« 「トラッシュ! この街が輝く日まで」 | トップページ | 「ハリウッドと日本をつなぐ」 »

「ジャッジ 裁かれる判事」

「アイアンマン」のロバート・ダウニー・Jr.が、名優ロバート・デュバルと共演するヒューマンドラマ、「ジャッジ 裁かれる判事」(The Judge)を見ました。

The_judge_12

(ゴッドファーザー風?アメリカ版ポスター)

シカゴで腕利きの弁護士として働くハンク(ロバート・ダウニーJr.)は、母の訃報を受け、葬儀に出席するために久しぶりに故郷インディアナ州に帰ります。しかし長らく絶縁状態だった父ジョセフ(ロバート・デュバル)はあいかわらずよそよそしく、ハンクは疎外感を味わうのでした。

葬儀が終わり、逃れるようにシカゴにもどる途中、兄ヘンリーから連絡が。長年判事を務め地元の誰からも信頼されていた父が、ひき逃げ殺人の容疑者として逮捕されたというのです。そんなはずはないと信じるハンクは、父を救うべく弁護人として立ち上がりますが...。

The_judge_7

ポスターのイメージから、堅苦しい法廷サスペンスを想像していましたが、父と子の確執の秘密にせまる、味わい深いヒューマンドラマでした。ダウニーJr.の持ち味もあって、かなり笑えるシーンがあったのも、物語を重苦しさから救っていてよかったです。

ロバート・デュバルのいぶし銀の演技と、ダウニーJr.とのかけひきは見ごたえがあり、ひとつひとつのエピソードをていねいにすくいあげながら、すべてが明らかになるクライマックスは圧巻でした。派手ではないですが心に残る、お気に入りの一作になりました。

The_judge_11_2

冒頭、ハンクがどういう人物かさらりと描いていますが、これがはからずも後の核心部分につながっていて、うならされました。彼は頭の切れる凄腕の弁護士ですが、顧客から多額の報酬を受け取り、巧みな弁舌で黒を白にするのが得意。離婚話が進んでいますが、愛娘とは大の仲良しです。

ハンクは帰郷すると裁判所を訪れ、父の仕事をぶらりと見に行きますが、そのワンシーンから、ジョセフが長年の間、正義一筋に生き、時に大岡裁きのような血の通った判決も下す、地元の人たちから信頼されている判事なのだということが伝わってきました。

家族はほかに、自動車修理工の兄と、知的障害をもつ心優しい弟。兄ヘンリーはかつてメジャーリーガーになると将来を期待されながら、ハンクが起こした自動車事故のために怪我をし、夢打ち破れた過去がありました。

そして男家族の中で、ただひとり太陽のような存在だった母。そんなあれこれが、なにげないやりとりや、過去のホームビデオの映像から少しずつわかってきます。小さい頃、あんなにかわいがってくれた父は、どうして自分を受け入れてくれないのだろう...。

努力して一流大学を主席で卒業し、法曹の道に進んだのも、父に認められ、愛されたかったから。それがかなわず、拝金主義の弁護士になったハンクを見て、ふと「エデンの東」を思い出しました。

The_judge_2

父ジョセフは、母の葬儀のあった夜、お酒に酔って車ででかけ、暗い夜道で人を轢いてしまいます。ハンクはあくまで事故とみていましたが、犠牲者が、かつてジョセフが判事として関わった因縁の相手であったことから、殺人の可能性が疑われ、ハンクは厳しい裁判を戦うことになるのでした...。

裁判の過程についてはここでは触れませんが、ジョセフが関わった過去の事件と父子の確執、一見まったく関係のない2つのことがひとつにつながるドラマティックな展開に、手に汗握りました。

相手の弁護士はなかなかの強者でしたが、勝負のあとは粋な計らいも。これまでずっと抱え続けてきた大きな荷物をおろすことができて、ジョセフはようやくほっとしたことだろうな、と思いました。

|

« 「トラッシュ! この街が輝く日まで」 | トップページ | 「ハリウッドと日本をつなぐ」 »

映画」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

これ面白そうですね!
事件の背景とか、家族構成とか、読ませていただくと、けっこうストーリは凝った感じになってそうだし、この2人が主役なら演技でも魅せてくれそうです!

R・ダウニーは昔かなりの演技派だったのに、最近シャーロックとアイアンマンしか見てなかったので(笑)、久しぶりでストレートな演技も見てみたくなりました!

ご紹介有難う~。happy01

投稿: ごみつ | 2015年1月23日 (金) 23時44分

セレンさん☆
一見、堅苦しそうな映画なのに、しっかりコメディ色も強く、そして家族愛の物語でもあったので、なかなかの秀作だったと思います。
さまざまに抱える気持ちが痛いほど伝わってきて、愛する人に素直になれない父と息子の関係が見事でした。

投稿: ノルウェーまだ~む | 2015年1月24日 (土) 14時13分

☆ ごみつさま ☆
こんにちは♪
この作品、上映館も少なくて地味~に公開されていますが
味わいのあるすてきな作品でしたよ。
私はとっても気に入りました。

物語の運びがみごとでしたし
2人のロバートの演技に魅せられました。
R・ダウニーJr.はシリアスな部分とコミカルな部分の
バランスが絶妙で、改めてすごい役者さんだなーと感心しました。

投稿: ☆ ごみつさま ☆ | 2015年1月24日 (土) 17時33分

☆ ノルウェーまだ~むさま ☆
こんにちは。
法廷サスペンスってつい構えてしまいますが
これは家族のドラマとして引き込まれる作品でしたね。
それでいて笑える場面がたくさんあって
ほっとする清涼剤になっていました。

過去の後悔から、愛ゆえに厳しく接してしまう父と
愛を求める息子のそれぞれの苦悩がみごとに描かれていましたね。

投稿: ☆ ノルウェーまだ~むさま ☆ | 2015年1月24日 (土) 17時59分

コメント、ご無沙汰してしまいました・・・

構成とシナリオがしっかりとした映画のようで、
見ごたえがありそうですね。
なかなか、映画を劇場に観に行けていませんが
2月は行けそうです^^
今のところ、仕事が少し空きそうな気配なので
(喜んでいてはいけないのですが(笑))少し楽しみです^^

投稿: イザワ | 2015年1月27日 (火) 01時55分

☆ イザワさま ☆
こんにちは。
父子のドラマが味わい深く描かれていて
心に残る作品でした。

イザワさんは以前にも増して
いつも休みなく、お忙しくしていらっしゃるので心配です。
2月はお仕事が落ち着かれるといいですね。

投稿: ☆ イザワさま ☆ | 2015年1月27日 (火) 08時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1151970/58657277

この記事へのトラックバック一覧です: 「ジャッジ 裁かれる判事」:

» 「ジャッジ 裁かれる判事」☆負い目は愛 [ノルウェー暮らし・イン・原宿]
家族の真実を暴く見事な法廷劇。 殺人容疑の父を弁護する敏腕弁護士の息子、サスペンスのようであってそうではない。 絶縁していた息子が父の弁護をすることで和解していく・・・・とうような、よくある話のようであってそれだけじゃない。 本当の愛を見つけた瞬間、もう涙なくしては観られない。... [続きを読む]

受信: 2015年1月27日 (火) 10時45分

» 『ジャッジ 裁かれる判事』 [こねたみっくす]
守るべきものは父親の大いなる功績か、それとも残り少ない余生か。 法廷サスペンスとしての面白さは全くないものの、ホームカミング作品としては老齢の父親を持つ男性にとっては ... [続きを読む]

受信: 2015年1月29日 (木) 23時12分

» 「ジャッジ 裁かれる判事」 [ここなつ映画レビュー]
傑作。丁寧に作られている。笑いもあるし、泣きもある。幼かった頃の自分、今の自分、これからの自分、全てに様々に思いを馳せる事ができる。ぐるぐると色んな思いが頭の中を横切る。そして私は心底ロバート・ダウニーJr.が好きなのである。これまでの彼の作品では(個人的には)「キスキス★バンバン」が最高傑作と思っていたが、この作品はそれを凌ぐかも。ぶっちゃけ、黎明期からどん底期を味わい、押しも押されぬハリウッドスターとして君臨している今でも、ずっとずっとロバート・ダウニーJr.が好きなのである。そして彼の良さが如... [続きを読む]

受信: 2015年2月 2日 (月) 13時18分

» ジャッジ 裁かれる判事 THE JUDGE  [映画の話でコーヒーブレイク]
ロバート・ダウニー・Jrとロバート・デュバル主演の法廷劇です。 いえ、息詰まる法廷劇でありながら、父と息子の葛藤の方に重きを置く家族劇です。     *********************          ジ ャ ッ ジ  裁かれる判事     *...... [続きを読む]

受信: 2015年2月11日 (水) 01時27分

» 裁判以上の親子ドラマ [笑う社会人の生活]
映画「ジャッジ 裁かれる判事」を鑑賞しました。 金で動く辣腕弁護士として知られるハンク・パーマーの絶縁状態の判事の父ジョセフが殺人事件の容疑者として逮捕される 42年間も法廷で正義を貫き 信頼も厚い父が殺人を犯すはずがないと弁護を引き受けるハンクだが疑わし...... [続きを読む]

受信: 2015年4月19日 (日) 22時44分

» ジャッジ 裁かれる判事 (The Judge) [Subterranean サブタレイニアン]
監督 デヴィッド・ドブキン 主演 ロバート・ダウニー・Jr 2014年 アメリカ映画 141分 ドラマ 採点★★★★ “家族だから何でも許せる”と思われがちですけど、逆に家族だから許せない問題や残り続けるわだかまりってのも多いですよねぇ。相手が他人なら最悪距離…... [続きを読む]

受信: 2016年2月16日 (火) 16時55分

« 「トラッシュ! この街が輝く日まで」 | トップページ | 「ハリウッドと日本をつなぐ」 »