« 早春の水戸(2) あんこう鍋と、弘道館 | トップページ | 「博士と彼女のセオリー」 »

「シェフ 三ツ星フードトラック始めました」

「アイアンマン」シリーズのジョン・ファブロー監督が、監督・製作・脚本・主演を務めるハートウォーミングなヒューマンドラマ、「シェフ 三ツ星フードトラック始めました」(Chef)を見ました。

Chef_1_4

ロサンゼルスの一流レストランでシェフを務めるカール(ジョン・ファヴロー)は、メニューの方針でオーナー(ダスティン・ホフマン)と対立し、店を辞めてしまいます。元妻イネス(ソフィア・ベルガラ)の誘いでマイアミを訪れた彼は、感動的においしいキューバサンドイッチに出会います。

キッチン付きのフードトラックを手に入れたカールは、息子のパーシー(エムジェイ・アンソニー)、友人のマーティン(ジョン・レグイザモ)と3人で、マイアミ、ニューオーリンズ、オースティン、そしてロサンゼルスと、キューバサンドイッチを移動販売しながら、アメリカ横断する旅に出ます...。

Chef_5

お料理をテーマにした映画が好きで、何やら楽しそうな雰囲気に惹かれていた本作。ハリウッド超大作を手がけるジョン・ファヴロー監督が、低予算で作った自主制作映画、というのも興味津々で、楽しみにしていました。

前半のフランス料理から、後半のアメリカのソウルフードまで、出てくるお料理がどれもおいしそう! ラテンのノリでアップテンポに進む展開は、とにかく陽気で楽しくて、見ているだけで元気が出るすてきな作品でした。

自主制作映画とはいえ、ジョン・ファヴロー監督の人脈で、豪華キャストが特別出演。ダスティン・ホフマンのほか、レストランのソムリエにスカーレット・ヨハンソン、フードトラックを用意する元妻の元夫にロバート・ダウニーJr.が華を添えています。

Chef_29

カールを支えるのは、アミーゴ精神ともいうべきラテンの絆。元妻のイネスはとびきりの美人で、カールと並ぶとまるで美女と野獣ですが、カールのお料理に惚れ込み、彼をよく理解していて、抜群のタイミングでサポートします。

仕事仲間のマーティンは、カールがフードトラックを始めると知るやいなや、フロリダまで飛んでくる熱き男。彼のアミーゴつながりで、アルミのフードトラックがあっというまにみごとな塗装でよみがえったのにはびっくりしました。^^

それから、10歳になるかわいい息子のパーシー。今どきの子どもらしく、Twitterなどのツールを使って宣伝するのがとにかく上手。彼のおかげで、カールのフードトラックは、行く先々で長い行列ができる大人気店になります。

これまで仕事一筋で家庭を顧みなかったカールが、パーシーにトラックの掃除や材料の買出しを手伝わせ、いっしょにサンドイッチを作って、各地でお客さんたちを喜ばせて...旅をしながら少しずつ父子の絆を深めていくところが、とってもすてきでした。

Chef_11

今回登場するのが、マイアミ、ニューオーリンズ、オースティンと、特に地方色の強い都市だったのも魅力的。ニューオーリンズで揚げたてのベニエをつまみ、オースティンでは一日じっくりかけて焼くバーベキューを仕入れ...ハンバーガーだけではない豊かな食文化がそこにはありました。

大陸横断はよく映画の題材にもなりますが、多くのアメリカ人の憧れでもあります。旅を通じて、自分の原点を見つめ、家族との関係を見直して、新しい一歩を踏み出す...というのがアメリカらしくていいなーと思いました。ラストはちょっぴりできすぎ^^ ですが、ハッピーな気持ちでいっぱいになりました。

|

« 早春の水戸(2) あんこう鍋と、弘道館 | トップページ | 「博士と彼女のセオリー」 »

映画」カテゴリの記事

コメント

ラストはできすぎだし、この太っちょのオヤジが何故こんなにもてるのかと都合のよさに呆れましたが
非常に楽しい映画でしたね。
久しぶりに明るく分かりやすい映画を観て、生き返った気分になりました。

投稿: zooey | 2015年3月13日 (金) 09時56分

☆ zooeyさま ☆
こんにちは。
これは楽しくてエキサイティングな映画でしたね!
太っちょのオヤジがもてるのは、監督ならではの特権でしょうか。^^
都合よすぎるエンディングですが、ハッピーな気持ちになりました。

投稿: ☆ zooeyさま ☆ | 2015年3月13日 (金) 14時55分

こんばんは。cherry

へ~、これはファブロー監督が自主制作で撮った作品なんですね!
ストーリーを読ませていただくと、とっても楽しそうな映画ですね。

「アイアンマン」つながりでしょうけど、ロバート・ダウニーやスカーレット・ヨハンソンが出てくれてるのも嬉しいキャスティングです。

疲れてる時なんかに見ると心がほっこりしそう。
いつか是非見てみますね。(^^♪

やっぱこういう作品は、ありえない位のハッピーエンエンディングの方が良いですよね~。notes

投稿: ごみつ | 2015年3月13日 (金) 22時07分

セレンさん☆
低予算だけどハッピーになれて、豪華キャストも出てくるおいしそうな映画!
私も気になっている作品でした~
すごく腕のあるフレンチ?のシェフが、行きつくところがキューバサンドなのもアメリカンでいいですね♪

投稿: ノルウェーまだ~む | 2015年3月14日 (土) 00時28分

☆ ごみつさま ☆
こんにちは。
楽しくて元気になれる、とってもすてきな作品でした。

ロバート・ダウニー・Jr.とスカーレット・ヨハンソンが出演したのも
まさしくアミーゴ精神なのでしょうね。

一流レストランをやめて、フードトラックで自身の原点を見出す
というストーリーが、ビッグバジェットの監督でありながら
自主制作映画にチャレンジした監督自身と重なって
なかなか深いメッセージを感じる作品でもありました。
映画と料理って、ものづくりという点で似ているかもしれませんね。

疲れた時には効果てきめんですよ。^^
いつか是非ご覧になってみてください。

投稿: ☆ ごみつさま ☆ | 2015年3月14日 (土) 13時36分

☆ ノルウェーまだ~むさま ☆
こんにちは。
この作品、まだ~むさんもきっと気に入られると思いますよ!
よかったら是非、ご覧になってみてください☆

そう、フレンチのシェフがなぜかキューバサンドイッチ?なのですけど(笑)
小さくても自分の城があって、自由にできるってことが
クリエイティブな仕事には大切なのでしょうね。
とはいえ、いつまでも文化祭のノリだけではやっていけないですが
それに対してちゃんと都合のよい結末も用意されています。^^

監督の夢をいっぱい詰め込んだ、楽しい作品でした。

投稿: ☆ ノルウェーまだ~むさま ☆ | 2015年3月14日 (土) 13時53分

料理がテーマの映画、私も興味があります!!
おいしそうな料理が次々と出てきたら観ている間ずっとお腹が空いてしまいそうですね。
明るくて楽しそうな雰囲気の映画。観終わったら元気になりそうだなぁと思いました。

投稿: ruri | 2015年3月15日 (日) 12時17分

☆ ruriさま ☆
こんにちは。
この作品、お料理上手のruriさんはきっと楽しめると思いますよ♪

主演もしているファブロー監督は、実際にシェフから
お料理を習って撮影に臨んだようで、エンドロールのところで
メイキング映像が紹介されていました。^^

サンドイッチの作り方も映画の中で紹介されてたので
今度まねして作ってみようかな~と思います☆

投稿: ☆ ruriさま ☆ | 2015年3月15日 (日) 17時24分

家族でジューシーに がしがし食べたくなる((笑))
でもって、旅したくなっちゃった
残念だったのは
批評家の矜持とか
天才シェフのプロであるが為の「紆余曲折」を
もっとしっかり描いて欲しかったなぁ
何故そういう食材に到達したか
どうやって「性格に」生かしたか
天才の目利きだけじゃないわけじゃない?
それこそ「プロのシェフの強欲と欺瞞」
もっと突っ込んで描いて欲しかったな~
ここまでジューシーだと
食感に、焼きついちゃったよね~up

投稿: q 皆で食べたいね | 2015年3月16日 (月) 22時33分

ジョン・ファブロー監督クラスの人の自主映画ですか!
あちらの映画に制約がつくのかどうかは良く分かりませんが、
自主映画ということで、好きなように理想のストーリー展開が
できて、作り手が楽しそうですね。
きっと、その楽しさが、伝わってくるような映画のような気がしました。

投稿: イザワ | 2015年3月17日 (火) 02時33分

☆ qさま ☆
こちらにもありがとうございます。
この作品、お料理もおいしそう~☆でしたが
おっしゃるように、ドライヴ旅行がしたくなりました。

qさんとしてはちょっと物足りないところもありましたか?
軽~いノリの楽しい映画でしたが
その中にも監督の「好きな映画を好きなように撮りたい」
という思いが伝わってきて、なかなか深い...と思いました。

見ると、おなかのすく作品でしたね☆

投稿: ☆ qさま ☆ | 2015年3月17日 (火) 10時06分

☆ イザワさま ☆
こんにちは。
ハリウッド映画ともなると、動くお金も桁違いでしょうし
ビジネスとして厳しい制約もプレッシャーもあるのでしょうね。
以前読んだ本によると、ヨーロッパで成功した監督さんでも
ハリウッドでうまくいかない...ということが多々あるのだそうです。
ハリウッドならではのやり方があるのかもしれませんね。

なんにせよ、この作品からは
監督が自由に楽しみながら作った~というのが伝わってきました☆

投稿: ☆ イザワさま ☆ | 2015年3月17日 (火) 10時16分

こんにちは!

本当に楽しくて美味しそうで、父子の交流に胸を打たれる作品でした。

>ニューオーリンズで揚げたてのベニエをつまみ、オースティンでは一日じっくりかけて焼くバーベキューを仕入れ...ハンバーガーだけではない豊かな食文化がそこにはありました。
そうですそうです!豊かで愛情がこもった描写でしたね!私も大陸横断してみたいなぁ…って思ってしまいました。

投稿: ここなつ | 2015年3月20日 (金) 12時44分

☆ ここなつさま ☆
こんにちは。
楽しくて元気になれる、すてきな作品でしたね。
お料理もおいしそうでしたし、旅を通じて
父子が心を通わせていくところがとってもよかったです♪

旅先の地域色豊かなお料理がまた魅力的でしたね。
太っちょのファブロー監督が食べると
余計においしそうに見えて。^^
こんな旅をしたら楽しいだろうなーと思いました☆

投稿: ☆ ここなつさま ☆ | 2015年3月20日 (金) 17時30分

こちらにもお邪魔を...

この映画はシアターで何度も予告を見てずっと楽しみにしていた一作です。早く観たかったのですが、中々行けなくて、でもやっと見る事ができました。
予想道りに素敵な、とても素敵なドラマでした。
父親と息子の限りない愛情を美味しい、美味しい料理とダブらせているような雰囲気も感じられ、全体的に映像もスゴく綺麗で、ジョン・ファヴローの感性に少々感動です。

>ラストはちょっぴりできすぎ^^ ...
でもアレくらいで良かったのかも?

投稿: margot2005 | 2015年3月23日 (月) 20時21分

☆ margot2005さま ☆
こちらにもありがとうございます♪

あの予告を見ただけで、楽しさが伝わってきましたよね。
ファヴロー監督のペースにぐいぐいと引き込まれて
いつの間にか笑顔になってしまうすてきな作品でした。
父子が、「お料理を作って人を喜ばせる」という旅を通じて
心を通わせていく過程がとてもよかった☆
おいしいお料理は作る人も食べる人も幸せにしてくれますね。

できすぎのラストもなんだか憎めなくて^^
監督の「好きな映画を好きなように撮りたい」という
切なる思いが伝わってきました。

投稿: ☆ margot2005さま ☆ | 2015年3月24日 (火) 09時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1151970/59226218

この記事へのトラックバック一覧です: 「シェフ 三ツ星フードトラック始めました」:

» 「シェフ 三ツ星フードトラック始めました」 [ここなつ映画レビュー]
この作品は、第27回東京国際映画祭特別招待作品。観ようかどうしようかと迷っている内にチケットがソールドアウトになってしまった。今回、試写会で鑑賞できる幸運に恵まれたので、雪が上がったばかりの寒い夜に会場に赴いた。寒さが暖められる、楽しい作品。できれば夏に観たかったけれど。思い切りお腹が空くし、踊りだしたくなる感じ。マイアミ〜ニューオリンズ〜ロサンゼルスのロードムービーな要素もまた楽しい。カール・キャスパー(ジョン・ファヴロー)はフレンチレストランのシェフ。卓越した技術とセンスと情熱で、店の名声を不動... [続きを読む]

受信: 2015年3月20日 (金) 12時41分

» 「シェフ 三ツ星フードトラック始めました」 [ヨーロッパ映画を観よう!]
「Chef」 2014 USA カールはL.A. の星付き一流レストランのシェフ。ある日評論家マービンに酷評され怒り心頭。あげく、新たに生み出した斬新なメニューをオーナー、リバに却下された後クビを宣告される。再びやって来たマービンに文句を付けようと、レストランに乗り込んだカールはで諍いを起こす。その一部始終をレストランの客がYou Tubeに公開したため、カールとマービンンの諍いはweb上で大拡散してしまったのだ。結局カールは新たな仕事先までも失ってしまうハメに… 出演(カール・キャスパ... [続きを読む]

受信: 2015年3月23日 (月) 20時07分

» シェフ   三ツ星フードトラック始めました [映画の話でコーヒーブレイク]
昨年、韓国旅行の帰路、時間切れとなり最後の結末25分を見れず心残りだった本作。 DVDがリリースされていたので鑑賞。 前半次々登場するロバート・ダウニーjr、スカーレット・ヨハンセン、ダスティン・ホフマンらは 後半全く登場することなく、監督への友情出演だったんだ...... [続きを読む]

受信: 2015年8月 3日 (月) 22時47分

« 早春の水戸(2) あんこう鍋と、弘道館 | トップページ | 「博士と彼女のセオリー」 »