« 伊豆で迎えるお正月 2015 | トップページ | 2014年をふりかえって (本・アート・舞台) »

2014年をふりかえって (新作・旧作映画)

2014年をふりかえって...昨年見た新作映画、旧作映画の中から特に心に残った3作品をそれぞれ書き留めておきます。

movie 新作編 movie

昨年見た、2014年公開の新作映画35本の中から3作品を選びました。いつもながら渋めのセレクトですが、偶然にもどれも実話に基づく作品でした。感想の詳細はリンク先をご覧ください。

Movie_1 Movie_2 Movie_3

あなたを抱きしめる日まで(Philomena)
こういう作品に弱いのです。今思い出しても涙ぐんでしまいますが、ジュディ・デンチ演じるフィロミナの勇気ある決断に心を打たれました。スティーヴ・クーガンとの凸凹コンビも実にチャーミング。

レイルウェイ 運命の旅路(The Railwayman)
4月に劇場公開されましたが、拷問のシーンがあると知って躊躇し、ようやく先月DVDで見ました。感想はできれば後日に。第2次世界大戦を舞台にした悲劇と和解のドラマです。

ストックホルムでワルツを(Monica Z / Waltz for Monica)
音楽を題材した作品が好きです。今年も「パガニーニ 愛と狂喜のヴァイオリニスト」、「ジャージー・ボーイズ」、「アルゲリッチ 私こそ、音楽!」など、すてきな出会いがありましたが、最後に温かい感動を残してくれた作品です。

cd 旧作編 cd

あまり記事にできませんでしたが、2013年以前に公開された旧作・名作映画は72本見ました。(DVD/BD:66本 TV:6本) その中から特に心に残った3作品です。

Movie_4 Movie_5 Movie_6

25年目の弦楽四重奏(A Late Quartet)
フィリップ・シーモア・ホフマン目当てに見ましたが、これは掘り出し物でした。タイトルから円熟味のある重厚な音楽映画を想像していましたが、意外にもスリリングで、でも深みのあるヒューマンドラマでした。感想はできれば後日に。

ディア・ハンター(The Deer Hunter)
ジャージー・ボーイズ」に登場する、フランキー・ヴァリの「君の瞳に恋してる」が使われていると知って鑑賞。ベトナム戦争を舞台に戦争の狂気と悲劇を描いた作品。恐怖と悲しみに打ちのめされました。

エデンの東(East of Eden)
ジョン・スタインベック原作、エリア・カザン監督、ジェームズ・ディーン主演の名作。今さら私がいうまでもないですが、これは傑作でした。J・ディーンの繊細な演技が胸に迫ります。そしてアブラの優しさ。ラストは忘れられません。

snow おまけ snow

昨年追いかけた俳優たちを告白?します。

フィリップ・シーモア・ホフマン
2月に突然亡くなられ、大きな衝撃を受けました。昨年は、劇場公開された「誰よりも狙われた男」のほか、DVDで「25年目の弦楽四重奏」、「カポーティ」を見ましたが、どれもすばらしかった。改めて喪失感をかみしめています。

クリストファー・ウォーケン
主役を演じることは少ない気がしますが、いつも味のある演技に魅了されます。昨年は劇場公開された「ジャージー・ボーイズ」のほか、DVDで「ディア・ハンター」、「25年目の弦楽四重奏」を見ました。

真田広之さん
「レイルウェイ 運命の旅路」を見たのを機に、ジャームズ・アイヴォリー監督の「最終目的地」、「上海の伯爵夫人」を見ましたが、どれも魅力的でした。これからも注目していきたい日本が誇る俳優さんです。

そして忘れてならない、ロビン・ウィリアムス。昨年は劇場公開された「大統領の執事の涙」のほか、訃報を受けてから「ガープの世界」、「レナードの朝」、「ミセス・ダウト」と見ました。これからもことあるごとに彼の作品を見返しては、元気をもらうことになりそうです。

今年もたくさんの感動に出会えますように。

|

« 伊豆で迎えるお正月 2015 | トップページ | 2014年をふりかえって (本・アート・舞台) »

映画」カテゴリの記事

コメント

こんばんは!

セレンディピティさん大賞の発表!楽しみにしてました。happy02

チョイスされてる作品に、セレンディピティさんがドラマを見る上で大切にされてるものが、凄く良くわかります。
新作の3本はどれも未見なのが残念ですが、「あなたを抱きしめる日」までは、近いうちに必ず見たいと思ってます。

旧作、「25年目の弦楽四重奏」は未見ですがこれも良さそうですね。私も今年、一番印象に残ったのはホフマンです。本当に惜しい俳優さんを失くしましたね。

「ディア・ハンター」と「エデンの東」は、オールタイムベストのアンケートをしても毎回顔を出す名作なので、納得のランク入りですね。flair

ロビン・ウィリアムスは遺作の「ナイト・ミュージアム」が公開になったら見に行こうと思ってます。

今年も良い映画にたくさん出会いたいですね。

投稿: ごみつ | 2015年1月 6日 (火) 19時08分

☆ ごみつさま ☆
こんにちは。
わー、そんな風に言っていただけて光栄です。
今年もかな~り私好みの作品になってしまいました。
「ラッシュ」もすごく好きな作品で、最後まで迷ったのですが
私らしさ?を重視してこんな感じになりました。

「あなたを抱きしめるまで」は見る人を選ぶ作品ではありますが
ごみつさんならきっとわかってくださるはず!
よかったらご覧になってみてください。

「25年目の弦楽四重奏」は2年前くらいの映画ですが
すっかり見落としていました。これはおもしろかったです!
ホフマンはじめ俳優陣の演技のアンサンブルが見事でした。

ホフマンにウィリアムズ...もう新作が見れないと思うと寂しいですね。
ウィリアムズはナイト・ミュージアムが遺作だったのですね。
私はDVDスルーになった最後の主演作「余命90分の男」
を楽しみにしています。

今年もいい作品に出会えるといいですね☆

投稿: ☆ ごみつさま ☆ | 2015年1月 7日 (水) 10時50分

セレンさん☆
昨年の3作品、セレンさんらしい落ち着いたセレクションですね!
「ジャージー・ボーイズ」をベスト10に入れている方も多く見かけましたが、セレンさんは「ストックホルム~」をチョイスなのですね☆
「あなたを~」は見逃しちゃったので、近いうちに見たいなー
私はベストを作らなかったけど、1位は「チョコレートドーナッツ」です☆

投稿: ノルウェーまだ~む | 2015年1月 7日 (水) 11時37分

☆ ノルウェーまだ~むさま ☆
こんにちは♪
落ち着いた...ちょっと地味かしら、と思いましたが
そんな風に言っていただくとうれしいです。
「ジャージー・ボーイズ」もすごーくよかったですが
「ストックホルム~」は音楽も好みでしたし
同じ女性として共感できました。

「あなたを~」は好みが分かれるかもしれませんが
よかったらご覧になってみてください。
「チョコレートドーナツ」は今思い出しても胸がしめつけられて
私にとっても大切な作品です☆

投稿: ☆ ノルウェーまだ~むさま ☆ | 2015年1月 7日 (水) 19時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1151970/58481014

この記事へのトラックバック一覧です: 2014年をふりかえって (新作・旧作映画):

» HAPPY NEW YEAR! [ヨーロッパ映画を観よう!]
今年も見に来て下さる皆様に感謝したいと思います! 昨年はシアターで88本鑑賞。春〜夏にかけて猛烈に忙しくて、秋〜冬にかけて頑張ってシアターに足を運んだと思ってはいたが、やはり鑑賞本数は減った。 有楽町で開催される恒例のイタリア映画祭へは昨年も行った。映画祭では5本鑑賞。中でもトニ・セルヴィッロ主演の「自由に乾杯!/2013」は素晴らしい作品だったのを思い出す。 昨年もやはりレビューを書いていない映画が合計6本。 「シャドゥ・ハンター/2013」 時代物好きなのとジョナサン・リス... [続きを読む]

受信: 2015年1月 6日 (火) 17時44分

» 2014年ごみつ大賞発表! [ごみつ通信]
明けましておめでとうございます。 「ごみつ大賞」も今回で9回目。例年通り、映画も [続きを読む]

受信: 2015年1月 6日 (火) 19時09分

« 伊豆で迎えるお正月 2015 | トップページ | 2014年をふりかえって (本・アート・舞台) »