« 「誰よりも狙われた男」 | トップページ | 紅葉の軽井沢(1) 雲場池散策 »

「マダム・マロリーと魔法のスパイス」

ヘレン・ミレン主演のコメディテイストのヒューマンドラマ、「マダム・マロリーと魔法のスパイス」(The Hundred-foot Journey)を見ました。南フランスを舞台に星つきフレンチレストランとインド料理店が繰り広げる、愛と美食の物語です。

The_hundred_foot_journey_1

インドのムンバイでレストランを営んでいたカダム一家は、新天地を求めてヨーロッパへ。南フランスで車が故障したのが縁で、新鮮でおいしい食材に出会った彼らは、その地に留まり廃屋を改装して、インド料理店を開きます。

しかしそこは、気難しい女性オーナー マダム・マロリー(ヘレン・ミレン)が経営する星つきフレンチレストランのすぐ目の前。マダム・マロリーとカダム家のパパは、何かと対抗意識を燃やし、騒動を巻き起こしますが...。

The_hundred_foot_journey_4_5

予告を見ておもしろそう!と楽しみにしていた作品、早速初日に見に行きました。王道のストーリー展開ながら、笑いあり、ロマンスあり、家族愛あり。そしておいしそうな食材やお料理も登場し、食いしん坊にはうれしい作品でした。

とにかくマダム・マロリーとカダム家のパパ、全くタイプの違う2人のバトルがおかしくて、おかしくて...。そして、その陰で進行する?カダム家の次男で若き天才シェフ ハッサンと、フレンチレストランで修業中の女性シェフ マルグリットのロマンスが、なんともさわやかで微笑ましい。

天性のお料理の才能があるハッサンは、フランス料理にも興味津々。マルグリットからフレンチの手ほどきを受けたり、いっしょにきのこを採りにでかけたり。一流のシェフになるという共通の夢に向かって励まし合い、それゆえに相手の才能に嫉妬することもある2人の姿はとても美しかったです。

The_hundred_foot_journey_9_3

お料理もいろいろ登場しますが、なにより一番おいしそうだったのは序盤でマルグリットがカダム家の人たちをもてなした、ありあわせの野菜と乳製品。そしてハッサンがマダムをうならせた、鳩のお料理とオムレツも食べてみたくなりました。

途中でちらりと人種問題にも触れられますが、あれほどカダム・パパに嫌がらせ(笑)をしていたマダムが、これにはすぐに毅然とした態度で対処したことにも感動しました。いつの間にかマダムとパパが仲良くなるのは想定外の展開でしたが^^ マダムを演じるヘレン・ミレン、いつもながらほんとうにエレガントでした。

The_hundred_foot_journey_5_4

予備知識なく、なんとなくフランス映画かイギリス映画?と思っていたので、エンドロールで、スピルバーグとオプラ・ウィンフリーが製作を務めるディズニー映画と知ってびっくりしましたが、なるほど、この口当たりのいいわかりやすい博愛主義は、(いい意味で)ディズニーらしいと納得しました。

イギリス、インド、フランスの名優にフレッシュな若手俳優、そして監督は「ショコラ」「ギルバート・グレイプ」(どちらも好き!)のスウェーデンのラッセ・ハルストレム。映画同様、多国籍のスタッフとキャストが織り成すハーモニーがなんとも魅力的な作品でした。

The_hundred_foot_journey_2

以前、フレンチコメディの「シェフ!~三ツ星レストランの舞台裏へようこそ~」を見た時にも思いましたが、フランスのレストランの”星の数”に対するこだわりとプレッシャーは並々ならないものがありますね。でも、技術以上に愛あるお料理が、作る人も食べる人も幸せにする、というラストが心憎かったです。

|

« 「誰よりも狙われた男」 | トップページ | 紅葉の軽井沢(1) 雲場池散策 »

映画」カテゴリの記事

コメント

セレンさん☆
これこれ!私も番組で紹介していたのを見て、俄然気になっている作品です。
初日に行かれたのですねー
お料理上手なセレンさんなら、本当にぐいぐいと引き込まれたことでしょう。
今回は映画関連のお料理が食べられるレストランとかないのかな?
セレンさんならご自宅で再現できそうね。

投稿: ノルウェーまだ~む | 2014年11月 5日 (水) 14時50分

こんばんは!

ツイッターでもお返事しましたが、これホント、みたいです!
ヘレン・ミレンも大好きだし、映画もとても良さそうですよね~。

お料理がテーマの作品だから、セレンディピティさんにはぴったりですね!とても楽しまれた事と思います。

明日、休みなのですが、終わっちゃうといけないので明日は「誰よりも狙われた男」に行こうかな・・と予定中です。happy01

投稿: ごみつ | 2014年11月 6日 (木) 01時08分

おはようございます。
観た後に心が清々しくなるようなストーリーですね。
色々な要素を上手くまとめてある秀作といったところでしょうか。
こちらも↓も観てみたいです(^-^)
11月は、少し落ち着くかと思っていたのですが、
感謝すべきことに、また、大きな撮影を頂き、
今は大分に来ています。
今日は、撮影して夜に帰宅。
明日からは、金沢へ(^-^)。ブログ途切れがちですが今後ともよろしくお願いいたします。

投稿: イザワ | 2014年11月 6日 (木) 07時28分

ラッセ・ハレストロム私も大好きなので
これは行かなくっちゃね!
最近、お料理の映画だと「大統領の料理人」にはちょっとがっかりしましたが…
昔の「マーサの幸せレシピ」なんて大好きでした。
そのハリウッド版リメイクにはやはり失望しましたが(><)

投稿: zooey | 2014年11月 6日 (木) 09時19分

☆ ノルウェーまだ~むさま ☆
こんにちは。
この映画、TVでも紹介されていたのですね。
楽しく笑えて、さわやかな感動が残る
とてもすてきな作品でしたよ。
おいしそうなお料理もいろいろ登場しますし
きっとまだ~むさんも気に入られると思います♪
お時間がありましたら是非。

公式HPを見たら、ムンバイというインド料理レストランで
ハッサンのオムレツが食べられるみたいです。
コルドンブルーのレシピも紹介されてましたよ。

投稿: ☆ ノルウェーまだ~むさま ☆ | 2014年11月 6日 (木) 14時00分

☆ ごみつさま ☆
こんにちは。
おいしそうなお料理もいろいろ登場しますし
愛にあふれたすてきな作品でしたよ♪
ヘレン・ミレンもいつもながらエレガントで
でもかわいらしいところもあって。
あとは知らない俳優さんたちでしたが、ベテラン、若手ともに
とてもよかったです。お時間がありましたら☆

「誰よりも狙われた男」は全くタイプの違う作品ながら
こちらもとってもおもしろかったです。
是非是非楽しんでいらしてくださいね☆

投稿: ☆ ごみつさま ☆ | 2014年11月 6日 (木) 14時08分

☆ イザワさま ☆
こんにちは。
ディズニーらしい王道のストーリー展開ながら
見たあとにさわやかな余韻の残るすてきな作品でした。

イザワさん、全国を飛び回ってお忙しそうですね。
ハードなスケジュールで、旅先でもプライベートのお写真は
なかなか難しそうですが...
移動の途中のなにげないお写真、楽しく拝見しています☆

投稿: ☆ イザワさま ☆ | 2014年11月 6日 (木) 14時16分

☆ zooeyさま ☆
こんにちは。
王道のストーリー展開ながら
ほっこり幸せな余韻の残るすてきな作品でしたよ。
お時間がありましたら是非。

「大統領の料理人」「マーサの~」「しあわせのレシピ」
私はどれもそれなりに楽しめました。
お料理をテーマにした作品ってつい見てみたくなりますね。^^

投稿: ☆ zooeyさま ☆ | 2014年11月 6日 (木) 14時22分

こんばんは。

ちょっと出来過ぎは否めませんが中々素敵なサクセス・ストーリーでした。

>フランスのレストランの”星の数”に対するこだわりとプレッシャーは並々ならないものがありますね...
そうですね。10年以上前にフランスの地方でミシュランの2つ星レストランで食事した事がありますが、2つ星といえどもかなりなものでした。

フレンチもインド料理も大好きなので、出て来る料理が美味しそうで、たまりませんでした。
あのオムレツは実に美味しそうでしたね。

投稿: margot2005 | 2014年12月 3日 (水) 22時44分

☆ margot2005さま ☆
こんにちは。
王道のストーリー展開ながら、ほっこりハッピーになれる
すてきな作品でしたね。
美しいフランスの田舎町とおいしそうな食材とお料理
キャストも魅力的でした。

フランスの地方の2ツ星レストラン...
マダム・マロリーのレストランみたいですね。^^
すてきなご旅行をされましたね。

ハッサンの作るほんのりスパイシーなオムレツ、食べてみたいです。

投稿: ☆ margot2005さま ☆ | 2014年12月 4日 (木) 09時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1151970/57864281

この記事へのトラックバック一覧です: 「マダム・マロリーと魔法のスパイス」:

» マダム・マロリーと魔法のスパイス / The Hundred-Foot Journey [勝手に映画評]
実は今日は、映画の日ということで、ひとり二本立て。この作品の他に見たのは『祝宴!シェフ』と言う事で、奇しくも二本とも料理を主題にした作品になってしまいました。 こちらは、インド移民の家族が経営するインド料理店と気位の高いマダムが経営する1つ星のフランス...... [続きを読む]

受信: 2014年11月 6日 (木) 20時25分

» マダム・マロリーと魔法のスパイス★★★ [パピとママ映画のblog]
スティーヴン・スピルバーグとオプラ・ウィンフリーが製作を務め、リチャード・C・モライスのベストセラー小説を映画化。フランス南部でインド料理店を開いた移民家族と、その真向かいに建つミシュラン1つ星の名店フレンチ・レストランの女主人マダム・マロリーが、互い...... [続きを読む]

受信: 2014年11月 7日 (金) 20時02分

» マダム・マロリーと魔法のスパイス/入り交じる感情がスパイスそのもの [MOVIE BOYS]
原作はリチャード・C・モライスの小説。伝統的なフランス料理の1つ星レストランと、その目の前に新しくできたインド料理店の争いを巧みな人間模様を絡めて描く人間ドラマだ。プライド高く頑固な仏料理店オーナーを『RED』のヘレン・ミレンが、そのライバルのインド料理店オーナーをオム・プリ、そして若き天才シェフをマニッシュ・ダヤルが演じる。監督は『HACHI 約束の犬』のラッセ・ハルストレム。 ... [続きを読む]

受信: 2014年11月 7日 (金) 23時27分

» マダム・マロリーと魔法のスパイス [風に吹かれて]
料理は記憶 公式サイト http://disney-studio.jp/spice 原作: マダム・マロリーと魔法のスパイス (リーチャード・C・モレイス著/集英社文庫)製作: スティーヴン・スピルバ [続きを読む]

受信: 2014年11月13日 (木) 15時09分

» 『マダム・マロリーと魔法のスパイス』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「マダム・マロリーと魔法のスパイス」□監督 ラッセ・ハルストレム□脚本 スティーブン・ナイト□原作 リチャード・C・モライス□キャスト ヘレン・ミレン、オム・プリ、マニシュ・ダヤル、シャルロット・ルボン、       ミシェル・...... [続きを読む]

受信: 2014年11月19日 (水) 08時42分

» マダム・マロリーの魔法のレシピ The hundred-foot journey [映画の話でコーヒーブレイク]
最近のディズニーは、インドがお好き 先日見た「ミリオンダラー・アーム(次回アップします)」も本作同様ボリウッドコラボの ディズニー映画でした。 インドは年間映画製作本数がハリウッドを凌ぐ映画好きというお国柄に加え、 中国に迫る12億5千万人という巨大マーケット...... [続きを読む]

受信: 2014年11月19日 (水) 14時00分

» 映画「マダム・マロリーと魔法のスパイス」新しいものを受け入れる、それはとても難しい [soramove]
映画「マダム・マロリーと魔法のスパイス」★★★★★ ヘレン・ミレン、オム・プリ、マニシュ・ダヤル、 シャルロット・ルボン、ミシェル・ブラン出演 ラッセ・ハルストレム 監督、 122分 2014年11月1日公開 2014,アメリカ,ディズニー (原題/原作:THE HUNDRED-FOOT JOURNEY) 人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい... [続きを読む]

受信: 2014年11月26日 (水) 11時14分

» マダム・マロリーと魔法のスパイス [to Heart]
THE HUNDRED-FOOT JOURNEY 上映時間 122分 製作国 インド/アラブ首長国連邦/アメリカ 原作 リチャード・C・モライス『マダム・マロリーと魔法のスパイス』(集英社刊) 脚本 スティーヴン・ナイト 監督 ラッセ・ハルストレム 出演 ヘレン・ミレン/オム・プリ/マニシュ・...... [続きを読む]

受信: 2014年11月26日 (水) 22時58分

» マダム・マロリーと魔法のスパイス [映画的・絵画的・音楽的]
 『マダム・マロリーと魔法のスパイス』を渋谷のル・シネマで見ました。 (1)本作(注1)は、予告編を見て面白そうだなと思い、映画館に行ってきました。  本作の舞台は、南フランスの小さな町サン・アントナン。そこで伝統的なフランス料理を出すレストランの目の前に...... [続きを読む]

受信: 2014年11月27日 (木) 06時39分

» 「マダム・マロリーと魔法のスパイス」 [ここなつ映画レビュー]
ラッセル・ハルストレム監督作品。名優ヘレン・ミレンが作品に正にスパイスを効かせる。南フランスの美しい田舎町に、ある日インド人の一家がやって来た。世界一のインド料理の店を出す為に。しかし、自信たっぷりの彼らが構えた店の真向かいには、ミシュランの星を一つ獲得している老舗のフレンチ・レストランがあったのだ。そして、二つの店の料理バトルの火蓋が切って落とされる…。「インド料理は食べない」と言われているフランスの地で、一家のチャレンジは無謀にも思えた。だが彼らは故郷ムンバイで暴徒が起こした火災によって店と母親... [続きを読む]

受信: 2014年11月27日 (木) 12時34分

» 「マダム・マロリーと魔法のスパイス」 [ヨーロッパ映画を観よう!]
「The Hundred-Foot Journey」2014 インド/アラブ首長国連邦/USA インド、ムンバイでレストランを営むカダム家。次男のハッサンは母親譲りの類いまれなる味覚感覚を持つ青年。しかしある日、暴動によりレストランは全焼しハッサンの母親も犠牲になる。やがて一家は新天地を求めフランスにやってくる... マダム・マロリーに「エリザベス1世 ~愛と陰謀の王宮~/2005」「クィーン/2006」「消されたヘッドライン/2009」「終着駅 トルストイ最後の旅/2009」「テンペス... [続きを読む]

受信: 2014年12月 3日 (水) 22時37分

» 『マダム・マロリーと魔法のスパイス』 スパイスの正体は? [映画のブログ]
 【ネタバレ注意】  『HACHI 約束の犬』で観客を号泣させたラッセ・ハルストレム監督の作品だけあって、『マダム・マロリーと魔法のスパイス』は優しさと愛に満ちたハートウォーミングな物語に見える。  南フランスのサン・アントナン・ノブル・ヴァルののどかな風景。マダム・マロリーがオーナーを務めるフレンチ・レストランと、真向かいにできたインド料理店との意地の張り合い、引っ張り合い。若きイ...... [続きを読む]

受信: 2015年2月 4日 (水) 00時34分

« 「誰よりも狙われた男」 | トップページ | 紅葉の軽井沢(1) 雲場池散策 »