« 「真夜中のゆりかご」 | トップページ | オーベルジュ・ド・リル トウキョウ »

箱根 山のホテルのつつじ

先週、箱根・芦ノ湖のほとりの山のホテルにツツジを見に行ってきました。

四季折々の花々が楽しめる山のホテルの庭園ですが、特にこの時期は45000坪の敷地に、30種3000株というツツジがみごとな花を咲かせます。台風6号とそのあとの濃霧とで、ツツジの開花はピークを過ぎたとのことでしたが、それでも色とりどりの花々が美しいパッチワークを見せていました。

2015052507_2

芦ノ湖を滑るように進む遊覧船。

2015052508_2

色とりどりのツツジが遠くまで続いています。すでに咲き終わっているツツジもありましたが、白いツツジはこれから咲くところで、たくさんつぼみをつけていました。

2015052504

2015052506

広大なツツジ園の奥に、しゃくなげ園があり、こちらもちょうど見ごろを迎えていました。シャクナゲは植込みで低木をよく見かけますが、ここのは2m以上の大木ばかりで驚きました。葉っぱも花も大ぶりなツツジの親分といった風情で、まるで自分がツツジ園に迷い込んだ小人になった気分。

2015052505

4月21日にリニューアルしたばかりの山のホテル。庭園の通路も階段からスロープに、バリアフリーになりました。

都内のバラはそろそろおしまいですが、こちらのローズガーデンはまだひとつも咲いていなくて、来月から見ごろを迎えるようです。近いようでも山の上なので、1か月ほど開花時期が遅いのですね。

2015052509

ツツジ園と芦ノ湖が一望に見渡せるテラスでお茶にしました。左のシュークリームはバターたっぷりの濃厚なお味。私は久しぶりにトラディショナルないちごのショートケーキをいただきました。箱根は大涌谷の噴火の影響で例年よりややお客様が少ないそうで、今が穴場かもしれませんね。

2015052501

ソーダ水のな~か~を~、海賊船がと~お~る~
夕方になると、霧が出てきました。

2015052503

このあとは、日帰り温泉の箱根湯寮に寄って帰りました。この日は午後1時半に東京を出て、家に着いたのが8時半ごろ。箱根にいたのは正味4時間ほどでしたが、いいリフレッシュになりました。

|

« 「真夜中のゆりかご」 | トップページ | オーベルジュ・ド・リル トウキョウ »

お出かけ」カテゴリの記事

コメント

セレンさん☆
うっわー!!なんて綺麗なのでしょう!!
お車があると南へ北へとお出掛けになられていいですね~
箱根にこのような美しいところがあるなんて、知りませんでした。
素敵なスポットはどちらが見つけてこられるの?
温泉も堪能されて、いい一日になりましたね~

投稿: ノルウェーまだ~む | 2015年5月26日 (火) 09時44分

山のホテル、私も好きです。
何年か前のやはり今頃訪れたら
ツツジは終わりがけでシャクナゲが綺麗でした。
満開の頃に行きたいのですが
その頃は死ぬほど混むんですよね。
ところで
>ソーダ水のな~か~を~、海賊船がと~お~る~
って…
貨物船じゃあ…?
もしかしてギャグ??

投稿: zooey | 2015年5月26日 (火) 12時34分

☆ ノルウェーまだ~むさま ☆
こちらにもありがとうございます。

箱根は子どもの頃から身近だったということもありますが
都内からも車で約1時間半と近いので
この日は急に思い立って、行こうかという話になりました。

山のホテルはつつじが有名ですが
食事やお茶もできますし、四季を問わず楽しめますよ。
機会がありましたら。

投稿: ☆ ノルウェーまだ~むさま ☆ | 2015年5月27日 (水) 07時45分

☆ zooeyさま ☆
こんにちは。
山のホテルはロケーションがすばらしいですね。
>ツツジが終わりかけでシャクナゲが綺麗
というと、ちょうど同じ頃でしょうか。

GWはきっと混んでいるだろうなーといつも避けてしまいますが
開花のピークは過ぎていましたがまだまだきれいで
人もほどほどでゆっくり楽しめてよかったです。

>ソーダ水のな~か~を~
そう、オリジナルは貨物船です。^^
わかる方がいらっしゃるかな~??と思いましたが
つっこんでくださって、うれしいです☆

投稿: ☆ zooeyさま ☆ | 2015年5月27日 (水) 07時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1151970/60131000

この記事へのトラックバック一覧です: 箱根 山のホテルのつつじ:

« 「真夜中のゆりかご」 | トップページ | オーベルジュ・ド・リル トウキョウ »