« けやき坂のイルミネーション | トップページ | キラリトギンザと、エスプリディオール展 »

「ストックホルムでワルツを」

スウェーデン映画の「ストックホルムでワルツを」(Monica Z / Waltz for Monica)を見ました。スウェーデン出身の世界的ジャズシンガー、モニカ・ゼタールンドの半生を描いたドラマです。

Monica_1

スウェーデンの田舎町で5歳の娘を育てながら、電話交換手として働くモニカ・ゼタールンド(エッダ・マグナソン)は、いつかジャズ・シンガーとして成功することを夢見て、ライブ活動を続けていました。ある日、ニューヨークの名門クラブで歌うチャンスを得ますが、お客にまったく受け入れられず、大失敗に終わります。

憧れの歌手、エラ・フィッツジェラルドから「あなたの歌には魂がない」と言われ、傷心して帰国したモニカは、バンド仲間の助言でスウェーデン語の歌詞をつけてジャズを歌うことを考えます。するとその歌が人々の心をとらえ、モニカはスターへの階段をかけ上っていきます...。

Monica_2

モニカ・ゼタールンドというジャズシンガーは知らなかったですが、ポスターのビジュアルに惹かれて気になっていた作品。早速初日に見てきました。北欧映画というと暗くて深刻な印象がありますが、これはモニカのサクセス・ストーリーであり、ロマンス、家族の物語として心に響く作品でした。

英題のWaltz for Monicaは、ビル・エヴァンスの名曲Waltz for Debbyから来ていますが、モニカがスウェーデン語で歌うジャズの名曲の数々も魅力のひとつ。ビル・エヴァンスは私も大好きなジャズピアニストなので、夢の共演はなおのことうれしく感情移入してしまいました。

ちなみにモニカを演じるエッダ・マグナソンは現在スウェーデンで活躍している歌手で、映画は今回が初出演とのこと。お顔立ちのはっきりとしたクラシックな美人ですが、写真で見る若き日のモニカにそっくりで驚きました。張りのある艶やかな歌声もチャーミングでした。

Monica_8

人気が出てからも、モニカの人生は決して順風満帆とはいえませんでした。国を代表して出たコンテストでは最下位をとってバッシングされ、新進の映画監督と結婚するもうまくいかず、ついにはそれらのはけ口をアルコールに求めるようになります。

特に私は、モニカの父がまったく彼女を応援せず、ネガティヴなことばかり言うのに腹が立って仕方がなかったのですが^^; それには理由があり、彼女の幸せを願ってのことだったのだとわかった時には涙ぐんでしまいました。幸せはいつもそばにあった、というラストもすてきでした。

Monica_7

Monica_9

モニカが着る大胆な模様の入ったレトロシックなドレス、照明をうまく使った温かみのあるインテリア、SAABなどのクラシックカー...と60年代のスウェーデンのライフスタイルが描かれているのも魅力。音楽シーンもとてもよかったです。

Monica_11

モニカ・ゼタールンド(本人)

Waltz_for_debby

「ワルツ・フォー・デビイ」についての過去記事はこちら。
music 真夏の夜のビル・エヴァンス 

Monica_13

サウンドトラックもお気に入り。映画の余韻を楽しんでいます。

|

« けやき坂のイルミネーション | トップページ | キラリトギンザと、エスプリディオール展 »

映画」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

セレンさん☆
これこれ!
私も来週、ジャズを歌っている友人と観に行く予定にしてます♪
とってもたのしみ~
観たらまた書き込みますね☆

投稿: ノルウェーまだ~む | 2014年12月 8日 (月) 22時27分

☆ ノルウェーまだ~むさま ☆
こちらにもありがとうございます♪
まだ~むさん、ジャズシンガーのお友達と見に行かれるのですね!
音楽がすてきですし、北欧が舞台ですし
まだ~むさんもきっと気に入られることと思います。
私も今年のベスト、というくらいに気に入った作品ですよ。
是非是非お楽しみに☆

投稿: ☆ ノルウェーまだ~むさま ☆ | 2014年12月 8日 (月) 22時48分

こんばんは!

これタイトルで、ちょっと気になってた映画でした!

アップされてる写真どれもお洒落だし、映画の雰囲気が伝わってきますね。すごく良さそう!

モニカ・ゼタールンドっていう歌手は私も知りませんでした。スウェーデン語で歌われるジャズってどんな雰囲気なんだろう。

劇場は無理そうですが、DVDになったら是非見てみたいです。happy01notes 映画見たら、私もサントラ買っちゃいそう。

投稿: ごみつ | 2014年12月 9日 (火) 00時35分

☆ ごみつさま ☆
こんにちは。
ごみつさんも気になっていらしたのですね♪
ワルツ...といってもクラシックではなくモダンジャズですが
ごみつさん、たしかジャズボーカルがお好きと
おっしゃっていたので、きっと気に入られると思います。
60年代の雰囲気もすてきでしたよ。

スウェーデン語のジャズ、なじみがないせいか
ちょっと異国情緒?があって、でも違和感はなかったです。^^

DVDになったら是非ご覧になってみてください☆

投稿: ☆ ごみつさま ☆ | 2014年12月 9日 (火) 17時32分

こんばんは。
この映画とても良かったです。MY BESTに入れたいですね。

さてスウェーデン映画って結構観ているのですが、このようなサクセス・ストーリーは初めて見た気がします。
頑固で一途で一生懸命なモニカに惚れました。ちょっと自分勝手なところは否めませんが....。

登場するジャズ・ナンバーが素晴らしかったです。聞き覚えのあるナンバーもあってとても見応えのあるドラマでした。

>レトロシックなドレス..SAABなどのクラシックカー...
昔のSAABってキュートですね。

投稿: margot2005 | 2014年12月12日 (金) 20時40分

☆ margot2005さま ☆
こんにちは。
この映画、とてもよかったですね!
スウェーデン映画ということで、暗いお話かも...と
少し覚悟していましたが、思いのほかおしゃれで軽やかで
ほっこり温かい気持ちになりました。

音楽も魅力的でしたね☆
私はあれから家でもよく聴いて、映画の気分にひたっています。

SAABのクラシックカー
レトロな雰囲気ななんともすてきでした。

投稿: ☆ margot2005さま ☆ | 2014年12月13日 (土) 16時51分

セレンさん☆再び~
観てきましたよ~~
父の電話は私もジャズシンガーのママ友も号泣でした。
ラストの幸せは足元に・・・が、思わずほっこりしてとても良かったです☆

投稿: ノルウェーまだ~む | 2014年12月17日 (水) 17時09分

☆ ノルウェーまだ~むさま ☆
こんばんは。
再び、ありがとうございます☆
見に行かれたのですね~
すごくすてきな作品ですよね。

ビル・エヴァンスとの共演に涙、お父さんの電話に涙
そしてほんとうの愛を見つけたモニカに涙でした。
モニカとストゥーレにはほんとうにやきもきさせられましたが
最高のエンディングでしたね。

投稿: ☆ ノルウェーまだ~むさま ☆ | 2014年12月17日 (水) 21時30分

ようやく観て来ました。
セレンさんの感想読んで、どうしても観たかったのですよ。
私も父が結構厳しかったので
モニカの父親が娘をなじるところでは、それほど腹も立ちませんでした。
むしろ、小さな娘を預けっぱなしにしておいて
親に対してモニカのあの態度はないだろうと思ったくらい。
でも、最後の電話の場面は感動的でしたね。

投稿: zooey | 2014年12月28日 (日) 18時20分

☆ zooeyさま ☆
こんにちは。
zooeyさん、見にいらしたのですね~
なかなかすてきな作品でしたよね。
私はとっても気に入りました。
拙い感想に、そんな風に言っていただけてうれしいです。

小さい子どもがいながら、自分の夢に向かって突っ走る
というのは、私にはどうしてもできなかったことだし
またそれだけの夢があることがうらやましくて
モニカを応援しながら見ていました。
だからどうしてもモニカ目線になっていたかも。
一方でお父さんの気持ちもよくわかるだけに
最後の電話は感動的でした。

投稿: ☆ zooeyさま ☆ | 2014年12月28日 (日) 23時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1151970/58184196

この記事へのトラックバック一覧です: 「ストックホルムでワルツを」:

» 「ストックホルムでワルツを」 [ヨーロッパ映画を観よう!]
「Monica Z」…aka「Waltz for Monica」2013 スウェーデン スウェーデンの田舎町ハーグフォッシュに住む電話交換手のモニカはシングルマザー。一人娘のエヴァ・レナを両親に預け、時折ストックホルムのジャズクラブでシンガーとしてステージにたつ忙しい日々を送っている。そんな折、モニカの歌を聞いた評論家がニューヨークで歌わないかと誘いをかけてくる。母親放棄の娘モニカに父親は厳しい態度を取るが、いつかシンガーとしての成功を夢見る彼女はその誘いを受けニューヨークへと旅... [続きを読む]

受信: 2014年12月12日 (金) 20時32分

» 「ストックホルムでワルツを」☆てっぺんまで行かないと見えなかった景色 [ノルウェー暮らし・イン・原宿]
年末に向けて話題作がたくさん過ぎて、なんとなく見逃してしまっていた作品。 ジャズシンガーとして活動中の長島百合子さんが、いいタイミングで誘ってくれたので、一緒に観てきたyo こんなに泣けるいい作品だったとは! 誘ってもらって本当に良かった~♪... [続きを読む]

受信: 2014年12月17日 (水) 17時06分

» ストックホルムでワルツを / Monica Z [勝手に映画評]
母国スウェーデンでは知らぬ人はいないと言われる歌姫、モニカ・ゼタールンドの半生を描いた作品。 文字通り半生で、ビル・エヴァンスと組んで作品を作る辺りで映画は終っている。その意味では、彼女の活躍の初期だけ描いていると言って良いと思います。もっとも、母国ス...... [続きを読む]

受信: 2014年12月26日 (金) 21時34分

» ストックホルムでワルツを [映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~]
評価:★★★★【4点】(05) スウェーデンの歌姫モニカ・ゼタールンドを演じた女優見たさに [続きを読む]

受信: 2016年10月 2日 (日) 16時02分

« けやき坂のイルミネーション | トップページ | キラリトギンザと、エスプリディオール展 »