« iichikoデザイン30年展 @東京藝術大学大学美術館 | トップページ | けやき坂のイルミネーション »

「インターステラー」

クリストファー・ノーラン監督の最新作、「インターステラー」(Interstellar)を見ました。時空の魔術師ノーラン監督が紡ぐ、壮大な宇宙ファンタジーであり父娘の絆の物語です。

Interstellar_12

近未来の地球。環境変化による植物の枯渇で、人類は滅亡の危機を迎えていました。宇宙開発は過去のものとなり、元宇宙飛行士のクーパー(マシュー・マコノヒー)はとうもろこし農園を営んでいましたが、あるメッセージに導かれ、NASAが秘密裏に進めるプロジェクトにたどり着きます。

銀河系外にある人類が移住可能とされる惑星を調査するミッションを託されたクーパーは、家族を地球に残すことに苦悩しつつも、人類を滅亡の危機から救うため、星間旅行へと旅立ちます...。

Interstellar_2

ノーラン監督作品ということで楽しみにしていました。相対性理論をベースとした宇宙旅行が描かれていますが、「インセプション」の巧みな時空使いと「ダークナイト」シリーズの人間ドラマを思い出させる、ノーラン監督ならではの壮大な世界を堪能しました。

思えば高校時代に相対性理論に出会って衝撃を受け、学生時代に授業も受けましたが、いつしか新しいトピックを追いかけなくなってしまったので、久しぶりに触れる最新の理論に、よくわからないままにわくわくと好奇心を刺激されました。

本作は理論物理学者のキップ・ソーン博士が科学アドバイザーとして参加していますが、あくまで理論を積み重ねた仮説であり、リアリティとファンタジーの絶妙なバランスから紡ぎ出されるイマジネーションの世界に心地よく酔いしれました。

Interstellar_3

映画を見ると「2001年宇宙の旅」へのオマージュが感じられ、アンサームービーでもあるのかな?と思いましたが、人間的な温かみのある作品でした。映像表現もすばらしかったですが、パーフェクトな無音が訪れた瞬間には、宇宙の恐怖も感じました。

宇宙旅行における時空の変化にだんだん追いつけなくなって、そのうちスルーして見ていましたが^^; あとからアメリカの映画サイトでタイムライン・チャートなるものを発見。これを見たら、ちょっとすっきりしました。

Interstellar_5

圧倒的な孤独や危険と戦いながら、使命を果たすために奮闘する宇宙飛行士たち。壮大な宇宙のドラマに引き込まれながらも私がふと思い出したのは15、6世紀の大航海時代のことです。

家族をヨーロッパの母国に残したまま、地球は丸いという仮説のもとに、新大陸を目指した冒険者たち。それまで2次元の世界しか知らなかった彼らにとって、未知なる旅がどれほどの恐怖だったか初めて理解できた気がしました。水平線の向こうにはひょっとしたら奈落の底があるかもしれないのに...。

でもその時に航路を発見したからこそ、のちに宗教弾圧や飢饉を逃れて、多くの人たちが新大陸に移住することにつながったのだなーと思うと感慨深いです。映画のような話も、あと何百年?かしたら、実現するかもしれませんね。いつか宇宙への大航海時代が来るかも...なんて考えたら楽しくなってきました。

|

« iichikoデザイン30年展 @東京藝術大学大学美術館 | トップページ | けやき坂のイルミネーション »

映画」カテゴリの記事

コメント

こんばんは!

早速、記事にされたんですね!
私は、もうちょい後になりそう。(^_^;)

そうそう、これ、「2001年」とほぼストーリーが同じなんですよね。「2001年」では木星にブラックホールが現れるっていう設定だったし、人間よりもはるかに高度な文明を持った何者かからのメッセージっていう点とか、で、時間の概念を超えた五次元の表現が、「2001年」ではすごくわかり辛かったのを、この映画ではヒューマンドラマの要素にして、心にひびく様にしてあるんですよね。

ただ、相対性理論自体が難しすぎて、やっぱり良くわからないっていう点では「2001年」とどっこいどっこいでした。(笑)

途中でマット・ディモンが出て、クレジトにも名前出てたけど、パンフレットとかには名前ないのよね。特別出演なのかな?

この映画の宇宙探検隊みたいなのは私にはとても無理。それでも未知の世界を開拓してくれる人間って必ずいるんですよね・・。凄いな・・って思います。今度の火星有人飛行とか、考えただけで怖いです・・。coldsweats02

投稿: ごみつ | 2014年12月 3日 (水) 23時15分

☆ ごみつさま ☆
こんにちは。
インターステラー、何やらややこしい理論が出てきますが
人間ドラマとして心に響く作品でしたね。

ひとつ間違えれば荒唐無稽になってしまうところを
リアリティをもたせて描かれているので
よくわからないままに、わくわくさせてくれるところが
さすがはノーラン監督だなーと思いました。

マットは秘密にするほどのこともないと思ったけど
端役だから友情出演という扱いにしたのかしら?(笑)
予告もイメージを重視したものでしたし
事前の情報をセーブしているのかなーというのは感じましたが。

遠い将来、核戦争か気象の変化で
地球が壊滅的な状態になる可能性はありますから
そのためにも今から地球外に居住地を求める準備は
進めていく必要があるかもしれませんね...
その頃にはたぶん私は生きてないけど。^^
何にせよ先駆者たちというのはほんとうにすごいですね。

投稿: ☆ ごみつさま ☆ | 2014年12月 4日 (木) 10時01分

マット・ディモンは確かに
宣伝とかにも出てこないんですよね。
あんなに重要な役なのに。
出てきたときには驚きました。
しかしセレンさん、タイムライン・チャートまで見て理解しようとなさって偉い~!
私は途中からもう理解しようとするのをあきらめました。
どうせ「どこでもドア」だし…w

投稿: zooey | 2014年12月 4日 (木) 22時25分

セレンさん☆
難しい相対性理論もセレンさんにかかるととっても詩的なかんじがしますね。素敵!
確かに昔は誰もが信じていた2次元の世界が、本当は3次元だった・・・ということから考えると、5次元世界も遠い未来には当たり前になっているかもなのですね~

投稿: ノルウェーまだ~む | 2014年12月 4日 (木) 23時49分

☆ zooeyさま ☆
こんにちは。
マットにはびっくりしましたね。
それだけに、何が起こるかわからない宇宙の旅
というのがみごとに演出されていました。

映画を見ている時はモヤモヤしていたので
チャートを見てようやくすっきりしました。^^
最後はちょっと無理やり感がありましたが
再会をはたしてハッピーエンディングとなると
あの結末しかなかったのでしょうね。

投稿: ☆ zooeyさま ☆ | 2014年12月 5日 (金) 16時18分

☆ ノルウェーまだ~むさま ☆
こんにちは。
きゃっ、そんな風に言っていただくとお恥ずかしい。
映画を見たら、別の世界に行ってしまいました。^^

将来、理論をたしかめられるほどに技術が追いついたら
今までわからなかった世界が見えてくるかもしれませんね。
なんだかわくわくします☆

投稿: ☆ ノルウェーまだ~むさま ☆ | 2014年12月 5日 (金) 16時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1151970/58143605

この記事へのトラックバック一覧です: 「インターステラー」:

» インターステラー (試写会) [風に吹かれて]
本棚の幽霊 公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/interstellar11月22日公開 監督: クリストファー・ノーラン 劇的な環境悪化による植物の激減と食糧難で、 [続きを読む]

受信: 2014年12月 3日 (水) 13時37分

» インターステラー [映画の話でコーヒーブレイク]
短いTVスポット予告に登場するマシュー・マコノヒーが フランネルのシャツを着てとうもろこし畑をバックに娘や息子といる姿と 宇宙服に身を包み宇宙船で悲壮な旅をしている姿という大きなギャップに 一体どんな映画なの?と興味をひかれ見てきました。    ****...... [続きを読む]

受信: 2014年12月 3日 (水) 23時22分

» 「インターステラー」 [或る日の出来事]
あいかわらず、ノーランズ(ノーラン兄弟)、壮大だな~。 [続きを読む]

受信: 2014年12月 4日 (木) 22時14分

» 「インターステラー」☆愛は時空を超える [ノルウェー暮らし・イン・原宿]
壮大である。 荒廃した地球の過酷な自然環境と対比をなす宇宙の美しい姿。 惑星に降り立つ途方もないSFなのに、真実味のある映像とストーリーは、何より裏打ちされた理論があってこそ。... [続きを読む]

受信: 2014年12月 4日 (木) 23時50分

» インターステラー [映画的・絵画的・音楽的]
 『インターステラー』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)本作(注1)は、『ダラス・バイヤーズクラブ』でアカデミー賞主演男優賞を獲得したマシュー・マコノヒーが出演するというので、映画館に行ってきました。  本作の時代設定は近未来。  地球上の穀物は大砂嵐...... [続きを読む]

受信: 2014年12月 6日 (土) 21時29分

» インターステラー [ごみつ通信]
Interstellar2014年/アメリカ (監)クリストファー・ノーラン(演 [続きを読む]

受信: 2014年12月 9日 (火) 15時42分

» インターステラー [Akira's VOICE]
マシュー・マコノヒー最高!マット・デイモン最低!w   [続きを読む]

受信: 2014年12月11日 (木) 16時19分

» 惑星間移動/重力最強説~『インターステラー』 [真紅のthinkingdays]
 INTERSTELLAR  近未来。頻発する大砂嵐によって小麦やオクラが絶滅し、人類は存亡の危機 に瀕していた。元宇宙飛行士で、今は農夫をしているシングルファーザーのクー パー(マシュー・マコノヒー)は、政府が秘密裏に復活させていたNASAにより、人 類が移住できる惑星を探すプロジェクト 「ラザロ計画」 のパイロットに選ばれる。  頭脳派映画監...... [続きを読む]

受信: 2014年12月11日 (木) 20時47分

» 映画:インターステラー Interstellar ノーランが切り開く 2001年宇宙の旅の先。SFもやっと21世紀を迎えた! [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
この秋、話題の一作。 クリストファー・ノーランと言えば、出世作「メメント」、そして「ダークナイト」「インセプション」etc、かなりの手練れ。 その彼が、初めて本格的 S F に挑戦! いつものメンバー、マイケル・ケイン、アン・ハサウェイに加え、マシュー・マコ...... [続きを読む]

受信: 2014年12月16日 (火) 06時15分

» 最新号の WIRED US はなんと! インターステラー特集、ていうか、ノーラン特集。ファンにはマストの出来! [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
実は 前号から、既に怪しい動きはあった。 インターステラーのマニアックな記事が3pに渡って載っていた。 しかも、妙に テクニカル な内容(笑) で最新号。 今号の Guest Editor は、何とクリストファー・ノーラン Chrisotpher Nolan ! 既に表紙からして、ヤ...... [続きを読む]

受信: 2014年12月16日 (火) 06時15分

» 映画 インターステラー Interstellar を今年のナンバー1に押さなければいけない理由について [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
監督クリストファー・ノーランが、初めて挑戦した本格的 S F インターステラー。 タイトルのように、今年のナンバー1に押さなければいけないと考えている。 その理由を、未だ観賞していない方にネタバレにならないように注意しながら、説明したい! 映画のベース...... [続きを読む]

受信: 2014年12月16日 (火) 06時16分

» [映画][☆☆☆☆★]「インターステラー」感想 [流浪の狂人ブログ〜旅路より〜]
 「ダークナイト」シリーズのクリストファー・ノーラン監督、「ダラス・バイヤーズクラブ」のマシュー・マコノヒー主演。異常気象と植物の枯死により、人類滅亡の危機に瀕した近未来、地球に代わる生命が移住可能な星を探すため、宇宙へと旅立つ宇宙飛行士達の姿を描くSF... [続きを読む]

受信: 2014年12月17日 (水) 19時50分

» 『インターステラー』 スピルバーグ版とのラストの違い [映画のブログ]
 【ネタバレ注意】  運動の第3法則: 前へ進むためには何かを後へ置いていかなければならない。  ラザロ計画――それはクリストファー・ノーラン監督の傑作『インターステラー』で描かれるプロジェクトの名前だ。そのネーミングには、複数の意味が込められているに違いない。  そんなにSFが好きなのか!  私は、地球からの脱出を図る計画の名がラザロ(Lazarus missions)...... [続きを読む]

受信: 2014年12月18日 (木) 14時23分

» 「インターステラー」 [ここなつ映画レビュー]
結局、2014年に最後に劇場で観た作品は、この「インターステラー」と相成りました。原作未読なので、疑問に思う部分も幾つかあり、観終わったあと息子達と、ああでもない、こうでもない、と、解説し合ったり議論し合ったりしたのがすごく面白かった。近未来、土壌の変化と日々発生する砂嵐とで、地球の作物は順次全滅し、今ではトウモロコシしか作付けできなくなってしまった。このままでは飢え死にするか、植物の光合成によって供給される酸素がなくなり窒息死するか、という環境下の人類であった。第一次産業だけが重要視されるようにな... [続きを読む]

受信: 2015年1月 8日 (木) 22時20分

» インターステラー (Interstellar) [Subterranean サブタレイニアン]
監督 クリストファー・ノーラン 主演 マシュー・マコノヒー 2014年 アメリカ/イギリス/カナダ映画 169分 SF 採点★★★★ 馬頭星雲やら木星の大赤斑、最近のお気に入りでもあるわし星雲なんかの画像をボーっと見ている時間が好きな私。ぱっと見静かで美しいそ…... [続きを読む]

受信: 2015年6月15日 (月) 12時12分

» 祝! 映画「インターステラー」の理屈系にリアリティを与えた理論物理学者のキップ・ソーン氏が、ノーベル賞を受賞! [日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~]
昨日、発表されたノーベル物理学賞で、世界で初めて「重力波」を検出した3氏に受賞が決定。 そのうちの一人に、「インターステラー」の理屈系にリアリティを与えた理論物理学者のキップ・ソーン氏が! クリストファー・ノーランは「インターステラー」を製作する...... [続きを読む]

受信: 2017年10月 5日 (木) 00時16分

« iichikoデザイン30年展 @東京藝術大学大学美術館 | トップページ | けやき坂のイルミネーション »