« 白金のツリーハウスカフェと、外苑の銀杏並木 | トップページ | 十二月大歌舞伎 「義賢最期」「幻武蔵」「二人椀久」 »

「ゴーン・ガール」

デヴィッド・フィンチャー監督の最新作、「ゴーン・ガール」(Gone Girl)を見に行きました。ギリアン・フリンの同名のベストセラー小説を映画化したサイコサスペンスです。

Gone_girl_1

ニック(ベン・アフレック)とエイミー(ロザムンド・パイク)はニューヨークで出会うや、たちまち恋に落ちて結婚。それから数年後、ニックの故郷ミズーリ州に引越し、傍目には幸せな生活を送っていた2人でしたが、5年目の結婚記念日に突然エイミーが姿を消します。

自宅には争った形跡や血痕があり、エイミーは何かの事件に巻き込まれたものと思われましたが、その疑いはやがてニックに向けられるようになり...。

Gone_girl_2

フィンチャー監督のサイコサスペンス、「セブン」があまりに衝撃的だったので、それを上回る傑作なのでは?と楽しみにしていた本作でしたが、期待値を上げすぎたのか、私にはまあまあ...といったところでした。

映画を見たあとに改めて予告を見ると、うまくミスリードして作ってあるなーとわかりますが、映画の序盤で大事なことが明らかになるので、ある程度展開が読めてしまいます。そこが私には物足りなかったのかもしれません。以下、ネタバレ気味に感想を。

Gone_girl_4

まず、映画の序盤でまもなくエイミーが生きていることは明らかになるので、彼女がニックを懲らしめるために、殺人罪を着せようと偽装していることは想像できるのですが、そのためには彼女自身が自分の存在を(永久に)消さなくてはならず、そのパラドックスをどう解決するのか?ということに興味がありました。

「セブン」では自己犠牲という形でそれを実現していましたが、エイミーの場合は誰も知らない場所で名前を変えて、別の人生を生きていくつもりだったのでしょうか。でもそれでは結局、ニックに復讐するつもりが、自分で自分を不幸にするだけのような気がするのですが...。

それに、彼女がニックを懲らしめるために「家庭」という監獄に閉じ込めるとしたら、それは好きでもない相手とこの先ずっといっしょに暮らすことであり、それこそ彼女にとっては不幸なことではないかしら?

結局エイミーは、関係のない人まで巻き込んで、一体何がしたかったのか?それがさっぱり理解できなかったですが、彼女はどこまでも童話の中の主人公のように、表面上は曇りのない”完璧なエイミー”であり続けたかったのかもしれませんね。

Gone_girl_6

ロザムンド・パイクは、007では表向きの顔とは裏腹な冷酷な二重スパイを演じていましたが、二面性があってほんとうの姿がよくわからない...というミステリアスな役どころがよく似合っていました。非の打ちどころのない美しさと、ふとした時に出ることばとのギャップが怖かったです。

2014121601

【 おまけ 】 映画を見たあと、コレド室町1階のカフェでベジタブルランチを食べたら、映画にも登場したキヌアのサラダが出てきてびっくり。(正確には押し麦だけど^^) このあと、年末の用事をすませているうち、三越前→日本橋→京橋→銀座→新橋と4駅分も歩いてしまいました。

|

« 白金のツリーハウスカフェと、外苑の銀杏並木 | トップページ | 十二月大歌舞伎 「義賢最期」「幻武蔵」「二人椀久」 »

映画」カテゴリの記事

コメント

映画と全然関係ないのですが、神田から日本橋、有楽町、新橋まで山手線沿線は、総会屋や事件屋などの裏稼業のお方々が多いので悪名高いエリアなんですよ。NYで悪名高い安物のワインを観光客とすれ違いざまに落として割って、高額な請求をしてくるような輩がいる始末です。実際、私自身、初老の二人組にすれ違いざまに鼈甲仕立ての高級眼鏡を落して割れたと因縁つけられたことがあります。交番に連れていこうとしたら逃げられましたが、あの目つきの悪さと凄味は、プロのたかりでしたね。
とはいえ、この時期はクリスマスのイルミネーションなどが綺麗に彩られているので、散歩しても楽しい地域なのは確かです。フレンチやイタリアンの名店が多い地域でもあるし、美味しいケーキ屋が多いのも楽しいです。
でも油断しないように。掏りや置き引きも多発する時期でもありますからね。

投稿: ヌマンタ | 2014年12月16日 (火) 16時00分

セレンさん☆
ちょっとハードルを上げ過ぎちゃったかな?
ただ、私もこんな緊張を強いられる夫婦生活で今後幸せなの?って思っちゃいましたが、常識を逸脱した考え方の人にとっては、全てを支配下に置いて自分の望み通りの生活をすることこそが幸せと思う人種もいるのかもしれないですね。
元カレの高校の同級生となら、希望のセレブ生活もできそうだったのにしなかったのは、主導権が彼にあったからですものね。

投稿: ノルウェーまだ~む | 2014年12月17日 (水) 00時15分

☆ ヌマンタさま ☆
こんにちは。
オフィス街も一本入ると、人通りが少なくて
寂しい道があったりしますものね。
年末は何かと事件も多いですから、気をつけないといけませんね。

投稿: ☆ ヌマンタさま ☆ | 2014年12月17日 (水) 14時03分

☆ ノルウェーまだ~むさま ☆
こんにちは。
いえいえ、セブンが衝撃的だったので期待しすぎちゃったのですが
普通におもしろかったですよ。
長い上映時間も気になることなく楽しめました。

あの映画の続きの方が怖いかも...と思いました。
だってあんな恐ろしい人と、ひとつ屋根の下で暮らさなければ
ならないなんて...絶対に壊れてしまいそう。
元彼よりも彼女の方がよっぽどストーカーじゃないか
と思ってしまいました。

投稿: ☆ ノルウェーまだ~むさま ☆ | 2014年12月17日 (水) 14時14分

こんばんは。
デヴィッド・フィンチャー大好きなので...。
さてデヴィッド・フィンチャー映画は古い方が好みですね。やはり最高作は「セブン」でしょうか?ジョディ・フォスターの「パニック・ルーム」もかなりの素晴らしさだと思います。

そう、本作も中々面白かったですが、少々やりすぎというのか、エイミーという人物像がどうも??でした。

ロザムンド・パイクは素敵な女優ですね。「ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う」を観た時、このような映画の彼女もナイスだな!と思ったのですが、サイコパス女もハマってました。

投稿: margot2005 | 2014年12月29日 (月) 22時33分

☆ margot2005さま ☆
こんにちは。
デヴィッド・フィンチャー、いいですねー
「セブン」は傑作ですね!「パニック・ルーム」もなかなか...
サスペンスではないですが「ソーシャルネットワーク」も大好きです☆

この作品もまあまあおもしろかったですが
ここまでするかな~?とあまりリアリティが感じられなかったです。
まあ、サイコパスだとすればありなのかな?

ロザムンド・パイクは柔らかい雰囲気がありますが
こういう謎めいた役柄も似合いますね。
ワールズ・エンドは見ていないので、今度チェックしてみます☆

投稿: ☆ margot2005さま ☆ | 2014年12月30日 (火) 22時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1151970/58272683

この記事へのトラックバック一覧です: 「ゴーン・ガール」:

» ゴーン・ガール (試写会) [風に吹かれて]
間違えて選んでも一生きみのもの 公式サイト http://www.foxmovies-jp.com/gone-girl12月12日公開 原作: ゴーン・ガール (ギリアン・フリン著/小学館文庫)監督: [続きを読む]

受信: 2014年12月16日 (火) 15時59分

» 「ゴーン・ガール」☆「あの妻」はどこに? [ノルウェー暮らし・イン・原宿]
少子化問題が叫ばれる中、少子化どころか結婚する人がますます減りそうなこの映画。 ああ、恐ろしやおそろしや。 この恐ろしさはすぐそこに潜んでいる・・・・ [続きを読む]

受信: 2014年12月16日 (火) 23時44分

» 映画「ゴーン・ガール」 感想と採点 ※ネタバレなし [ディレクターの目線blog@FC2]
映画 『ゴーン・ガール』 (公式)を本日に劇場鑑賞。採点は ★★★★ ☆ (5点満点で4点)。100点満点なら80点にします。 ざっくりストーリー NYで元雑誌のライターをしていたニック(ベン・アフレック)は仕事を失い、2年前に元性格診断クイズのライターの妻エイミー(ロザムンド・パイク)と故郷のミズーリに帰ってきた。しかし、都会...... [続きを読む]

受信: 2014年12月17日 (水) 17時17分

» ゴーン・ガール/GONE GIRL [我想一個人映画美的女人blog]
今月いちばん楽しみだったフィンチャーの新作 デヴィッド・フィンチャー監督作品は「ソーシャル・ネットワーク」も「ベンジャミン・バトン」も 面白かったけど「セブン」「ファイトクラブ」が傑作だと個人的には思ってる★ 最近の「ドラゴンタトゥーの女」(リ...... [続きを読む]

受信: 2014年12月17日 (水) 23時22分

» 『ゴーン・ガール』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「ゴーン・ガール」□監督 デビッド・フィンチャー□脚本・原作 ギリアン・フリン□キャスト ベン・アフレック、ロザムンド・パイク、ニール・パトリック・ハリス、        タイラー・ペリー、キム・ディケンズ■鑑賞日 12月20日...... [続きを読む]

受信: 2014年12月23日 (火) 18時41分

» ゴーン・ガール [映画的・絵画的・音楽的]
 『ゴーン・ガール』をTOHOシネマズ渋谷で見てきました。 (1)昨年アカデミー賞作品賞を受賞した『アルゴ』に出演していたベン・アフレックが出演しているというので映画館に行ってきました。  本作(注1)は、「妻の頭を割って、何を考えているか、どう感じているか、...... [続きを読む]

受信: 2014年12月25日 (木) 21時40分

» ゴーン・ガール / Gone Girl [勝手に映画評]
結婚5周年目の記念日、荒らされた家から妻が失踪。残された夫は、妻殺しの疑いをかけられるが・・・。 女怖ぇ〜(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル。 ジャンルは全く異なりますが、先日12/6のCX系めちゃイケで『たかみな卒業ドッキリ』での(その二日後、12/8に本当に卒業...... [続きを読む]

受信: 2014年12月26日 (金) 08時28分

» ゴーン・ガール [Akira's VOICE]
夢も希望も無いのである。。   [続きを読む]

受信: 2014年12月26日 (金) 10時35分

» アメイジング・エイミー~『ゴーン・ガール』 [真紅のthinkingdays]
 GONE GIRL  アメリカ中西部・ミズーリ州のある町。結婚5周年を迎えた朝、ニック・ダン (ベン・アフレック)の妻エイミー(ロザムンド・パイク)が、忽然と姿を消した。 すぐさま警察に通報したニックだが、逆に妻殺しの嫌疑をかけられてしまう。  全米ベストセラー小説を、鬼才デヴィッド・フィンチャーが映画化。脚色を 原作者ギリアン・フリンが担当したためか...... [続きを読む]

受信: 2014年12月28日 (日) 08時41分

» ゴーン・ガール  監督/デヴィッド・フィンチャー [西京極 紫の館]
【出演】  ベン・アフレック  ロザムンド・パイク  ニール・パトリック・ハリス 【ストーリー】 ニックとエイミーは誰もがうらやむ夫婦のはずだったが、結婚5周年の記念日に突然エイミーが行方をくらましてしまう。警察に嫌疑を掛けられ、日々続報を流すため取材を続...... [続きを読む]

受信: 2014年12月28日 (日) 10時50分

» 「ゴーン・ガール」 [ヨーロッパ映画を観よう!]
「Gone Girl」2014 USA ミズーリの田舎町で誰もが羨む結婚生活を送るニックとエイミー夫婦。しかし5回目の結婚記念日にエイミーが突如失踪する。警察に通報し捜査が始まる中、ニックは何が何だかわからないまま捜査担当のボニー刑事に妻殺しの疑いをかけられていることを知り愕然とする… ニック・ダンに「トゥ・ザ・ワンダー/2012」のベン・アフレック。 エイミー・ダンに「プライドと偏見/2005」「17歳の肖像/2009」「ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!/2013」のロ... [続きを読む]

受信: 2014年12月29日 (月) 22時25分

» 『ゴーン・ガール』 ~はーい皆さん笑って笑って♪~ [偏愛映画自由帳]
2014年/アメリカ/149分 監督:デヴィッド・フィンチャー 出演:ベン・アフレック    ロザムンド・パイク    キャリー・クーン    キム・ディケンズ    タイラー・ペリー    ニール・パトリック・ハリス ■概要 原題は『Gone Girl』。アメリカ製作による2014年のミステリー映画です。監督は『ファイト・クラブ』のデヴィッド・フィンチャー。主演は"ア...... [続きを読む]

受信: 2014年12月30日 (火) 21時31分

» ゴーン・ガール [miaのmovie★DIARY]
ポスター A4 パターンA ゴーン・ガール 光沢プリント()写真フォトスタンド APOLLO商品詳細を見る 【GONE GIRL】 制作国:アメリカ  制作年:2014年 ニック(ベン・アフレック)とエイミー(ロザムンド・パイク)は 誰もがうらやむ夫婦のはずだったが、結婚5周年の記念日 に突然エイミーが行方をくらましてしまう。警察に嫌疑を掛 けられ、日々続報を流すため取材を続...... [続きを読む]

受信: 2015年1月 3日 (土) 23時06分

» ゴーン・ガール [ごみつ通信]
Gone Girl2014年/アメリカ (監)デビッド・フィンチャー(演)ベン・ [続きを読む]

受信: 2015年1月22日 (木) 22時30分

» ゴーン・ガール (Gone Girl) [Subterranean サブタレイニアン]
監督 デヴィッド・フィンチャー 主演 ベン・アフレック 2014年 アメリカ映画 149分 サスペンス 採点★★★★ 知人に「ワタシ媚びれないんだよねぇ」と言いながらアッチの男性にクネクネー、コッチの男性にクネクネーと媚びまくり、“悪い子”をアピールしつつも実…... [続きを読む]

受信: 2015年1月31日 (土) 10時06分

» 「ゴーン・ガール」 [ここなつ映画レビュー]
とある女が失踪したからミステリー、と決めつけるよりもサスペンス・スリラーなんだな、これは。何故ってひたひたとぞくぞくと怖かったから。最初はニック(ベン・アフレック)の妻が失踪した事を巡って、妻エイミー(ロザムンド・パイク)の行方探し、誰が関与しているのか、などのミステリー仕立てになっているが、途中から加速度的にスリラーになっていく。アカデミー賞のノミネート(主演女優賞)もされたこの作品。面白かったし、すごいな、とは思ったけれど…。何かを深く考えさせられたり、衝撃を受けたりする事はない。ちらっと人の業... [続きを読む]

受信: 2015年2月 4日 (水) 14時27分

» ゴーン・ガール [銀幕大帝α]
GONE GIRL 2014年 アメリカ 149分 ミステリー/サスペンス/ドラマ R15+ 劇場公開(2014/12/12) 監督: デヴィッド・フィンチャー 『ドラゴン・タトゥーの女』 原作: ギリアン・フリン『ゴーン・ガール』 出演: ベン・アフレック:ニック・ダン ロザムンド・...... [続きを読む]

受信: 2015年4月 6日 (月) 20時29分

» ゴーン・ガール [映画の話でコーヒーブレイク]
昨年の話題作にして、主演女優ロザムンド・パイクがアカデミー主演女優賞ノミネート。 何だかタイミングが合わず見損ねた本作、やっとDVDで鑑賞しました。 妻の失踪というサスペンス映画が、中盤からホラー映画へと変貌! まさかこんなストーリーだったとは! すっかり、...... [続きを読む]

受信: 2015年4月11日 (土) 22時36分

« 白金のツリーハウスカフェと、外苑の銀杏並木 | トップページ | 十二月大歌舞伎 「義賢最期」「幻武蔵」「二人椀久」 »