« 「ゲート/モニカ・ソトノフスカ」展 &銀座オストレアでランチ | トップページ | 日本橋室町 LA BONNE TABLE »

岡田美術館蔵 琳派名品展 @日本橋三越

日本橋三越本店 新館7階ギャラリーで開催された、「岡田美術館蔵 琳派名品展」を見ました。2月2日で終了していますが、感想を書き留めておきます。

Rimpa_1

琳派とは、尾形光琳に代表される芸術表現の流派。といっても、徒弟制度で引き継がれるのではなく、シンプルにて大胆な構図、高いデザイン性、金銀箔が用いられる...といった共通の特徴があり、今なお国内外のアーティストに影響を与えています。

今年は、琳派を創始したとされる元阿弥光悦が、京都に工房を開いてから400年にあたる記念の年ということで、数々の琳派の企画展が予定されています。そのトップバッターとなるのが、今回の展覧会です。

Rimpa_18_2

岡田美術館は2年前に箱根にオープンした、日本・東洋美術の個人美術館。今回は館外で開催される初めての企画展だそうです。私も気になりながら、これまで訪れる機会がなかったので、今回は下見も兼ねて?楽しみにしていました。桃山時代から昭和にかけての琳派の名品43作を堪能しました。

Rimpa_9

俵屋宗達 「明石図」(源氏物語図屏風断簡) 江戸時代初期
源氏物語の一場面を描いた作品。人物が一部隠れているのが、動きが感じられてかわいらしい。

Rimpa_19

作者不詳 「誰ケ袖図屏風」 (右隻) 江戸時代初期
ここには女性の衣装、対となる左隻には男性の衣装が描かれています。こういう当時の風俗が忍ばれるものは見てて楽しい。衣装の柄が細かく描き込まれていて、その華やかさと美しさが目を引きました。

Rimpa_7

尾形光琳 「雪松群禽図屏風」 江戸時代前期
美術館を創設した岡田氏は、この作品と出会って美術品の蒐集を始められたそうです。金とブルーの幾何学的構図のおもしろさ。冬の水辺に集まった、鴨たちのにぎやかな会話が聞こえてきそうな楽しい作品です。

Rimpa_20

尾形光琳 「菊図屏風」 (右隻) 江戸時代前期
空間を十分にとり、菊を大胆な構図で配した光琳の大作。菊の茎は棒のように直線的というイメージがあったので、バラが咲き乱れるように動きのある姿が新鮮に感じられました。華やかでデザイン的なおもしろさのある作品です。

Rimpa_10

酒井抱一 「月に秋草図屏風」 江戸時代後期
すすきに桔梗、女郎花...秋の野の草を優しく照らす半月。楚々とした佇まいに心惹かれました。月の形からすると夜更けの空でしょうか。銀で描かれた月は黒く変色しています。

Rimpa_21

神坂雪佳 「燕子花図屏風」 (左隻) 大正~昭和時代前期
燕子花は琳派ではおなじみのモチーフですが、いつ見ても心惹かれます。背景は、地面を表す金と水面を表す銀に流れるように分割され、リズムが感じられました。

Rimpa_6_2

ラストを飾るのは、加山又造 「初月屏風」 昭和42年(1967)
雲間に浮かび上がる大きな細い月、その前に広がるすすき野、そして漆黒の夜の海に、うねるように画面を覆い尽くす波。壮大な風景に圧倒され、興奮を覚えました。

|

« 「ゲート/モニカ・ソトノフスカ」展 &銀座オストレアでランチ | トップページ | 日本橋室町 LA BONNE TABLE »

美術館・博物館」カテゴリの記事

コメント

400年もの間続いている流派とは、凄い。
それだけ、色あせない流派なのだと思います。
加山又造画伯による「初月屏風」は、流石に
若干手がこんでいるような感じで、迫力を感じます。
見どころ満載だったことと思います。

投稿: イザワ | 2015年2月10日 (火) 01時17分

こんばんは!

今年は琳派がうまれて400年なんですね!知りませんでした。
日本橋三越の展覧会も行ってみたかったな~。

これからも、幾つか展覧会があるのですね?調べてみて、行けそうな展覧会があったら是非足を運びたいと思います。

アップされてる作品、どれもすごくきれい!江戸時代初期の作品でもこんなに色鮮やかに美しいなんて本当に驚きですね!

情報、有難うございました!happy02

投稿: ごみつ | 2015年2月10日 (火) 01時46分

☆ イザワさま ☆
こんにちは。
徒弟制度で引き継がれるのではなく
この流派に影響を受けたアーティストたちによって引き継がれ
少しずつ形を変えながら現代にまで続いている、というのがすごいですね。
デザイン的なおもしろさもあり、今もなお色褪せない魅力を感じます。

加山又造画伯の作品は、現代の琳派と呼ぶのにふさわしく
エネルギッシュで圧倒されますね。

投稿: ☆ イザワさま ☆ | 2015年2月10日 (火) 11時31分

☆ ごみつさま ☆
こんにちは。
会期中に記事をアップできなくてすみませんでした。><
岡田美術館の琳派作品、状態もよく、すばらしかったです。
今回、初出展された作品も多く、見ごたえがありました。
岡田美術館のプロモーションも兼ねていたのかな?(笑)
みごとに術にはまり、いつか訪れたいなーと思いました。

今年は琳派400年の記念の年で
特に琳派が生まれた京都ではいろいろイベントがあるようですよ。
近いところでは、この春、熱海のMOA美術館と根津美術館との
コラボの企画展があるので
根津美術館の方には行ってみたいと思っています☆

投稿: ☆ ごみつさま ☆ | 2015年2月10日 (火) 11時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1151970/58839753

この記事へのトラックバック一覧です: 岡田美術館蔵 琳派名品展 @日本橋三越:

« 「ゲート/モニカ・ソトノフスカ」展 &銀座オストレアでランチ | トップページ | 日本橋室町 LA BONNE TABLE »