« harumi's (ハルミズ) | トップページ | ヴィンセントが教えてくれたこと »

フォックスキャッチャー

先日の目黒シネマに続いて、今度は飯田橋の名画座、ギンレイホールで「フォックスキャッチャー」(Foxcatcher)を見てきました。この作品、公開時にすごく気になっていたのですが、重すぎて劇場で見るにはつらいかも...と躊躇していたのです。でもやっぱり見に行ってよかった。

ちなみに2本立てのもう1本は「イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密」でした。こちらは公開時に続いて見るのは2度目でしたが、いい映画は何度見てもおもしろい! 展開がわかっているので、リラックスして楽しめました。

Foxcatcher_13

1984年ロサンゼルスオリンピックのレスリングで金メダルを獲得した兄デイヴ(マーク・ラファロ)、弟マーク(チャニング・テイタム)のシュルツ兄弟。デイヴはその後、コーチの道を進みましたが、マークは乏しい収入の中で、4年後のソウルオリンピックに向けて黙々とトレーニングを続けていました。

そんなある時、デュポン財閥の御曹司であるジョン・デュポン(スティーヴ・カレル)から、願ってもない申し出が。自ら率いるレスリングチーム”フォックスキャッチャー” で、いっしょにソウル五輪を目指そうというのです。デュポン家の広大な敷地に招かれ、最新鋭の施設でトレーニングを始めたマークでしたが...。

Foxcatcher_9_2

スティーヴ・カレルがコメディの演技を封印し、別人のように役に作り込んだことで話題になった作品。特殊メイクで鼻の形を変え、外見や表情をみごとにデュポン氏に似せていますが、それ以上にただならぬ狂気がびりびり伝わってきて圧倒されました。

スティーヴ・カレルほど話題になっていなかったので不意打ちでしたが、マーク・ラファロの変わりようにもびっくりでした。髪型やあごひげはもちろん、表情まで役になりきっていて、最後までまったく誰だかわかりませんでした。

監督は「カポーティ」、「マネーボール」など、実話ものに定評のあるベネット・ミラー。ドキュメンタリーのような冷徹な作りで、淡々とした会話、音楽もほとんどなく、物語としての起伏も少ないのですが、作品いっぱいに張り詰めた緊張感と不穏な空気に気おされて、最後まで目が離せず、引き込まれました。

Foxcatcher_3

アメリカはスポーツに理解があり、選手が優遇されているイメージがあったので、金メダリストであっても、栄光とは裏腹に生活はこれほど苦しいのか、とまずそのことに驚きました。不器用で他の生き方を知らないマークが、ひたすらストイックにトレーニングに励む姿には胸を衝かれました。

そうしたスポーツ選手に手を差し伸べる大富豪がいるのが、アメリカのいいところですが、銀のさじをくわえて生まれてきたデュポン氏は、母親との関係は良好とはいえず、孤独の中、心の中に深い闇を抱えながらこれまで生きてきたようです。

ただスポーツを愛し、純粋に支援するだけならよかったのですが、そこには母親に認められたい、誰からも尊敬されたい...複雑怪奇な自尊心や虚栄心が渦巻いていた。そして結局、母親が彼にしたように、彼もまた知らず知らずのうちに、お金によって人の心を支配しようとしたのかもしれません。

試合前、プレッシャーに押しつぶされ壊れそうになったマークを、的確な方法で立て直したデイヴ。スポーツの世界の厳しさを垣間見る印象的な場面でしたが、そこには、ただ利己的な虚栄心を満たしたいだけのオーナーと、愛ある指導者との決定的な違いがありました。

何がデュポンの狂気に火をつけたのか、ほんとうの理由はわかりませんが、彼が何をもってしても手が届かないものがあると気付いた時、自分の存在意義を見失ってしまったのかな...と想像しました。

Foxcatcher_8

監督と主要キャストの3人。すてきな笑顔です。

|

« harumi's (ハルミズ) | トップページ | ヴィンセントが教えてくれたこと »

映画」カテゴリの記事

コメント

こんばんは!

ギンレイホールにはこれを見に行かれたんですね!
ギンレイホールもこじんまりとしてるけど、なかなか良い映画館ですよね!
上映のラインナップも良いですしね~。good

「フォックスキャッチャー」、私もとても気になってました。記事を読ませていただくとやっぱり面白そうですね。

DVDがでたら是非見てみようと思います。見たい映画がたまってるので、落ち着いたら、いっぱい見たいな~~。( ´艸`)

投稿: ごみつ | 2015年9月24日 (木) 01時38分

☆ ごみつさま ☆
こんにちは。
ギンレイホールも目黒シネマと同じく映画愛に満ちた
レトロでアットホームな映画館ですね。
こちらも人気のようで、週末はほぼ満席でしたよ。
お昼時になると、おじさんたちが席でおにぎり🍙を食べ始めたのには
ちょっとびっくりしましたが^^ そんなあれこれを含めて楽しめました。
ご紹介、ありがとうございました☆

フォックスキャッチャー、決して楽しい映画ではないのですが
心に痛く、響く作品でした。とても見応えがありましたよ。
3人の俳優さんたちの演技もすばらしかったです。

落ち着かれましたら是非DVDでご覧になってみてください☆

投稿: ☆ ごみつさま ☆ | 2015年9月24日 (木) 15時21分

セレンさん☆
上手に2本立てを見つけていらして、いつも感心しちゃいます。
「フォックスキャッチャー」は私も見逃していて、とっても気になっていた作品です。
演技派の3人は素晴らしいですね。
機会があったら絶対観ます!

投稿: ノルウェーまだ~む | 2015年9月26日 (土) 17時52分

☆ ノルウェーまだ~むさま ☆
おはようございます♪
フォックスキャッチャーは私が見たいと思っていた作品で
夫がイミテーションゲームを見逃していたので
ちょうどいい組み合わせでした。^^

決して愉快な作品ではないですが
映画好きの方にはぜひお勧めしたいです。
3人の演技がすばらしかったですよ。
機会がありましたら☆

投稿: ☆ ノルウェーまだ~むさま ☆ | 2015年9月27日 (日) 07時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1151970/61698224

この記事へのトラックバック一覧です: フォックスキャッチャー:

» フォックスキャッチャー (試写会) [風に吹かれて]
大富豪の狂気 公式サイト http://www.foxcatcher-movie.jp2月14日公開 実話に基づいた映画原作はマーク・シュルツの自叙伝 監督: ベネット・ミラー  「カポーティ」 「マ [続きを読む]

受信: 2015年9月24日 (木) 08時30分

» フォックスキャッチャー [映画の話でコーヒーブレイク]
何を隠そう(以前から公言していますが)、私はスティーヴ・カレルのファンです。 と言っても、日本での知名度は低いので「だれ?」っとお思いの方も多いでしょう。      ダンディでしょ?ポスターの中央が同一人物とは思えない。 「ブルース・オールマイティ」スピ...... [続きを読む]

受信: 2015年9月26日 (土) 14時39分

« harumi's (ハルミズ) | トップページ | ヴィンセントが教えてくれたこと »