« クリスマスの食卓 2015 | トップページ | BAREBURGER と、年末のあれこれ »

神田須田町界隈と、かんだやぶそば

マーチエキュート神田万世橋 からの続きです。マーチエキュートでは、かつて万世橋駅界隈が賑わっていた頃の様子を、ジオラマで見ることができました。

2015122701

(照明が反射していて失礼しますsweat01

手前が神田川に架かる万世橋。神田川に沿って右に続くレンガ造りの建物が、中央本線の高架橋で、現在マーチエキュートになっているところです。その奥に万世橋駅の駅舎が見えます。

この界隈は江戸時代から賑わっていましたが、1912(明治45)年に中央本線ターミナルの万世橋駅が開業し、東京屈指の繁華街となったそうです。

2015122702

上のジオラマを反対側から見たところです。重厚壮麗なレンガ造りの万世橋駅は、東京駅と同じく辰野金吾氏の設計です。駅前広場には、日露戦争の英雄、廣田武夫と杉野孫七の銅像が建ち、手前の須田町交差点は、市電のターミナルとなっていました。

しかし1919(大正8)年に中央本線が東京駅まで開通したことで、万世橋駅の乗降者数は減り、さらに関東大震災で駅舎が焼失してしまいました。1936(昭和11)年には跡地に交通博物館ができましたが、2006年にさいたま市への移転にともない閉館。現在、跡地はJRのオフィスビルとなっています。

          train          train          train

旧須田町交差点界隈は、今はかつての賑わいはありませんが、木造の趣のある家並みが残っていて、当時の面影を見ることができました。

2015122703_2

あんこう鍋のいせ源さん

2015122704_2

甘味処の竹むらさん

2015122705

1880(明治13)年創業のかんだやぶそば(神田藪蕎麦)さん。池波正太郎さんのエッセイなどで知られる名店です。関東大震災後に建てられた趣のある木造家屋は2013年に火災で焼失し、2014年に建替えられました。右に見える看板は、焼け残ったものをそのまま使っているそうです。

お昼がサンドウィッチだけでおなかがすいたというので、ここで軽くお蕎麦を食べていくことになりました。食事には中途半端な時間だったので待たずにすぐに入れましたが、広い店内はほぼ満席で活気があふれていました。
bottle かんだやぶそば HP

2015122706_2

お蕎麦の前に軽く日本酒をいただきました。突出しの唐辛子味噌をなめながら、かまぼこと鴨ロースをつまみます。

2015122707_3

しばしゆっくりくつろいでから、せいろうそばをいただきました。私は1枚ですが、量が少なめなので2枚、3枚といただく方もいらっしゃいます。濃い目のおつゆに軽くつけてつるりといただくと、さっぱりとしたのど越しが心地いい。ほのかな緑色も美しく、上品なお味でした。

広々と開放感のある店内を忙しく行きかう店員さんたちのきびきびした動きや、威勢のいいかけ声も気持ちよく、老舗のお味を堪能しました。

|

« クリスマスの食卓 2015 | トップページ | BAREBURGER と、年末のあれこれ »

お出かけ」カテゴリの記事

グルメ」カテゴリの記事

コメント

セレンさん☆
クリスマスから一転、和風の趣がいいですね!
神田あたりに、こんなに風情のある日本家屋がまだまだ沢山あるのですね。
老舗の蕎麦屋でさらりといただくなんと粋な事でしょう☆

それにしても、昨年我が家で旧「野火」をクリスマスに見たこと、よく覚えていてくださいましたね。
私も忘れていたくらいなのに~~(爆)

投稿: ノルウェーまだ~む | 2015年12月28日 (月) 18時03分

☆ ノルウェーまだ~むさま ☆
こんばんは。
この日はクリスマスと年越しをいっぺんに味わいました。^^
この一角だけ明治の趣が残っていてタイムワープしたみたいでした。
東京駅ができる前は、このあたりが一大繁華街になっていた
というのも驚きました。
今はすぐそばまで秋葉原の電気街が迫っていて
様子はすっかり一変していますけれどね...

クリスマスに野火、インパクトがあったので覚えていたんですよ。^^

投稿: ☆ ノルウェーまだ~むさま ☆ | 2015年12月29日 (火) 21時57分

こんばんは!cherry

この日は、ビールも飲んで、日本酒も飲まれたんですね~。
鴨ロースも美味しそうですが、奥に見えてる板わさもグッド!
前の記事のサンドイッチも美味しそうでしたが、お蕎麦、良いですね~~。

ホント、池波正太郎の世界!

ジオラマも可愛いですね。時間が出来たら早速、マーチエキュート行ってみたいです。happy02

投稿: ごみつ | 2015年12月30日 (水) 00時00分

☆ ごみつさま ☆
こんにちは。
そうなんです。この日は思いがけずに
ビールと日本酒をいただいてしまいました。^^
どちらも”少々”ですけどね。wink
板わさ、おいしかったですよ。ここは卵焼きはないんですね。
お蕎麦と老舗の雰囲気を堪能しました。

ジオラマ、当時の様子がひと目でわかって興味深かったです。
思えば、神田~御茶ノ水界隈は昌平坂学問所とか神田明神とか
江戸の名所がそこここに残っていますね。

投稿: ☆ ごみつさま ☆ | 2015年12月30日 (水) 10時46分

神田の藪そばといえば、下足番の爺さんの態度の悪いので有名でしたが、もういないみたいですねぇ。バブル期は、給仕のおばさんたちも、えらく高飛車で、厭な店として悪名をはせたものです。
でも、建て替えた後は、接客も良くなったとも聞いています。かれこれ10年以上、足を運んでいません。繁忙期を終えたら、一度食べにいってみましょうかね。店員は変わっても、あの味は変わって欲しくないものです。

投稿: ヌマンタ | 2015年12月31日 (木) 13時11分

☆ ヌマンタさま ☆
あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いします。

神田藪蕎麦さん、建物が新しく建て替えられたのは残念ですが
おそばはおいしくいただきました。
今の時代、老舗といえども接客のよくないところは
受け入れられないでしょうね...
機会がありましたら是非足を運んでみてください。

投稿: ☆ ヌマンタさま ☆ | 2016年1月 1日 (金) 22時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1151970/63182004

この記事へのトラックバック一覧です: 神田須田町界隈と、かんだやぶそば:

« クリスマスの食卓 2015 | トップページ | BAREBURGER と、年末のあれこれ »