« マイ・インターン | トップページ | Jour de Marche (ジュー ドゥ マルシェ) »

旧白洲邸 武相荘

先月、多摩のコストコに行った折に、町田市鶴川にある旧白洲邸 武相荘(ぶあいそう)を訪れました。ここは、戦後 吉田茂首相の側近として外交で活躍した白洲次郎氏と、随筆家の正子夫人が、戦中から半世紀以上にわたって暮らした邸宅で、現在はミュージアムとして公開されています。

私が白洲氏を知ったのは高校時代。ピアノの先生のお家で、偶然 白洲氏に関する本を見つけてひと目で惹かれ、本などで知るにつれ、憧れの存在になりました。正子夫人が亡くなってから武相荘が公開されたのは知っていましたが、これまで行く機会を逸していたのです。

2015101601_2

駐車場から竹林と遊歩道を抜け、小さな階段を上って入り口へ。ここはかつて鶴川村の養蚕農家だったところで、1943年、戦争による食糧難を心配した夫妻が、この家を買い取り、移り住みました。

ちなみに武相荘とは、武蔵と相模の境にあるところからきていて、次郎氏が洒落心から無愛想とかけて名付けたそうです。左の建物はガレージとして使われていたのでしょうか。今はカフェとなっていて、次郎氏が乗っていたクラシックカーと同じ型のペイジ(PAIGE)が展示されていました。

2015101602

イギリス留学時代に”カントリージェントルマン”という生き方に共鳴した次郎氏は、この地で農業をしながら中央の政治に目を光らせ、いざ鎌倉という時には駆け付ける...そんな生活を実践していたようです。

それにしても都会育ちの二人が戦後の平和な時代になってもなお生き方を貫かれた、そのゆるぎない信念に驚かされます。今は周囲に農地はなくなり、閑静な住宅街となっていますが、ここだけお二人が暮らした頃の空気がそのまま流れているようです。

2015101603_3

門を入ると別棟が続き、その奥に茅葺屋根のどっしりとした造りの母屋があります。お二人の生活の中心だった場所で、設えや調度、着物や食器の数々を見ることができました。(中は撮影不可なので、画像はネットよりお借りしました。)

Buaiso_3

入ってすぐの土間は、ここだけ洋室として改造されていて、応接用のソファなどが置かれていました。左奥に見える階段から屋根裏に上ったところが、どうやら子供部屋として使われていたようです。次郎氏は日曜大工が得意だったそうで、庭の竹を使って作ったというランプもありました。

Buaiso_5

当時の養蚕農家の伝統的な造りで、家の中は田の字に区切られています。印象に残ったのは奥にある正子夫人の書斎です。三方を書棚に取り囲まれ、北側に文机が置かれた、ほっと落ち着く空間でした。襖はリバーシブルのデザインで、どちらを外側にするかで二人がもめたというエピソードが微笑ましい。

Buaiso_1_2

正子さんが愛した骨董の器や、紬や絣の着物など。きらびやかではない本物の価値がある品々は、大切に使いこまれた味わいがありました。

2015101605 2015101604

母屋の庭先には竹林が広がり、その先は小高い丘となっていて緑の中、楽しく散策できました。

2015101606

母屋の手前に、今年1月にリニューアルオープンしたレストラン&カフェがあります。ランチにはビーフシチューやカレーなど、白洲家で食されていた家庭料理が再現され、夜はコース料理があるそうです。

2015101614_2

コーヒーとチーズケーキでひと休みしました。家庭的な手作りのチーズケーキはほっとするおいしさ。天井が高く、民芸風の外観にマッチするシックで落ち着いた空間にリノベートされていましたが、もとはご夫妻の工作室として使われていたそうです。

2015101608

レストランの手前の建物はもとは納屋でしょうか。階下に農機具が置かれ、2階はクラシックなバーとなっていて、次郎氏愛用のタイプライターなどが展示されていました。バーには、次郎氏がゴルフをする時のモットーだった”PLAY FAST”という名前がつけられています。

2015101610

2015101611_2

2015101612

紅葉にはまだ早かったですが、たわわに実った柿が秋の訪れを告げていました。

|

« マイ・インターン | トップページ | Jour de Marche (ジュー ドゥ マルシェ) »

お出かけ」カテゴリの記事

コメント

セレンさん☆
まあ、なんと!趣のある素敵な処なのでしょう☆
これは是非とも行かねばっ
これから秋の紅葉時期に良さそうですよね。
駅から徒歩15分はやや辛いけど、東京近郊でこの雰囲気は見事です。

娘が小林秀雄→大岡昇平→青山学院→白洲正子という流れで、白洲次郎にも興味があるので、連れて行ったら喜ぶと思います。
カフェも雰囲気が良さそうですよね~

投稿: ノルウェーまだ~む | 2015年10月19日 (月) 15時45分

☆ ノルウェーまだ~むさま ☆
おはようございます。
武相荘、都心から1時間くらいかかりますが
おでかけ気分で是非。
季節の移ろいを感じつつ、豊かな時間がすごせる場所でした。
四季折々の自然が楽しめそうですが、紅葉もきっとみごとでしょうね。

正子さんの書斎には、小林秀雄さんの著作もずらりと並び
お嬢様もきっと喜ばれると思います。
レストラン&カフェもほっと落ち着く空間でしたよ。

投稿: ☆ ノルウェーまだ~むさま ☆ | 2015年10月20日 (火) 08時52分

白洲次郎も白洲正子も憧れの人です。
義母の希望で、以前ここに連れて行ったことがあるのですが
私はその時、別の用があって中には入らなかったのです。
その内行こうと思っているうちに今日に至ってしまいました。
夫はまるで興味がないようで…

投稿: zooey | 2015年10月22日 (木) 20時13分

☆ zooeyさま ☆
こちらにもありがとうございます。

白洲次郎・正子さん、すてきなご夫婦ですよね。
私は思いが強すぎて、かえって行く機会を逸していました。
この日はコストコのあとに、たまたま話題にのぼって
急に行こうということになり...
私としては心の準備ができていなかったのですが
やはり訪れてみてよかったです☆

投稿: ☆ zooeyさま ☆ | 2015年10月23日 (金) 10時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1151970/62074323

この記事へのトラックバック一覧です: 旧白洲邸 武相荘:

« マイ・インターン | トップページ | Jour de Marche (ジュー ドゥ マルシェ) »