« アメリカン・ドリーマー 理想の代償 | トップページ | サヨナラの代わりに &ガーデンプレイスのクリスマス »

アクトレス ~女たちの舞台~

ジュリエット・ビノシュ、クリステン・スチュワート、クロエ・グレース・モレッツが競演するヒューマンドラマ、「アクトレス ~女たちの舞台~」(Sils Maria / Clouds of Sils Maria)を見ました。

Sils_maria_2

大女優のマリア(ジュリエット・ビノシュ)は、新進気鋭の演出家から、彼女の出世作となった舞台「マローヤの蛇」のリメイク版に出演してほしいと依頼されます。彼女はかつてその作品で若きシグリットを演じてスターになりましたが、今度はシグリットに翻弄されて自殺する年長者ヘレナを演じて欲しいというのです。

シグリットを演じるのは、ハリウッドで人気急上昇中の新進女優ジョアン(クロエ・グレース・モレッツ)。このオファーを受けるべきかためらうマリアに、腹心のマネージャー ヴァレンティン(クリステン・スチュワート)は是非出るべきだと背中を押しますが...。

Sils_maria_3

フランスの名優ジュリエット・ビノシュに、ハリウッドで今勢いに乗っている人気若手女優のクリステン・スチュワートとクロエちゃん。一見バラバラに思える組合せですが、三者三様の魅力が楽しめました。

この映画では、円熟した大女優が世代交代の現実に直面して葛藤し、その壁を乗り越えようとするまでが描かれています。女優に限らず、誰しも人生の折り返し地点を意識する瞬間ってあるもの。これは見る人によってさまざまな解釈のできる、考えさせられる作品だと思いました。

Sils_maria_6

最初は、マリアが年長者の役を依頼されてショックを受ける、という設定に違和感を覚えたのです。年齢を重ねてますます魅力的になっている女優さんはたくさんいますし、彼女にはこれまで培ってきたキャリアという自信があるはずだと思ったから。

でも、マリアにとって「マローヤの蛇」は、自分が一番輝いていた頃に演じた、特別に思い入れのある作品だったのでしょう。彼女がシグリットを演じた時、ヘレンに対して哀れみを感じていたので、今度は自分がその役を演じるということが、どうしても受け入れられないのだと思いました。

Sils_maria_5

ジョアンは奔放な言動でゴシップ誌をにぎわしている若手女優。ヴァレンティンはそんなジョアンを高く評価し、人気だけでなく実力も兼ね備えている女優だと力説しますが、マリアにとっては理解を超えるぶっ飛んだ存在で、心中は複雑だったに違いありません。

映画は、マリアとヴァレンティン、そしてマリアとジョアンの関係を、「マローヤの蛇」という劇になぞらえつつ、幾重にもからみ合う入れ子のような構造になっていて、それが物語を味わい深いものにしていました。

ジョアンが出演しているのがいかにもチープなSF映画だったことに、フランスがアメリカを皮肉っているのをチクリと感じました。そのアメリカもかつて日本の経済成長に脅威を抱いた時代があり、今や日本も、新興国の隆盛に心穏やかではないものを感じている...

諸行無常のこの世界で、国と国との関係におきかえてみると、世代交代を受け入れることの難しさにもしっくりくるものを感じました。

Sils_maria_7

Sils_maria_9

舞台となったシルス・マリアは、スイス南東部、サン・モリッツから車で30分ほどのところにある山岳リゾート。マローヤの蛇はこの地で見られる気象現象で、谷間をうねりながら流れる雲は、抗うことのできない運命のようにも感じられ、美しくも神秘的な怖さがありました。

|

« アメリカン・ドリーマー 理想の代償 | トップページ | サヨナラの代わりに &ガーデンプレイスのクリスマス »

映画」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

重厚なる人間ドラマの中の、ジュリエット・ビノシュ、クリステン・スチュワート、クロエ・グレース・モレッツの競演が素晴らしかったです。
ジュリエット・ビノシュの貫禄はさすがです。生ビノシュってあの感じなのかな?なんて想像しました。
「マローヤの蛇」になぞらえて描かれるマリアとヴァレンティンがスゴく良かったです。
そうそうフランスはハリウッドを皮肉くってましたね。
以前エマニュエル・べアールがハリウッド映画一本の製作費でフランスなら10本作れるなんてコメントしていたのを思い出します。

投稿: margot2005 | 2015年11月12日 (木) 20時33分

セレンさん☆
主役級の大物女優を贅沢に使ってますね~
クロエちゃんがすっかり女らしくなってます。
誰にも共通する世代交代を受け入れなくてはならない辛さ、栄枯盛衰のもの悲しさがあるようですね。
ノーマークの映画でした。

投稿: ノルウェーまだ~む | 2015年11月12日 (木) 22時27分

☆ margot2005さま ☆
こんにちは。
ビノシュ、スチュワートにクロエちゃん、一見ばらばらな組合せですが
みごとなアンサンブルを奏でていましたね。
久しぶりにジュリエット・ビノシュの演技も堪能しました。
この作品では終始深刻な表情でしたが
シルスマリアで劇作家の遺品を受け取る時に見せた満面の笑みに救われました。
クリステン・スチュワートも大女優を相手に一歩も引かない
見事な演技で魅せてくれましたね。
>ハリウッドを皮肉って
クロエちゃんがいかにも...な映画を
パロディっぽく演じていたのがおかしかったです。^^

投稿: ☆ margot2005さま ☆ | 2015年11月13日 (金) 10時22分

☆ ノルウェーまだ~むさま ☆
こんにちは。
3人の女優さんのそれぞれの個性が生かされていて
みごとな競演が楽しめました。
クロエちゃんはかわいすぎて悪女には見えませんが^^
ハリウッドの人気若手女優という等身大の役どころを
魅力的に演じていましたよ。
若い頃は残酷で、知らず知らずのうちに人を傷つけることがありますが
年を重ねて自分がその立場になってからようやくそのことに気づくのでしょうね。
考えさせられる作品でした。

投稿: ☆ ノルウェーまだ~むさま ☆ | 2015年11月13日 (金) 10時38分

こんばんは。cherry

映画を見ていないので違うかも知れませんが、記事を読ませていただいて、「イブの総て」を思い出しました。

「イブの総て」も、一流女優だった主人公が、付き人だった若手に大きな役をもっていかれてしまう内容で、そのストーリーをメインに役者の新旧交代劇の悲哀、あわせて人間としての幸福とは何かを描いてたんですよね。

「アクトレス」、メインキャストの女優さん3人も豪華だし、すごく面白そうです。
私もいずれ見てみますね~~。happy01

投稿: ごみつ | 2015年11月16日 (月) 01時05分

☆ ごみつさま ☆
おはようございます♪

さすが、ごみつさんはよくご存知ですね。
この作品を通じて、あとから「イヴの総て」のことを知り
ちょうどDISCASで借りたところです!(今、手元にあります)

まったく同じというわけではないようですが
テーマとしてはきっと通じるところがあるのでしょうね。
見るのがとても楽しみです☆

投稿: ☆ ごみつさま ☆ | 2015年11月16日 (月) 08時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1151970/62418064

この記事へのトラックバック一覧です: アクトレス ~女たちの舞台~:

» 「アクトレス ~女たちの舞台~」 [ヨーロッパ映画を観よう!]
「Clouds of Sils Maria」2014 フランス/ドイツ/スイス ヴァレンティンはチューリッヒに向かう特急列車の中で常に携帯電話で話している。彼女は大女優マリア・エンダースの個人秘書でマリアのスケジュール調整におおわらわなのだ。マリアは自分を発掘してくれた劇作家、ヴィルヘルム・メルヒオールの代わりに、彼の功績を称える賞を受け取るためチューリッヒに向かっている。ヴァレンティンは私生活においてもマリアを助けなくてはならない存在。そんな折、ヴィルヘルム・メルヒオールが71歳で亡くなった... [続きを読む]

受信: 2015年11月12日 (木) 20時21分

» アクトレス〜女たちの舞台〜 [映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜]
評価:★★★★【4点】(09) 清楚で奥ゆかしく、それでいて大胆な演出に翻弄されたワタシ。 [続きを読む]

受信: 2015年11月15日 (日) 22時45分

» アクトレス 女たちの舞台 [映画的・絵画的・音楽的]
 『アクトレス 女たちの舞台』を新宿シネマカリテで見ました。 (1)ジュリエット・ビノシュが出演する映画だというので映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭はスイスを走る列車の中。  大女優マリア(ジュリエット・ビノシュ)の個人秘書のヴァレンティン(...... [続きを読む]

受信: 2015年11月20日 (金) 06時37分

» 女優の性 [笑う社会人の生活]
6日のことですが、映画「アクトレス 〜女たちの舞台〜」を鑑賞しました。 有能なマネージャーのバレンティーヌと二人三脚で仕事をこなす大女優マリアは出世作のリメイクのオファーを受ける しかしかつて演じた若き美女ではなくヒロインに振り回される中年上司役だった ...... [続きを読む]

受信: 2015年11月30日 (月) 00時33分

» アクトレス〜女たちの舞台〜★★★.5 [パピとママ映画のblog]
『クリーン』などで知られるオリヴィエ・アサイヤス監督が、華やかな世界に生きる女優の光と影を描いた人間ドラマ。自身の出世作の再演でヒロインではなく年配女性の役を依頼された大女優の葛藤を、オスカー女優ジュリエット・ビノシュが体現する。彼女を支えるマネージャ...... [続きを読む]

受信: 2016年1月 3日 (日) 18時59分

« アメリカン・ドリーマー 理想の代償 | トップページ | サヨナラの代わりに &ガーデンプレイスのクリスマス »