« 「シェフ 三ツ星フードトラック始めました」 | トップページ | 「イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密」 »

「博士と彼女のセオリー」

エディ・レッドメインが理論物理学者のスティーヴン・ホーキング博士を演じる伝記映画、「博士と彼女のセオリー」(The Theory of Everything)を見ました。ホーキング博士の半生を、彼を献身的に支えた妻ジェーンとの夫婦愛を軸に描きます。

The_theory_of_everything_1

1963年。ケンブリッジ大学大学院で物理を研究するスティーヴン(エディ・レッドメイン)は、同じ大学で言語学を学ぶジェーン(フェリシティ・ジョーンズ)と出会い、惹かれあうように。しかしまもなく、スティーヴンは筋萎縮性側索硬化症(ALS)を発症し、余命2年と宣告されます。

絶望し、ジェーンと別れようとするスティーヴンでしたが、ジェーンはスティーヴンを支え、ともに病気と闘うことを決意、2人は結婚します。やがて子どもも生まれ、幸せな結婚生活を送りますが、スティーヴンの病状は徐々に進行し...。

The_theory_of_everything_2

この週末は、楽しみにしていた物理学者のホーキング博士と数学者のアラン・チューリングの映画が同時公開されるので、どちらを先に見ようか、迷いに迷いました。数学専攻としてはチューリングが気になっていましたが、まずはエディ目当てでこちらの映画から。

ホーキング博士は、宇宙の起源やブラックホール研究の第一人者で、私が学生の頃、注目を集めていました。筋肉が動かせなくなるALSという難病にかかられていて、車椅子の物理学者としても知られています。(昨年はALSを支援するためのアイスバケツチャレンジが話題になりましたね。)

本作はホーキング博士の研究というよりは、妻ジェーンとの夫婦愛にフォーカスした作品。ジェーンとの出会いと結婚については、カンバーバッチの「ホーキング」でも見ましたが、これはその後のストーリーです。

The_theory_of_everything_15

お互いを尊重し、深い愛情で結ばれた2人。ジェーン自身、相当な覚悟の上での結婚だったと思いますが、家の仕事に子どもたちの世話、自分の研究も続けながら、少しずつ病状が悪化し、体の自由がきかなくなっていく夫の介護をすることは、想像以上にたいへんなことでした。

そんな彼女の気分転換に、母(エミリー・ワトソン)が教会の聖歌隊で歌うことを勧めます。そこで教会の音楽指導を務めるジョナサン(チャーリー・コックス)に出会うのですが、家に招き、家族ぐるみのつきあいを続けていく中で、ジェーンとジョナサンはいつしか惹かれあっていくのでした...。

The_theory_of_everything_9_2

ジェーンはスティーヴンを献身的な愛で支えますが、一方で心優しいジョナサンとも惹かれあいます。その気持ちにおそらく気づきながら嫉妬することもなく、むしろジョナサンを受け入れようとするスティーヴンの愛の深さに心を打たれました。

3人が互いに傷つけ合わなかったのはスティーヴンの病気のことや、スティーヴンへの尊敬の気持ち、そして信仰心もあったのでは?と思います。3人が3人ともいい人すぎて、誰かが悪者にならなければ、前に進むことができなかった。その悪役を、無神論者のスティーヴンが買って出たのかもしれません。

スティーヴンは、エレインという信頼できるパートナーを得たことで、安心してジェーンの背中を押すことができたのだと思いました。

エディは、少しずつ病状が進行して、体の機能がひとつ、またひとつと失なわれていく過程をていねいに演じ、ホーキング博士のユーモアと温かさ、明るく前向きなところも伝わってきてとても魅力的でした。ほんとうにすてきな俳優さんになったなーと感動しました。

Hawking

ベネディクト・カンバーバッチ ホーキング (Hawking)

2004年BBC制作のテレビ映画は、昨年夏にDVDが出た時に見ました。こちらは研究よりですが、ドラマティックな展開は見応えありました。ALSを発症したホーキング博士が病魔と闘いながら研究を続け、特異点定理を発表するまでが描かれ、ホーキング博士が合成音声でナレーションをつとめています。

|

« 「シェフ 三ツ星フードトラック始めました」 | トップページ | 「イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密」 »

映画」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。

わ~、早い。もう見に行かれたんですね。
私も、同じくこれと「イミテーション・ゲーム」は何とか劇場で見たいと思ってます。

エディ・レッドメインはこれでアカデミー主演男優賞受賞したし、彼の熱演を見るのも楽しみです。

ところで先日、TOTOのベーシスト?の方が亡くなったけど、彼もALSで闘病していて罹患してから8年で亡くなってしまわれたみたいです。

ホーキング博士は、闘病しながらも長寿に恵まれて、偉大な功績を残されているのは、彼やご家族、それと人類にとっても幸運な事ですよね。shine

投稿: ごみつ | 2015年3月18日 (水) 13時56分

文系の私でもホーキング博士の著書は何冊か読んだことがあります。
時間や、宇宙について分かりやすく書かれていて、面白く、ページを
めくるスピードも速くなりました。
そんな、ホーキング博士の映画、観たいと思っていました。
楽しみです。

投稿: イザワ | 2015年3月19日 (木) 01時15分

☆ ごみつさま ☆
こんにちは。
この映画を見た翌々日にイミテーション・ゲームも見てきましたが
どちらもとってもよかったですよ。
でも間を空けずにに見に行って、なんだかもったいない気分。
もっとそれぞれ余韻を楽しみたかったな~と。
待ちきれなくて、見に行っちゃったんですけどね。^^;

エディは、これまで繊細な役どころが多かったですが
今回は繊細な中にも心の強さみたいなのが感じられて
とても魅力的に演じられていましたよ。

TOTOのベーシストの方のニュース、ちょうどこの映画を見たばかりだったので
驚きました。ALSは難病の中でも比較的認知度が高いですよね。

ホーキング博士、研究においても偉大な功績を残されていますが
人生を楽しまれてきた方なのだなーと映画を見て思いました。

投稿: ☆ ごみつさま ☆ | 2015年3月19日 (木) 08時11分

☆ イザワさま ☆
こんにちは。
イザワさんは、ホーキング博士の本を何冊も読んでいらっしゃるのですね。
この映画は研究というよりは私生活にスポットをあてていて
どちらかというとロマンティックなラブストーリーといった感じですが
知られざる一面に触れられることと思います。
お時間がありましたら☆

投稿: ☆ イザワさま ☆ | 2015年3月19日 (木) 08時25分

"3人が3人ともいい人すぎて、誰かが悪者にならなければ、前に進むことができなかった"
の意味が、これを読んだ時には理解できなかったのですが
映画を観て、納得しました。
あの四角関係は非常に分かりにくいものがありましたが
実話だけに、仕方ないのかもしれませんね?

投稿: zooey | 2015年3月19日 (木) 13時03分

☆ zooeyさま ☆
こんにちは。
すごく危ういバランスですけど
それでもジェーンはスティーヴンを25年以上も
支えてこられたんですものねー。
その間にはきっと映画には描かれていない葛藤もあったのでしょうけど...
こういう愛の形もあるんだなーと思いました。

投稿: ☆ zooeyさま ☆ | 2015年3月20日 (金) 06時23分

セレンさま
こんにちわ、四旬節入りまして、ちらほらとイースターのお菓子を見かけるようになりました(^^
博士と彼女のセオリー・・テレビの映画紹介で何回も見かけましたが、本当に、俳優さん、ホーキング博士にそっくりで!!!お見事です。
幼少時代にニュートンという科学雑誌を購読しておりまして、たぶんそこでホーキング博士を知りました、すごいな、このような科学者がいるのだな!と強いあこがれを抱いたこと覚えております。
現在、博士は73歳でいらっしゃるようで・・(uu~*
セレンさんのお話で映画を見に行きたくなりました。素敵な記事をありがとう存じます。

ところで、お差し支えなければお教え頂けましたらありがたく存じます。過去の記事、ハロウィンのケーキの記事で、楕円形の廻りがラインで縁どられているお皿・・どちらのメーカーのものでしょうか。
ノリタケ、ウェッジウッド??と思いめぐらしておりますが、大変理想のデザインなのです(^^

三寒四温、花粉などありますが、お体ご自愛のうえ、
素敵な四旬節をお過ごしくださいませ♪

投稿: | 2015年3月21日 (土) 13時26分

☆ ?さま ☆
こんにちは。
お名前がなかったですが、マイユさまでしょうか...??
(間違えていたらすみません。)お元気でいらっしゃいますか?

寒くなったり、暖かくなったりの日々ですが
陽射しにも力が感じられ、だいぶ春らしくなってきましたね。
イースターももうすぐです。

エディ・レッドメイン、ホーキング博士の外見もさることながら
繊細さと心の強さ、お茶目な一面も感じられて
とても魅力的に演じられてましたよ。
よかったら是非ご覧になってみてください。

それから、ハロウィーンのカップケーキのお皿に目を留めてくださり
ありがとうございます。
おそらくホワイトの、リムのついた楕円のお皿のことだと思いますが
こちらはずいぶん前に贈り物でいただいたもので
Villeroy & Boch の Manoir というシリーズのものです。
公式サイトのページをリンクしておきますね。
http://www.villeroy-boch.com/shop/manoir-oval-platter-2-37cm.html
日本では取り扱いがないかもしれませんが、ご参考になれば幸いです。

マイユさんもすてきなイースターをお迎えくださいね。

投稿: ☆ ?さま ☆ | 2015年3月22日 (日) 00時34分

セレンさま
わわわ~☆
名前を入れ損じてしまいました!大変失礼致しました、私だとお気づき下さり、とても嬉しく存じます(≧▽≦)

お皿のメーカーとシリーズ名をお教え頂きまして、ありがとう存じます。
ビレロイのものだったのですね、Manoirというシリーズ、自由ヶ丘のお店に問い合わせをさせて頂こうと考えております。

セレンさんのお皿の他にも、以前よりシリーズ名を探しておりました2種類のお皿がありまして、ノリタケのものですがプロポーザルラインとコティホワイトであることが判明しまして、
さらに、セレンさんのビレロイのお皿のお名前も知ることができ、爽やかな気持ちになりました、ありがとう存じますm(_ _)m

イースター、節制と祈りの時期ですが、毎年どういうわけかこの時期は思考と心が騒々しく何もかもを怠りがちで、自分にしょんぼりすること多く過ごしております(^^;

セレンさん、どうぞ素敵な一日を♪

投稿: マイユ | 2015年3月22日 (日) 10時54分

☆ マイユさま ☆
こんにちは。
やはりマイユさんでしたか。^^
お返事くださり、ありがとうございます。

ビレロイのこのラインはひょっとしたら生産中止に
なっているかもしれませんが、在庫が見つかることをお祈りします。
探していた食器が思いがけず見つかるとうれしいですね。

季節の変わり目は体調を崩しやすいこともありますが
長い冬のあと、花が咲いたり、鳥が鳴いたり...
少しずつ春の到来を感じるのはうれしいですね。

今日はよいお天気、マイユさんもすてきな一日をおすごしください☆

投稿: ☆ マイユさま ☆ | 2015年3月22日 (日) 12時06分

セレンさん☆
なんと!数学専攻でいらしたのね!??
いつも文章が素晴らしいので、てっきり文系の方とばかり思っていました。
私なんていつも割り勘の計算も出来なくて困っているので、尊敬ですわ!

カンバーバッチがホーキングやってたなんて最近まで知りませんでした。
二人とも気品があって博士の役にどちらもピッタリですね。
誰も傷つけることなく愛の終結を描けるなんて、作品としての成熟度に感心しました。

投稿: ノルウェーまだ~む | 2015年3月25日 (水) 09時51分

☆ ノルウェーまだ~むさま ☆
こんにちは。
いえいえ、私は文章を書くのが苦手で
まだ~むさんのように、こなれた文章がさら~っと書ける方が
うらやましいです。
イミテーションゲームのジェーンじゃないですが
パズルを解くのは大好きです。^^

カンバーバッチのホーキングもよかったですよ。
彼の出世作でもあるんですよね。
ふたりとも知的な雰囲気で博士の役が似合いますが
エディの方が小柄で、ホーキング博士のイメージに近いでしょうか。

結果的にはジェーンとスティーヴンは別れることになりましたが
前に進むための別れ...という風に描かれていたのが
よかったですね。共感のできる美しいラブストーリーでした。

投稿: ☆ ノルウェーまだ~むさま ☆ | 2015年3月25日 (水) 15時48分

こちらにも...
このドラマはとても美しく描いてあって驚きました。素敵なラヴ・ストーリでもありました。
エディ・レッドメインはオスカーに値する演技で終始頑張っていて素晴らしかったです。
そしてホーキングに似てるんですよね彼...身体の動きなどもちろん演技なのですが、かなりハマっていました。
あの片方に傾く姿勢がしばらく治らなかったようですが、見ていて納得です。ホント俳優はやるものですね。
>カンバーバッチの「ホーキング」見てみたいです。

投稿: margot2005 | 2015年3月27日 (金) 20時28分

☆ margot2005さま ☆
こちらにもありがとうございます♪
ほんとうに...美しくてすてきなラブストーリーでしたね。

エディはこれまで繊細な役どころが多かったですが
今回は繊細な中にも心の強さが感じられて...
困難の中にあっても明るさとユーモア、前向きな気持ちを持ち続けた
ホーキング博士をみごとに演じていましたね。
体の動きや表情も...博士になりきってましたものね。
>傾く姿勢がしばらく治らなかった
に納得です!

カンバーバッチのホーキング、機会がありましたら☆

投稿: ☆ margot2005さま ☆ | 2015年3月27日 (金) 21時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1151970/59265237

この記事へのトラックバック一覧です: 「博士と彼女のセオリー」:

» 博士と彼女のセオリー [風に吹かれて]
スティーヴンとジェーンの“時間” 公式サイト http://hakase.link 原作はジェーン・ホーキングの回顧録「Travelling to Infinity: My Life with Ste [続きを読む]

受信: 2015年3月18日 (水) 20時17分

» 映画:博士と彼女のセオリー The Theory of Everything 秀逸な日本タイトルと共に、捨て置けない出来! [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
理論物理学者 スティーヴン・ホーキング博士の若き日々〜先 を描く。 学生時代からはじまり、この映画のメイン・テ―マに直ちに突入。 それは、ホーキングとその妻になるジェーンの恋愛。 関係が深まったところで、ホーキングに悲劇が・・・ 彼は身体を蝕んでいく病の...... [続きを読む]

受信: 2015年3月21日 (土) 11時51分

» 「博士と彼女のセオリー」☆それでもビーンズ [ノルウェー暮らし・イン・原宿]
かなり勇気のいったことでしょう。 まだご存命の方の人生を映画にすること。 しっかり、媚びずにしかも素敵に描かれていたのは、何より彼らの人生がいつも真剣そのものだったから。 [続きを読む]

受信: 2015年3月25日 (水) 09時52分

» 「博士と彼女のセオリー」 [ヨーロッパ映画を観よう!]
「The Theory of Everything」2014 UK 1963年、英国。ケンブリッジ大学大学院で理論物理を研究するスティーヴン・ホーキングは、ある日パーティで中世スペイン詩を学ぶ魅力的なジェーンと出会う。ユーモアのセンスを持った彼女は才女でもあった。やがてあっという間に惹かれ合う二人はデートを重ねて行く... スティーヴン・ホーキングに「グッド・シェパード/2007」「美しすぎる母/2007」「ブーリン家の姉妹/2008」「レ・ミゼラブル/2012」のエディ・レッドメイ... [続きを読む]

受信: 2015年3月27日 (金) 20時21分

» 最善を尽くした二人の物語~『博士と彼女のセオリー』 [真紅のthinkingdays]
 THE THEORY OF EVERYTHING  1963年。ケンブリッジ大学院で理論宇宙物理学を研究するスティーヴン・ ホーキング(エディ・レッドメイン)は、あるパーティで文学専攻のジェーン(フェ リシティ・ジョーンズ)と出逢う。  『ホーキング、宇宙を語る』 (私も買って読みました) で一世を風靡した 英国の天才物理学者、スティーヴン・ホ...... [続きを読む]

受信: 2015年3月29日 (日) 22時57分

» 博士と彼女のセオリー  The theory of everything [映画の話でコーヒーブレイク]
「アメリカン・スナイパー」「ファックス・キャッチャー」「イミテ―ション・ゲーム」に次いで 今年のアカデミー賞関連作品4作目です。 ホーキング博士を演じた主演のエディ・レッドメインが主演男優賞受賞です。 「イミテーション・ゲーム」のカンバーバッチを抑えての主...... [続きを読む]

受信: 2015年3月30日 (月) 09時44分

» 博士と彼女のセオリー 観ました。 [まぜごはん]
今日は天気も悪いのにちょっと遠出して博士と彼女のセオリー(公式HPへ) を観てきました。 車椅子の天才物理学者スティーヴィン・ホーキング博士の半生+妻ジェーンとのラブストーリー。 1963年。ケンブリッジ大学で物理学を研究するスティーヴィンはパーティで...... [続きを読む]

受信: 2015年3月30日 (月) 21時18分

» 博士と彼女のセオリー [C’est joli〜ここちいい毎日を♪〜]
博士と彼女のセオリー 14:イギリス ◆原題:THE THEORY OF EVERYTHING ◆監督:ジェームズ・マーシュ「シャドー・ダンサー」「キング 罪の王」 ◆出演:エディ・レッドメイン、フェリシティ・ジョーンズ、チャーリー・コックス、エミリー・ワトソン、サイモン・マク...... [続きを読む]

受信: 2015年4月12日 (日) 19時58分

» 博士と彼女のセオリー [映画的・絵画的・音楽的]
 3月末の拙エントリの冒頭で申し上げましたように、映画館が満員で見逃してしまった『博士と彼女のセオリー』を、ようやっと日比谷のTOHOシネマズシャンテで見ました。 (1)本作(注1)は、アカデミー賞作品賞にノミネートされた作品ということで、映画館に行ってきた次...... [続きを読む]

受信: 2015年4月14日 (火) 06時18分

» ええことばかりじゃない、それはわかってるんだけどね〜・・・〜「博士と彼女のセオリー」〜 [ペパーミントの魔術師]
去年、アイスバケツチャレンジなるものが流行って(そう流行ってとしか言えないような状況だったよなあれって) 本来の募金活動やらALSに対する理解やらっていう趣旨からはどんどん遠ざかって 何とも言えない気分だったんですが。 あ、ドラマでこんなのも見てました。 ...... [続きを読む]

受信: 2015年4月28日 (火) 18時10分

» 博士と彼女の関係、そして [笑う社会人の生活]
18日のことですが、映画「博士と彼女のセオリー」を鑑賞しました。 物理学者として将来を期待されるスティーブン・ホーキングは大学時に詩を学ぶ女性ジェーンと恋に落ちる。しかし直後にスティーブンはALSを発症 余命2年の宣告を受けてるが それでもジェーンはスティーブ...... [続きを読む]

受信: 2015年5月 1日 (金) 18時23分

« 「シェフ 三ツ星フードトラック始めました」 | トップページ | 「イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密」 »