« オーベルジュ・ド・リル トウキョウ | トップページ | サンドラの週末 »

マルティン・シュタットフェルト ピアノ・リサイタル

ドイツのピアニスト、マルティン・シュタットフェルトのピアノ・リサイタルに行きました。場所は渋谷のさくらホール。「J.S.バッハへのオマージュ」と題しての、オール・バッハ・プログラムです。

Martin_stadtfeld_1

このコンサートは沿線フリーマガジンで見つけたのですが、”グレン・グールドの再来”という謳い文句に反応して^^ チケットを取りました。

1980年生まれのマルティン・シュタットフェルトは、2002年バッハ国際コンクールで優勝。以後、世界各国のオーケストラと共演するとともに、数々の音楽祭に参加、バッハ音楽の後継者として活躍しています。日本には2005年以降、続けて来日しているそうです。

今回は、バッハの若年期の作品を中心としたプログラム。多くはオルガンやヴァイオリンのために作られた作品ですが、それをシュタットフェルトが自らピアノのために編曲して演奏するもので、彼の音楽世界をより深く感じ取ることができました。

グレン・グールドの再来とのことですが...グレン・グールドのバッハが、音のひとつひとつがクリアで力強く、かつスピード感があり、パッションあふれる演奏なのに対して、シュタットフェルトは、流れるようなタッチで優美で繊細に演奏されていて、個性はかなり違うと感じました。

彼自身が編曲していたこともありますが、柔らかい音づくりで、バッハを演奏しているという感じがしません。アンコールで弾いたシューマンやモーツァルトの方が、むしろしっくりくるように感じられました。好みは分かれると思いますが、私はこういうバッハの表現もあるんだなーと新鮮な感動を覚えました。

Martin_stadtfeld_2

グレン・グールドは高さ30cmの極端に低いマイスツールを持参して演奏することで知られていますが、シュタットフェルトの椅子も、かなり低めに設定されていました。ご本人も意識しているかもしれませんが、そんなところも比較される所以かもしれませんね。

長身でクールなお顔立ちは、どことなくベネディクト・カンバーバッチを思わせます。女性ファンが多そうですが、会場に来ていたのは幅広い年齢層で、男性も多かったです。お仕事帰りにさくっと一人で聴きにいらした方も多く、すてきだなーと思いました。なごやかな雰囲気のコンサートでした。

【 関連記事 】
notes 「グレン・グールド 天才ピアニストの愛と孤独」(ドキュメンタリー)(2011/11)

プログラムは、「続きを読む」にて。

オール・バッハ・プログラム

コラール前奏曲「暁の星のいと美しきかな」 BWV 739 (シュタットフェルト編)

トッカータ 嬰ヘ短調 BWV 910

カプリッチョ「最愛の兄の旅立ちに寄せて」 変ロ長調 BWV 992 (全6曲)(シュタットフェルト編)

トッカータとフーガ ニ短調 BWV 565 (シュタットフェルト編)

無伴奏ヴァイオリン・パルティータ 第2番 ニ短調 BWV 1004 より”シャコンヌ”(シュタットフェルト編)

フランス風序曲 ロ短調 BWV 831

バッサカリア ハ短調 BWV 582 (シュタットフェルト編)

|

« オーベルジュ・ド・リル トウキョウ | トップページ | サンドラの週末 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

YouTubeで、聴いてみました。
私は、ピアノは良く分かりませんが、
柔らかい感じでピアノを弾いているのが
なんとなくわかるような気がしました。
以前、日本のピアニストの辻井さんを
撮影させて頂いたことがありますが、
当時、二十歳だったにもかかわらず、考え方が
素晴らしく、その人生感がピアノの音色にも
反映しているような気がしたのを思い出しました。

投稿: イザワ | 2015年6月 1日 (月) 01時47分

☆ イザワさま ☆
おはようございます。
柔らかく流れるような音色で
従来のバッハの演奏にはないものを感じましたが
すてきな音楽表現だと思いました。
辻井さんの透明感あふれる演奏も
いつか聴いてみたいです♪

投稿: ☆ イザワさま ☆ | 2015年6月 1日 (月) 07時49分

グレン・グールドのピアノ演奏は私も大好きなので(ドキュメンタリーも引き込まれました)、確かにマルティン・シュタットフェルトとはちょっと違う雰囲気のような気がします。
でも、彼の雰囲気とマッチした演奏スタイルのバッハも聞いてみたいですね。
最後の写真からセレンさんがベネディクト・カンバーバッチと言われるのに納得しましたよ♪
仕事帰りにフラっとピアノリサイタルなんて本当に素敵☆

投稿: アサ | 2015年6月 1日 (月) 09時49分

☆ アサさま ☆
こんにちは。
グレン・グールド、すてきですよね!
私もつい、謳い文句につられてしまいましたが
マルティン・シュタットフェルトさんの演奏もすてきでしたよ。
バッハ音楽の継承者...とのことですが
他の曲もいろいろ聴いてみたくなりました。
カンバーバッチのようなビジュアルも魅力的でした。^^
アンコールも3曲もサービスしてくださって
和やかで楽しい時間がすごせました☆

投稿: ☆ アサさま ☆ | 2015年6月 1日 (月) 15時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1151970/60176809

この記事へのトラックバック一覧です: マルティン・シュタットフェルト ピアノ・リサイタル:

« オーベルジュ・ド・リル トウキョウ | トップページ | サンドラの週末 »