« アークヒルズ 秋のルーフガーデン2015 | トップページ | アメリカン・ドリーマー 理想の代償 »

ピエロがお前を嘲笑う

映画の感想が滞っていますが、思い出しながら少しずつアップしていきます。まずは、内気な天才ハッカーがはからずも危険な事件に巻き込まれていくドイツ発のサスペンス映画、「ピエロがお前を嘲笑う」(Who Am I - Kein System ist sicher / WhoAmI)から。

Who_am_i_6

数々のハッキング事件で世間を騒がせ、ついに殺人事件で指名手配された天才ハッカー ベンヤミン(トム・シリング)が警察に出頭してきます。彼は、自ら結成したハッカー集団CLAYが盗んだ情報によって仲間が消され、次は自分が命を狙われていると訴えますが...。

Who_am_i_3

昨年ドイツで大ヒットし、ハリウッドでのリメイクが決定している話題作です。監督は本作が2作目の長編映画となる新鋭バラン・ボー・オダー。ドイツ発のサイバーサスペンスというのに惹かれ、期待して見てみました。

最後に衝撃を受けるほどの大どんでん返しのある映画をマインドファック・ムービーというそうです。この手の作品のセオリーとして、黒幕はなんとなく予測がつくなーと思いながら見ていましたが、結末までの二転三転する展開に、惑わされつつ楽しめました。

Who_am_i_2_2

邦題は、ベンヤミンたちが作ったハッカー組織CLAY(=Clowns Laugh At You)から来ています。CLAYのメンバーは不気味なピエロのマスクをかぶっていて、まるで実在するハッカー組織アノニマスみたい。

とはいえ彼らに政治的、思想的な信条はなく、大金をいただこうという企みもない。ただ堅牢なシステムを破ることで、自分の力を見せつけたい、というのは気持ちとしてはわからなくもないのですが、やっていることはまるで子どものいたずらなのです。

おもしろいと思ったのは、ドイツ語と英語の使い分け。犯行声明もそうでしたが、ドイツの若者は、”自分ではない誰か”を演出する時に英語を使うのかな?と想像しました。

Who_am_i_5

サイバースペースでのやり取りを、地下鉄の車中を使って実写?に見立てているのもユニークな演出でした。映像を見るとネット界のカリスマMRXは男性なのですが、実際には(目に見えないので)年齢も性別もわからないわけで、実は女性かも?と深読みしながら見ていました。

Who_am_i_4

ベンヤミンの初恋の女性マリを演じるのは、「4分間のピアニスト」のハンナー・ヘルツシュプルンク。捜査官役をスサンネ・ビア監督作品でおなじみのデンマークの女優、トリーヌ・ディルホムが演じていたのが思いがけないサプライズでした。

|

« アークヒルズ 秋のルーフガーデン2015 | トップページ | アメリカン・ドリーマー 理想の代償 »

映画」カテゴリの記事

コメント

セレンさん☆
しばらく更新なかったので心配しておりました~

この映画は相当グロくて怖いお話なのかと勝手に思っていましたが、そうでもなさそうですね?
セレンさんが楽しめたのなら、私も観てみようかな??もう終わっちゃったかしら?

投稿: ノルウェーまだ~む | 2015年11月 5日 (木) 23時28分

こんばんは!

別の方のブログでもこの作品の感想記事読ませていただきましたが面白そうですね!
この手の作品は、ほとんど英語圏の作品がメインで公開されるので、ドイツ映画っていうのが興味をそそりますね。

ピエロのマスクっていうとどうしても猟奇的な怖いイメージがありますが、そういう作品じゃないみたいですね~。

劇場はムリだと思いますが、DVDになったら見てみたいな~。happy01

私、「ジョン・ウィック」が見たいんですけど、時間がとれなくて、なかなか行けません。(涙)

投稿: ごみつ | 2015年11月 6日 (金) 02時01分

☆ ノルウェーまだ~むさま ☆
おはようございます。
ご心配おかけしました~
お休み中、いろいろ予定があって時間がとれずにいました。><

ピエロのマスクが不気味に見えますが、全然怖くなかったですよ。^^
マインドファックというのは少々おおげさかな?と思いますが
まあまあ楽しめました。
ハリウッド版がどんな風になるのか気になります♪

投稿: ☆ ノルウェーまだ~むさま ☆ | 2015年11月 6日 (金) 08時08分

☆ ごみつさま ☆
おはようございます。
サイバーものはわりと好きですが
ドイツ発というのがめずらしいなーと思って見てみました。
ある意味、青春映画でもあるのかな...?
現代の若者を描いたドイツ映画ってあまり日本に来ないので
なかなか興味深かったです。

ピエロのマスクが不気味ですが、全然怖くないですよー
ネットの中の覆面社会を象徴しているのかなーとも思います。

ジョン・ウィック、見れるといいですね~☆

投稿: ☆ ごみつさま ☆ | 2015年11月 6日 (金) 08時19分

こんにちは。TBとコメントをありがとうございました。
トリ―ヌ・ディルホムは本当に素敵な女優さんですよね。私、とても好きなのです。
で、今回彼女がある種の母親目線というか、慈愛をもって(もしかしたら憐憫かも…)ベンヤミンに接することに感情が変わって行ったのが、あの結論に繋がるのい゛はないか、と思いました。

投稿: ここなつ | 2015年11月 6日 (金) 12時33分

こんばんは。

ホントにとても面白いサイバーサスペンスでした。
この映画はかれこれ2ヶ月も上映しているんですね。
今年はドイツ映画の上映が多いように思えます。
現代物のドイツ映画ってとてもステイリッシュで大好きです。
ベンヤミンと捜査官ハンネのやり取りと言うのか関係がナイスでした。

投稿: margot2005 | 2015年11月 6日 (金) 23時33分

☆ ここなつさま ☆
こんにちは。
トリーヌ・ディルホム、すてきな女優さんですね。
あの中性的な魅力がひょっとしたらドイツ人好みなのかな?
と推察しました。^^

ここなつさんのレビューを拝見して...
なるほど、ラストでの彼女の微笑みは母なる愛を
意味していたのかもしれませんね。

投稿: ☆ ここなつさま ☆ | 2015年11月 7日 (土) 11時33分

☆ margot2005さま ☆
こんにちは。
この作品、まだ上映しているようですね。
(私が見たのは1ヵ月前ですが、記事にするのが遅くなりました。^^;)

スピード感のある展開や映像や音楽の使い方など
なかなか刺激的で楽しめました。
ベンヤミンとハンネの駆け引きもよかったですね。

投稿: ☆ margot2005さま ☆ | 2015年11月 7日 (土) 11時46分

ドイツの映画って、私は観たことがあるかなぁとしばらく考えてしまいました。
ピエロのマスクがちょっと不気味ですね。
猟奇的なサスペンスなのかしら?と思ったら違うようなので私も観てみたいなぁと思いました。

DVD、チェックしてみまーす!

投稿: ruri | 2015年11月 7日 (土) 13時21分

↑あ、投稿しちゃいました(汗)

近くの映画館では上映していないみだいだから、レンタルのDVD待ち・・・ということで、DVDチェックしてみます。

と書きたかったのですが、修正前に投稿してしまいました。
失礼しました。

投稿: ruri | 2015年11月 7日 (土) 13時24分

☆ ruriさま ☆
こんにちは。
ドイツ映画、私もあまり知らないのですが
日本に来るのは、ナチスとか東ドイツの監視社会を描いたものとか
シリアスな作品が多いというイメージだったので
こういうふつうの若者たちを描いた作品がなんだか新鮮でした。

すごくお勧めというわけではないですが
もしご興味がありましたら☆

投稿: ☆ ruriさま ☆ | 2015年11月 7日 (土) 16時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1151970/62315149

この記事へのトラックバック一覧です: ピエロがお前を嘲笑う:

» 「ピエロがお前を嘲笑う」 [ここなつ映画レビュー]
映画宣伝の文句そのままに、私には満足できる作品だった。そこここ粗もあるし、どうかすると「騙す」というよりも「騙そうと思って頑張っている」感が見え隠れする部分はあるものの、それも漲る若い力故、と言うべきなのだろう。ドイツ作品。監督はバラン・ボー・オダー。米バラエティ誌によると、「世界で注目するべき監督10人」の一人である。「ピエロがお前を嘲笑う」とは、「CLAY」ー主人公のベンヤミン(トム・シリング)が属するある集団につけた名前である。その集団とは、一言で言えば「ハッカー」。幼い頃両親を亡くし、祖母と... [続きを読む]

受信: 2015年11月 6日 (金) 12時29分

» ピエロがお前を嘲笑う (試写会) [風に吹かれて]
透明人間 公式サイト http://pierrot-movie.com9月12日公開 ハッカーグループ“CLAY(クレイ)”の天才ハッカーで、殺人事件への関与を疑われて国際指名手配されたベンヤミン(ト [続きを読む]

受信: 2015年11月 6日 (金) 18時06分

» 「ピエロがお前を嘲笑う」 [ヨーロッパ映画を観よう!]
「Who Am I - Kein System ist sicher」2014 ドイツ ある日、国際使命手配されている天才ハッカー、ベンヤミンが警察に出頭してくる。やがて彼はユーロポール(欧州刑事警察機関)の捜査官ハンネに語り始める… ベンヤミンに「ルートヴィヒ/2012」「コーヒーをめぐる冒険/2012」のトム・シリング。 マックスに「THE WAVE ウェイヴ/2008」のエリアス・ムバレク。 シュテファンに「es [エス]/2002」「SOUL KITCHENソウル・キッチン/... [続きを読む]

受信: 2015年11月 6日 (金) 23時23分

» ピエロがお前を嘲笑う [銀幕大帝α]
WHO AM I - KEIN SYSTEM IST SICHER/WHO AM I 2014年 ドイツ 106分 サスペンス/犯罪 PG12 劇場公開(2015/09/12) 監督: バラン・ボー・オダー 脚本: バラン・ボー・オダー 出演: トム・シリング:ベンヤミン エリアス・ムバレク:マックス ヴォータン・ヴ...... [続きを読む]

受信: 2016年1月11日 (月) 21時20分

» ピエロがお前を嘲笑う (Who Am I - Kein System ist sicher) [Subterranean サブタレイニアン]
監督 バラン・ボー・オダー 主演 トム・シリング 2014年 ドイツ映画 106分 サスペンス 採点★★★★ 「ホギャー!」と産まれた子供が高校に行き始めるくらいのパソコン歴を持ってるんですけど、未だにパソコンのことはチンプンカンプンな私。何が起こるか分からな…... [続きを読む]

受信: 2016年1月29日 (金) 14時20分

« アークヒルズ 秋のルーフガーデン2015 | トップページ | アメリカン・ドリーマー 理想の代償 »