« モネ展 @東京都美術館 | トップページ | AKOMEYA厨房 & 007イベント@ソニービル »

黄金のアデーレ 名画の帰還

ヘレン・ミレン主演の実話に基づくヒューマンドラマ、「黄金のアデーレ 名画の帰還」(Woman in Gold)を見ました。監督は、「マリリン 7日間の恋」のサイモン・カーティス。
art 黄金のアデーレ 名画の帰還 公式HP

Woman_in_gold_1

1998年。ロサンゼルスに住むマリア・アルトマン(ヘレン・ミレン)は、亡くなった姉が、戦争中にナチスに奪われた絵画の返還を求めて、オーストリア政府に訴えを起こしていたことを知ります。それはクリムトが描いた叔母の肖像画で、家族の思い出のつまった大切な作品でした。

姉の思いを継ぎ、家族の絆を取り戻そうと、マリアは同郷の友人の息子で弁護士をしているランディ(ライアン・レイノルズ)の助けを借りて、裁判を起こすことを決意しますが...。

Woman_in_gold_2

クリムトの名画にまつわる物語と、ヘレン・ミレンの演技を楽しみに見ました。映画は、マリアとランディが二人三脚で絵画の返還のために奮闘する過程を、マリアの家族の運命と波乱の人生を織り交ぜながら描いています。

現代と過去、ロサンゼルスとウィーン、時空を超えて紡ぎだされる重厚なドラマに引き込まれました。ウィーンの名家に生まれたマリアを演じる、ヘレン・ミレンの凛とした強さを感じさせる演技に圧倒されました。

Woman_in_gold_5

裕福で愛情に満たされていた少女時代。そしてオペラ歌手アルトマン氏との結婚。しかし幸せな時代は長く続かず、ユダヤの名家だったマリアの家にナチスが来て、美術品や宝飾品の数々、父が愛用していたストラディバリウスのチェロもすべて奪われてしまいます。

そして気づいた時には国外に逃げ出すこともできなくなっていました。なんとか2名分の飛行機チケットを手に入れたマリアは、断腸の思いで両親に別れを告げて、夫とふたりアメリカへの亡命を果たすのでした。

Woman_in_gold_11

絵のモデルである叔母のアデーレはナチスドイツ時代の前に亡くなっていて、この肖像画をオーストリア・ギャラリーに寄付すると遺言を残していました。法的に所有権があるとはいえ、マリアがどうしてこの絵を祖国から引き離そうとするのか、最初は正直理解できない部分がありました。

でもマリアにとって、ナチスによる迫害以上に、祖国の政府や隣人たちの裏切りが、何より大きな心の傷として残ったのでしょう。そして祖国を捨て、亡命先のアメリカでの人生の方が長くなり、彼女は今では心からユダヤ系アメリカ人として生きているのだと思いました。

最終的にアメリカ政府の力を借りてオーストリアから絵を取り返したことについては、何かとユダヤに肩入れするアメリカの政治的なにおいも少し感じてしまいましたが、ヘレン・ミレンの迫真の演技に、祖国を奪われ、家族を引き裂かれたマリアの慟哭の悲しみが伝わってきて、いつしか彼女を応援しながら見ていました。

Woman_in_gold_12_2

クリムト 「アデーレ・ブロッホ=バウアーの肖像Ⅰ」

ところで、途中でエスティ・ローダーの話が出たあたりから、あれ?と思ったのですが、この絵は2006年からニューヨークのノイエ・ギャラリー(Neue Galerie)にあり、私も2007年に出会っているのです。
art Neue Galerie HP

金色に輝くこの絵画のことはよく覚えていますが、こんな数奇な運命をたどった作品だったとは知りませんでした。

ノイエ・ギャラリーは、クリムトやエゴン・シーレなどのオーストリア、ドイツ美術で知られるこじんまりとした美しい美術館。マリアのウィーンの邸宅にもどこか似ていて、この絵を飾るのにふさわしい空間です。故郷を遠く離れてしまったアデーレですが、マリアの決断を快く理解していると信じます。

art ノイエ・ギャラリー (2007/06)
cafe Cafe Sabarsky (ミュージアム・カフェ) (2007/06)

|

« モネ展 @東京都美術館 | トップページ | AKOMEYA厨房 & 007イベント@ソニービル »

映画」カテゴリの記事

コメント

感想文、お待ちしていました。

>ナチスによる迫害以上に、祖国の政府や隣人たちの裏切りが、何より大きな心の傷として残ったのでしょう

私もそれを思いました。
だからマリアはあんなにも頑なになったのでしょうね。

リンク先の日記も拝見しました。
ノイエ・ギャラリー、メトロポリタンの近くにあったのですね。
この夏NYに行った時には気がつかずに、惜しいことをしました。
一階のカフェも素敵!
ウィーンのザッハトルテは、私には甘すぎたのですが
こちらは美味しそうです。

投稿: zooey | 2015年12月14日 (月) 21時46分

セレンさん☆
実物をご覧になっていらっしゃったなんて羨ましいです。
こちらのギャラリーのやはり目玉になっているのですね。
どこかマリアの邸宅に似ているとか、オーストリア美術を集めたギャラリーと伺ってすっかり納得しました。
セレンさんのお蔭でスッキリです♪
そしてギャラリーのカフェも本当に素敵~~
ギャラリーのカフェで朝食なんて、夢のまた夢ですわ☆

投稿: ノルウェーまだ~む | 2015年12月14日 (月) 22時06分

こんばんは。

>法的に所有権があるとはいえ、マリアがどうしてこの絵を祖国から引き離そうとするのか....
わたしもそれはスゴく感じましたね。
そしておっしゃるように彼女はアメリカ人(ユダヤ系)という現在の自分の境遇から、是が非でもアメリカに置いておきたかったのかも知れません。

本物をご覧になったとは実に羨ましいです。とびきりゴージャスなクリムトの画。本物はさぞかし迫力があるかと想像します。

投稿: margot2005 | 2015年12月15日 (火) 00時15分

☆ zooeyさま ☆
ありがとうございます。

zooeyさんも書かれていましたが、こういう戦争時での
民衆の変わりようは恐ろしいものがありますね。

リンク先の記事も見てくださって恐縮です。
クリムトのアデーレ、すばらしかったのですが
こういうエピソードを知っていたら、もっと感慨深く
見ることができたのに...と惜しいです。
カフェもすてきでしたよー
万事におおざっぱなアメリカと違って
ここだけヨーロッパの空気が流れていました。

投稿: ☆ zooeyさま ☆ | 2015年12月15日 (火) 08時38分

☆ ノルウェーまだ~むさま ☆
おはようございます。

私も、ここでクリムトの絵画を見たことは覚えていたのですが
それが黄金のアデーレだったなんて...
恥ずかしながら映画を見て思い出しました。^^;
あの空間を思い出し、ここならアデーレも
きっとマリアの気持ちを汲み、喜んでくれるのでは...と納得しました。

カフェもすてきでしたよー
今思えば、ドイツやオーストリアからの移民の方たちの
サロン的な場所だったのかもしれません。

投稿: ☆ ノルウェーまだ~むさま ☆ | 2015年12月15日 (火) 08時51分

☆ margot2005さま ☆
おはようございます。

マリアはオーストリア人である前にユダヤ人であり
彼女たちを受け入れてくれたアメリカに感謝しているのでしょうね。
映画の中で、どうしてもウィーンの地を踏みたくない
ドイツ語も話したくない、と表現されていましたが
それだけ彼女の心は深く傷ついたということなのでしょう。

クリムトのアデーレ、すばらしかったですが
映画で描かれていたエピソードを知っていたら
もっと感慨深く見ることができたのに...と惜しいです。

投稿: ☆ margot2005さま ☆ | 2015年12月15日 (火) 09時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1151970/62912225

この記事へのトラックバック一覧です: 黄金のアデーレ 名画の帰還:

» 黄金のアデーレ 名画の帰還 [象のロケット]
1998年、アメリカ・ロサンゼルス。 小さなブティックを経営するユダヤ人女性、マリア・アルトマンは82歳。 彼女は故郷のオーストラリア政府に、ナチスに没収された伯母の肖像画の返還を求めようとしていた。 それは評価額約1億ドル(100億円)以上と言われるクリムトの名画。 返還は不可能と思われたが、マリアは友人の息子で弁護士のランディ・シェーンベルクに訴訟を依頼することに…。 実話から生まれたヒューマンドラマ。... [続きを読む]

受信: 2015年12月14日 (月) 19時51分

» 「黄金のアデーレ 名画の帰還」☆感動のポイント [ノルウェー暮らし・イン・原宿]
ヘレン・ミレンは言うまでもなく見事だ。 眉の動き、目の表情、シワのひとつまでもが感情を表す。 この彼女の演技力を持ってして、初めて成り立つ物語。 勿論、脚本もいいしライアンの弁護士も立派だったし、名画の他ゴージャスな衣装・小物も素晴らしいのだけれど。... [続きを読む]

受信: 2015年12月14日 (月) 21時49分

» 「黄金のアデーレ 名画の帰還」 [ヨーロッパ映画を観よう!]
「Woman in Gold」2015 UK グスタフ・クリムトの名画“黄金のアデーレ”の数奇な運命を描いた実話ベースの感動のドラマ。 マリア・アルトマンに「マダム・マロリーと魔法のスパイス/2014」のヘレン・ミレン。 ランディ・シェーンベルクに「あなたは私の婿になる/2009」「グリーン・ランタン/2011」「デンジャラス・ラン/2012」「ハッピー・ボイス・キラー/2014」「白い沈黙/2014」のライアン・レイノルズ。 記者フベルトゥス・チェルニンに「天使が消えた街/20... [続きを読む]

受信: 2015年12月15日 (火) 00時00分

» 黄金のアデーレ  名画の帰還 Woman in Gold [映画の話でコーヒーブレイク]
クリムトの絵は金箔に彩られ妖しく、セクシーでゴージャスです。     まずは「接吻」   アデーレ・ブロッホ=バウアーの肖像? アデーレ・ブロッホ=バウアーの肖像? 本作は真ん中の「アデーレ・ブロッホ=バウアーの肖像?」を巡る物語。 個人所有の絵画がナチスに...... [続きを読む]

受信: 2015年12月15日 (火) 00時17分

» 黄金のアデーレ 名画の帰還 (東京国際映画祭にて) [風に吹かれて]
あの日オーストリアで 公式サイト http://golden.gaga.ne.jp11月27日公開 実話の映画化 監督: サイモン・カーティス  「マリリン 7日間の恋」 1998年、カリフォルニアで [続きを読む]

受信: 2015年12月16日 (水) 13時44分

» TIFF 黄金のアデーレ 名画の帰還 10/24 [まぜごはん]
順不同ですが、東京国際映画祭で観ました 「黄金のアデーレ 名画の帰還」 上映前に舞台挨拶があって、サイモン・カーティス監督+主演のヘレン・ミレンさん登場。そのオーラに圧倒されました。 そこへ黄金の花束をもって現れたゲストは石坂浩二さん。ゴージャスな空間...... [続きを読む]

受信: 2015年12月16日 (水) 21時35分

« モネ展 @東京都美術館 | トップページ | AKOMEYA厨房 & 007イベント@ソニービル »