« 鼎泰豐の小籠包 & ポール・ポキューズ銀座 | トップページ | 「ガレオーネ」のピッツァ / 菜の花と釜揚げしらすのスパゲティ »

「アメリカン・スナイパー」

クリント・イーストウッド監督、ブラッドリー・クーパー主演の戦争映画、「アメリカン・スナイパー」(American Sniper)を見ました。イラク戦争に4度従軍し、米軍史上最強といわれた狙撃手、クリス・カイルの自伝をもとに、過酷な戦場と兵士の苦悩、アメリカが直面している問題を描きます。

American_sniper_1

幼い頃に父から狩猟の手ほどきを受け、「羊の群れを狼から守る牧羊犬たれ」と育てられてきたカイル(ブラッドリー・クーパー)は、1998年のアメリカ大使館爆破事件を機に愛国心から海軍に志願、厳しい訓練を経て特殊部隊シールズに配属されます。

アメリカ同時多発テロ事件を機にイラクに派遣されたカイルは、狙撃手として多くの仲間を援護して救い賞賛されますが、敵からは賞金を懸けられるほど恐れられる存在に。4度の従軍を経てようやく家族のもとに戻りますが、戦場での過酷な体験は彼に深い心の傷を残します...。

American_sniper_3

イーストウッド監督の最新作ということで楽しみにしていた本作。公開前から米メディアで賛否の議論が白熱していたこともあり、早く自分の目で見て確かめたい、という気持ちもありました。映画が問うテーマは重く、今なお続く中東地域の混乱の中にいて、私たちは大きな宿題を与えられたと感じました。

American_sniper_5

冒頭、スコープをのぞき、爆弾を抱えた母子に照準を合わせて、銃の引き金に指をかけるカイル。そこから映像は一転、父から狩猟を教わる少年時代のカイルに変わります。戦争と狩猟、そして兵士たちのPTSDが描かれている本作に、私は「ディア・ハンター」(1978)を思い出しました。

温かい感動を残してくれた「ジャージー・ボーイズ」から1年経たずして作られたシビアな戦争映画。まったくテイストの違う作品ですが、前作「ジャージー・ボーイズ」に「ディア・ハンター」のフランキー・ヴァリの歌とクリストファー・ウォーケンが登場していたことからも、監督の中ではひとつにつながる物語なのだと思いました。

羊の群れを狼から守る牧羊犬。それが今の世界においてアメリカの負うべき使命である、と多くのアメリカ人は思っていることでしょう。誰よりも正義感の強いカイルが、母国のため、そして世界の秩序を守るため、軍に志願したことは、自然な感情として理解できました。

だからカイルは、虐待と思えるほどの厳しい訓練にも、耐え抜くことができたのだと思います。そして肉体的にも精神的にも鍛え上げ、律してきたカイルは、”160人もの敵を殺すこと”が「正しいこと」であると自分に信じ込ませることで、心のバランスを保っていたのかもしれません。

帰還してからPTSDに悩まされながらも、強靭な精神力で克服したカイル。さらに他の帰還兵の心を救うために尽くしてきた彼を襲った運命はあまりに残酷ですが、そこには神のメッセージがあるとしか思えませんでした。彼の死を無駄にしないために、私たちは今考える時に来ているのかもしれません。

American_sniper_9

帰還してから銃を持って妻とふざけたり、PTSDのリハビリに射撃が使われたり、日本人として違和感を覚えてしまう場面もありました。帰還兵の中にはPTSDのために突然怒りに襲われ、発砲する人があるといいます。そしてその被害者の多くは、愛する家族なのだそうです。

The_hurt_locker

ハート・ロッカー(The Hurt Locker)
戦場における極度の緊張感と静かなる狂気。特殊な環境の中で、戦争依存症ともいえる状況に陥っていくカイルを見ていて、この作品を思い出しました。

|

« 鼎泰豐の小籠包 & ポール・ポキューズ銀座 | トップページ | 「ガレオーネ」のピッツァ / 菜の花と釜揚げしらすのスパゲティ »

映画」カテゴリの記事

コメント

米国では、帰還兵の5人に1人がPTSDに悩まされているそうです。
現代の普通の米国での生活から戦場で殺すか殺されるか・・・という
環境の中に放り込まれた時、PTSDになるのは必然のように思います。
今、日本もなんとなく、危うい状況に入りつつある感じもして、
考えなくてはいけない問題であるように思います。

2月は暇な予定だったのですが、ありがたいことに
急な撮影のご依頼を結構頂いてバタバタとして
まだ、梅も撮りに行けていません。
今週一杯過ぎれば・・・!

投稿: イザワ | 2015年3月 2日 (月) 01時53分

セレンディピティ さんcherry

こんばんは。
この作品、テーマが重たくてズシンとくる映画でしたよね。
私も「ハート・ロッカー」をすぐに思い出しました。
この戦場の状況でPTSDにならない方が不思議ですよね、しかも何度も帰国するから、そのギャップがあまりにも大きくて、精神のバランスを崩しそうです。think

最初のシールズの訓練のシーンは、「フルメタル・ジャケット」にそっくりでした。

エンドクレジットに全然音楽が入らなかったじゃない?そうする事で、この作品がフィクションドラマではないんだよ、と言う事を強調したかったのかな・・って思いました。

私も近日中に記事にしますね~。good

投稿: ごみつ | 2015年3月 2日 (月) 02時14分

狙撃手という専門兵士が生まれたのは、南北戦争時のアメリカです。ただ、安全な遠方から狙う卑怯な戦い方との認識があり、本格的に軍の専門特技として公認されたのは、第一次世界大戦でした。
これには小銃の開発史も絡むのですが、なにより大変だったのは兵士の育成でした。遠方の標的を狙って命中させるだけなら簡単です。しかし、スコープに映る人の姿と、自分の射撃により死んでいく様子を見てしまうと、多くの兵士が衝撃を受けて、二度と射撃手にはなりたくないと止めてしまうのです。
理想なのは、殺人と戦場での職務をクールに分別できる兵士ですが、それが出来るのは極めて少ないようです。
この映画のモデルとなった方は、故国に帰ってから殺されたとの報道がありましたね。戦場における殺人と、平和なはずの社会での殺人との対比も含めて、いろいろと考えさせられる作品だと思います。

投稿: ヌマンタ | 2015年3月 2日 (月) 10時10分

☆ イザワさま ☆
こんにちは。
映画では、帰還してからも、わずかな物音に過敏に反応したり
気持ちのコントロールができなくなってしまう様子が描かれていましたが
戦場があまりに過酷な環境であるために、平和な日常にもどっても
すぐに適応できないのは無理のないことと思いました。
肉体的に負傷するのも辛いですが、心の問題は目に見えにくいだけに
より深刻で、治療が難しいのでしょうね...
そばで見ている家族にとっても辛いことと思います。

梅はまだつぼみのところもありますから
まだしばらく楽しめそうですね☆
ようやく春の兆しが見えてきましたね。

投稿: ☆ イザワさま ☆ | 2015年3月 2日 (月) 18時51分

☆ ごみつさま ☆
こんにちは。
ほんとうに心にずしんと響く作品でしたね。
見てからも、あれこれと考えさせられました。

私は昨年見たばかりのディア・ハンターをまず思い出しましたが
あの戦地の緊張感と、カイルが戦争中毒のようになっていく様子は
ハート・ロッカーでしたね。
敵の狙撃手との攻防戦になっていくクライマックスなど
ビグロー監督よりはちょっとエンタメ的な要素もありましたが...

トレーニングのシーンは、結構ショックでした。
フルメタル・ジャケットってああいう作品だったのですね。
キューブリック監督、苦手だけど見てみようかな?
かなりきつそうだけど^^;

いつもはエンドクレジットもしっかりチェックするのですが
あまりに打ちのめされて、しばし呆然としてしまいました...。

ごみつさんの記事も楽しみにしていますね☆

投稿: ☆ ごみつさま ☆ | 2015年3月 2日 (月) 19時06分

☆ ヌマンタさま ☆
こんにちは。
先日、マイケル・ムーア監督が狙撃手は卑怯だという発言をして
映画の公開とからみ、アメリカで物議を醸していましたね。
狙撃手も戦術として確立されているのでしょうが
戦場にいてどこから弾が飛んでくるかわからないというのは
耐えられないほどの恐怖と戦うことだと思いました。

映画では、爆弾を持っているとわかれば、味方を助けるために
女性や子どもであろうと銃を向けなくてはいけない
主人公の狙撃手の苦悩が描かれていました。

4度の従軍で危険をくぐり抜け、しかも帰還兵のために
力を尽くされてきた方だけに、あまりに悲しい結末でした...
兵士にとって、戦場からもどってきてからの方が
ほんとうに辛い戦いなのかもしれません。

投稿: ☆ ヌマンタさま ☆ | 2015年3月 2日 (月) 19時35分

セレンさん☆
国の為、世界の為にと信じて、過酷な訓練も耐え抜いたクリスのあまりにも虚しい結末に苦しくなりますね。
多くの兵士のPTSDの被害者が愛する家族だなんて…
だからといって今現在問題のISや日本の隣国との緊張問題など、アメリカ軍なしにはいられない我々羊たちは、どうしたらいいのか・・・?
深い沈黙の間にでもせめて考えたいと思いました。

投稿: ノルウェーまだ~む | 2015年3月 4日 (水) 16時10分

☆ ノルウェーまだ~むさま ☆
こんにちは。
あれほどの危険をくぐり抜けてきた、強靭な体と精神力をもつカイルだけに
同じ苦しみを乗り越えてきたはずの仲間に命を奪われた
というのがあまりに残酷でした。
私たち人類に与えられた試練なのか、とさえ思ってしまいました。

戦いの火種を作ったのがアメリカという見方もありますが
アメリカによって守られている平和もまたあるのですよね...
防衛を全面的にアメリカに頼っている日本人としても
いろいろと考えさせられました。

投稿: ☆ ノルウェーまだ~むさま ☆ | 2015年3月 5日 (木) 08時00分

戦争映画はどれもそうですが
これもつらかったですね。
音楽が殆どないだけに
自分の心臓がドキドキ波打っているのが分かりました。

あの特訓のシーンでは私は
「愛と青春の旅立ち」を思いだいました。
変わっていないんですね~

投稿: zooey | 2015年3月 6日 (金) 12時10分

☆ zooeyさま ☆
こんにちは。
今まさに私たちが生きている世界が描かれているだけに
心にずしんと重く響く作品でした。
戦場の描写はリアリティがあって緊張しましたね。

アメリカは人権意識が高いというイメージがあったので
あの軍の訓練はショッキングでした。
でもあのくらいでへこたれるようでは
戦場ではとても耐えられないのかもしれませんね。

投稿: ☆ zooeyさま ☆ | 2015年3月 6日 (金) 15時14分

濃密なシーンが

私ね。この映画を観て
イーストウッドが監督で良かったって思ったの
非業であれ非情だけれど
真正面から「死」を描いているでしょ
もし、これを、あのスピル×▽グだったら
この世界がボケーっとしたと思っちゃう。

そしてエンドロール
実に しっかり問題を考えるコトの大切さ。
イーストウッド監督は たまらなく素晴らしい!!!!

投稿: q 苦しい現実のコトバ | 2015年3月16日 (月) 22時52分

☆ qさま ☆
こんにちは。
イーストウッド監督らしいすばらしい作品でしたね。

ビグロー監督は同じテーマでもドキュメンタリーのような仕上がりで
その真摯な姿勢が私はとても好きなのですが
イーストウッド監督は骨太でありながら
エンターテイメントとしてもみごとな作品にしていました。

スピルバーグ監督だったらもっと人間愛あふれる作品に
なっていたかしら?気になりますね。

投稿: ☆ qさま ☆ | 2015年3月17日 (火) 09時11分

こんばんは。
いつも見に来て下さってありがとう。
さて本作は戦争ものながらちょっと心を揺さぶるドラマでした。
やはりイーストウッドだからでしょうか?

何度も、繰り返し見た少年に向けて銃を構えるシーンでしたが、本作を観てまたドキリとしました。
ブラッドリー・クーパーはどんどん味ある俳優になって行って素敵です。

「ハートロッカー」は誰しもが思い浮かべる一作ですね。

投稿: margot2005 | 2015年3月20日 (金) 22時51分

☆ margot2005さま ☆
こんにちは。
イーストウッド作品、どれも好きですが
心に温かい感動を残してくれた前作から1年たたないうちに
こんなに心をがつんと打ちのめす戦争映画を作られるとは...
そのバイタリティに敬服しました。とても御年83歳とは思えませんねー。

あの少年に銃を構えるシーンは、予告で何度も見ていましたが
いきなり冒頭だったので意表をつかれました。
体重を増やして体を作り、クリスを演じきった
ブラッドリー・クーパーは、すばらしかったですね。

敵の狙撃手との攻防戦になっていくクライマックスなど
ビグロー監督に比べて、エンタメ的な要素もありましたが
それゆえにドラマティックで引き込まれました。

投稿: ☆ margot2005さま ☆ | 2015年3月21日 (土) 22時04分

明けましておめでとうございます(まだ松の内、ということで…)。どうぞ本年もよろしくお願いします。
又、TBとコメントをありがとうございました。この作品、色々と心に複雑に絡んできたのですから、レビューをupするのがすっかり遅くなってしまい、書いていてもなんか思ったことの全部は書き切れていないような気がしていました。

>このあまりにも残酷な運命は、神のメッセージがあるとしか思えませんでした。彼の死を無駄にしないために、私たちは今考える時に来ているのかもしれません。
そう、きっと、お書きになっているように、私たちも考える時に来ているのですね。
なので、この作品がR15指定だったのにはちょっと納得がいきませんでした。中学生とかが観ても良かったのに、と思いました。

投稿: ここなつ | 2016年1月 6日 (水) 20時01分

☆ ここなつさま ☆
おめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いします。

この作品のテーマはあまりに重くて、いろいろな気持ちが渦巻いて
なかなか書くことがまとまらなかったなー
と私も改めて思い出しました。

そしてこの映画を見た時からさらに
世界を取り巻く状況は混沌とし、問題が悪化しているように感じられます。
未来の子どもたちに何を伝え、残していけるのか
考えさせられますね。

投稿: ☆ ここなつさま ☆ | 2016年1月 7日 (木) 08時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1151970/59068272

この記事へのトラックバック一覧です: 「アメリカン・スナイパー」:

» アメリカン・スナイパー [映画の話でコーヒーブレイク]
昨日、NHKのニュースで「アメリカン・スナイパー」のモデルであるクリス・カイルさんを殺害した 元海兵隊員に、終身刑の判決が下されたという報道がありました。 PTSD(心的外傷後ストレス症候群)を患っていたそうですが、心身喪失は認められず。 PTSD治療の手伝いをし...... [続きを読む]

受信: 2015年3月 2日 (月) 18時05分

» 「アメリカン・スナイパー」☆鎮魂 [ノルウェー暮らし・イン・原宿]
もう戦争映画も出尽くしたと思っていた。 ここまで完璧な映画が、まさかこのタイミングで現れるとは・・・・ [続きを読む]

受信: 2015年3月 4日 (水) 16時11分

» アメリカン・スナイパー [ごみつ通信]
American Sniper2014年/アメリカ (監)クリント・イーストウッ [続きを読む]

受信: 2015年3月 4日 (水) 16時13分

» アメリカン・スナイパー (試写会) [風に吹かれて]
両極端の場所を行き来する者たち 公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/americansniper2月21日公開 原作: ネイビー・シールズ最強の狙撃手 (クリス・カイ [続きを読む]

受信: 2015年3月 5日 (木) 08時32分

» 『アメリカン・スナイパー』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「アメリカン・スナイパー」□監督 クリント・イーストウッド□脚本 ジェイソン・ホール□原作 クリス・カイル、スコット・マクイーウェン、ジム・デフェリス□キャスト ブラッドリー・クーパー、シエナ・ミラー、ルーク・グライム、    ...... [続きを読む]

受信: 2015年3月 7日 (土) 09時34分

» アメリカン・スナイパー [映画的・絵画的・音楽的]
 『アメリカン・スナイパー』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)本作がクリント・イーストウッド監督の作品であり(注1)、アカデミー賞作品賞にノミネートされているというので、映画館に行ってきました。  なにしろ、アメリカでは2月には興行成績が3億ドルを突破し...... [続きを読む]

受信: 2015年3月10日 (火) 06時33分

» 米軍試乗最多、160人を射殺した、ひとりの優しい父親。「アメリカン・スナイパー」 [Addict allcinema おすすめ映画レビュー]
[続きを読む]

受信: 2015年3月11日 (水) 20時03分

» 映画:アメリカン・スナイパー American Sniper 今年のベスト10に確実に絡む 力作・傑作! [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
流石、イーストウッド。 2時間12分が、あっという間に過ぎてしまう... 生日、ゴダールの84オにも驚いたが,こちらも同い年(笑) 去年は「ジャージー・ボーイズ」、で今年はこんなに強力な一発かよ〜 その前もヤバ過ぎの「グラン・トリノ」、超変化球「ヒア...... [続きを読む]

受信: 2015年3月12日 (木) 02時38分

» アメリカン・スナイパー [必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!]
[アメリカン・スナイパー] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ 評価:大吉 2015年6本目です。 【あらすじ】 テキサス出身のカウボーイ、クリス・カイル(ブラッドリー・クーパー)は、1998年にアフリカで起こったアメリカ大使館爆破事件をきっ…... [続きを読む]

受信: 2015年3月13日 (金) 02時10分

» [映画][☆☆☆☆★]「アメリカン・スナイパー」感想 [流浪の狂人ブログ〜旅路より〜]
 イラク戦争に4度従軍、160人以上を射殺した伝説の狙撃手クリス・カイルの自伝を、「許されざる者」のクリント・イーストウッド監督、「世界にひとつのプレイブック」のブラッドリー・クーパー主演で映画化。 「ジャージー・ボーイズ」から約半年、またしても名匠がや... [続きを読む]

受信: 2015年3月13日 (金) 19時38分

» 『アメリカン・スナイパー』 それは違うよ、モハメッド [映画のブログ]
 【ネタバレ注意】  スコープの先に男の姿が見える。男は進撃する米軍を観察しながらどこかに電話している。  男の姿が消えると、建物から女性と子供が現れた。親子のようだ。女性が子供に何かを手渡す。スコープ越しに見るそれは、対戦車手榴弾によく似ている。それを抱えた子供が米軍の方へ走り出す。米兵と戦車に向かって、一直線に。  スコープは子供を捉えている。引き金を引きさえすれば、簡単に子供...... [続きを読む]

受信: 2015年3月14日 (土) 00時10分

» 「アメリカン・スナイパー」 [ヨーロッパ映画を観よう!]
「American Sniper」2014 USA “ネイビー・シールズ 最強の狙撃手”の半生を描いた戦争ドラマ。 クリス・カイルに「アメリカン・ハッスル/2013」のブラッドリー・クーパー。 タヤ・カイルに「アルフィー/2004」「カサノバ/2005」「ザ・ガール ヒッチコックに囚われた女/2012」のシエナ・ミラー。 ジェフ・カイルにキーア・オドネル。 ビグルスにジェイク・マクドーマン。 マーク・リーに「96時間/リベンジ/2012」「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ/20... [続きを読む]

受信: 2015年3月20日 (金) 22時40分

» イラクの英雄、その真実、 [笑う社会人の生活]
6日のことですが、映画「アメリカン・スナイパー」を鑑賞しました。 ネイビーシールズのクリス・カイルはイラク戦争時、狙撃の腕前で多くの仲間を救うが 同時にその存在は敵にも知られ 命を狙われるほどに 故郷いる妻子に対し良き夫 良き父でありたいと願うが、ジレンマ...... [続きを読む]

受信: 2015年4月29日 (水) 06時40分

» アメリカン・スナイパー [銀幕大帝α]
AMERICAN SNIPER 2014年 アメリカ 132分 ドラマ/戦争/アクション R15+ 劇場公開(2015/02/21) 監督: クリント・イーストウッド 『ヒア アフター』 製作: ブラッドリー・クーパー クリント・イーストウッド 原作: クリス・カイル『ネイビー・シールズ 最...... [続きを読む]

受信: 2015年7月19日 (日) 00時49分

» 映画「アメリカン・スナイパー」レビュー(俺、国に帰ったらこの指輪を恋人に渡すんだ) [翼のインサイト競馬予想]
映画「アメリカン・スナイパー」のブルーレイを見たのでレビュー記事(感想)を書いてみたいと思います。(ネタバレは無しです。)YouTube 映画『アメリカン・スナイパー ... [続きを読む]

受信: 2015年7月24日 (金) 10時35分

» アメリカン・スナイパー (American Sniper) [Subterranean サブタレイニアン]
監督 クリント・イーストウッド 主演 ブラッドリー・クーパー 2014年 アメリカ映画 133分 ドラマ 採点★★★★ 戦争映画なんか観てると、大抵の戦闘シーンは目視できる敵兵に対し射撃し、撃った弾が当たって死ぬまでをもその目で見てますよねぇ。まさに“殺し合い…... [続きを読む]

受信: 2015年9月16日 (水) 19時58分

» 「アメリカン・スナイパー」 [ここなつ映画レビュー]
平和ボケ結構。どこに問題があるかわからない。戦いを知らない世代がほとんどを占める現代の日本。どんな宝石よりも光を放っている。観終わった感想の一つはこれだ。クリス・カイル(ブラッドリー・クーパー)はやんちゃな男兄弟の長男で、テキサスの田舎で育った。厳格な父親から「人間には3種類ある。羊、狼、番犬だ。」と教えられ、番犬となって生きる事を銘としてきた。成長して青年になってから、弟と共にカウボーイとしてロデオの名手となるが、その後、アメリカ軍のネイビー・シールズに所属する。凄腕のスナイパー。伝説の狙撃手。公... [続きを読む]

受信: 2016年1月 6日 (水) 19時56分

« 鼎泰豐の小籠包 & ポール・ポキューズ銀座 | トップページ | 「ガレオーネ」のピッツァ / 菜の花と釜揚げしらすのスパゲティ »