いいお天気になりましたね~sun
湿度も低めでさっぱりと気持ちがいいですね。

そうそう、現代アートはお気楽な楽しさがありますね。
なんじゃこりゃ~?!という作品もありますが
掘り出し物?に出会えることも。

3年前に行った時にとても楽しかったので、今回も期待していましたが
私としては今ひとつだったかな...
単にアートディレクターの方との趣味が合わなくて
私好みの作品が少なかった、というだけかもしれませんが。

「猫のインタビュー」音声作品ですが、大笑いしました。catにゃー
ネタばらしになってしまいますが、動画を見つけたのでよかったら。
このばかばかしさ?を是非体感してみてください。^^
http://www.youtube.com/watch?v=sFuHPOMKmt4

投稿: ☆ ごみつさま ☆ | 2014年9月 2日 (火) 11時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1151970/57220096

この記事へのトラックバック一覧です: ヨコハマトリエンナーレ 2014:

« インド料理「カイバル」 &AKOMEYAさんでお買い物 | トップページ | ラズベリーを使って & 桃のクランブル »