« 春節前の横浜中華街 | トップページ | ブラック・スキャンダル »

オデッセイ

リドリー・スコット監督、マット・デイモン主演のSF映画、「オデッセイ」(The Martian)を見ました。アンディ・ウィアーのベストセラーウェブ小説、「火星の人」を映画化。
bud オデッセイ 公式HP

The_martian_1

火星での有人探査中、突然の嵐に吹き飛ばされ、アンテナが刺さったまま行方不明となったワトニー(マット・デイモン)。タイムリミットが迫る中、ルイス船長(ジェシカ・チャステイン)は捜索の中止をやむなく決断、クルーとともに地球に帰ってしまいます。しかしワトニーは、奇跡的に一命を取り留めていました。

ひとり火星に残されたワトニーは、自らケガの治療をし、生き延びるために酸素、水、食料を確保する方法を画策し、旧式の通信手段でNASAとの交信を試みます。やがてワトニーの生存に気づいたNASAは、彼を救出すべく、あらゆる方法を検討しますが...。

The_martian_3_2

公開前は途中で眠くなるタイプの映画かも...と警戒していたのですが、どうやらコメディらしい??と知って楽しみにしていました。SFのファンタジーな展開は苦手ですが、これは火星を舞台に科学の力を駆使したサバイバル映画で、私はとっても楽しめました。

ひとり火星に取り残されたワトニーですが、嘆き悲しむことなく、冷静に自分が置かれた状況を分析し、生き残るために必要な問題をひとつひとつクリアしていきます。人間、追い詰められると眠っていた記憶が呼び起こされることがありますが、それにしても化学反応で水や酸素まで作り出してしまうのだからすごい。

散りばめられた理系ネタにわくわくしましたが、数学専攻としては地味ながら16進法のアスキーコードを使ってNASAにメッセージを送る場面に思わずにやり。あと、懐かしかったのがマーズ・パスファインダー!当時アメリカにいて、連日の報道にわくわくしていた頃の興奮を思い出しました。

残されていたじゃがいもから畑を作ってしまうという発想にびっくりですが、栽培が簡単でエネルギー価が高いので、意外とリアリティがありそうです。将来、火星への有人探査が実現したら、いざという時のために野菜や穀物の種を持っていく、なんてことになるかもしれません。

The_martian_7

ワトニーの生き残りにかける情熱もすばらしいですが、それを支えたのは、なんとしてでも彼を救出しようと奮闘する地球にいるスタッフたちや、予定を変更して命がけで彼を助けることを決意する探査機のメンバーたち。

それぞれの過程で成功する確率が1%だったとしても、最終的にうまくいくのは0.00...1%と可能性は限りなくゼロに近づきますが、実際、過去にアポロ13のような例もありますから、決して不可能ではないはず。

中国が国家機密を投げ打ってまで貢献するという強引な展開には少々しらけましたが、アメリカ映画らしい前向きで、元気をもらえる作品でした。

The_martian_6_2

全編を彩る70年代のディスコサウンドが楽しかった。特にDonna Summerの"Hot Stuff"やGoria Gaynorの"I Will Survive"はリアルタイムで聴いていたので懐かしかったです。ルイス船長のお気に入りということですが、実際より年上という設定でしょうか。姉御肌の彼女のキャラクターに不思議とマッチしていました。

|

« 春節前の横浜中華街 | トップページ | ブラック・スキャンダル »

映画」カテゴリの記事

コメント

こんばんは!

私も「オデッセイ」昨日、見てきました!
考えてみたら、物凄く深刻な事態なのに、とてもライトタッチでコミカルに描かれていて、面白かったですよね。

使われてる曲も良かったです。私は、D・ボウイの「スターマン」が一番気に入りました。happy02

ほぼ一人芝居メインのマット・ディモンの魅力ももちろんですが、船長役のジェシカ・チャスティンもさすがの存在感でした。

火星を舞台にした映画はけっこうありますけど、こんなに明るくて楽しい映画ははじめてです。

投稿: ごみつ | 2016年2月24日 (水) 23時16分

明るく楽しい宇宙の遭難物語と言ったところでしょうか。
先日、2009年公開のザ・ムーンを観ました。
アポロ計画の宇宙飛行士たちが当時の飛行について実際に語る映画ですが、
それぞれの飛行士たちの月に対する思いが熱く伝わってきました。
太陽系の中で地球に最も近い惑星である火星は、月の次に人類が
降り立つ可能性のある星だと思います。
今後が楽しみですね。

投稿: イザワ | 2016年2月25日 (木) 00時22分

☆ ごみつさま ☆
おはようございます。
ごみつさんもご覧になったのですね!
私は先々週に見てきました。
困難な状況を解決していく過程に、パズルをはめ込むような
おもしろさがあって、私もとっても楽しめました。
ワトニーに悲壮感がないのがよかったですね。

使われている音楽もミスマッチのようで意外と考えられていて
スターマンもよかったですね。

ジェシカ・チャステインの船長も男気?があってかっこよかった!
火星がこれほど身近に感じられる作品は初めてで、新鮮でした。

投稿: ☆ ごみつさま ☆ | 2016年2月25日 (木) 07時55分

☆ イザワさま ☆
おはようございます。
この映画、原作はアンディ・ウィアーというエンジニアの方が
Kindleで自費出版した小説で、おもしろくて話題になり
いつの間にかベストセラーになってしまった
という経緯があるそうです。
困難を解決する過程に、なるほどそう来たか!
というおもしろさがあって、楽しめました。
火星が身近に感じられ、わくわくする作品でした。

ザ・ムーンもおもしろそうですね。
ドキュメンタリーが好きなので、是非見てみたいです。

投稿: ☆ イザワさま ☆ | 2016年2月25日 (木) 08時23分

セレンディピティ様

私も少し前に見ました。昔の自然農法を採用している個所でにやり。私の子供のころは一般的でしたからね!!
ところで貴女は数学専攻だったのですね。もっと早くおっしゃいませ。
同級の女性にもそういう人が居ましたし、ただ理系と聞くよりも親しみがわいてきます。

投稿: Bianca | 2016年2月25日 (木) 22時49分

☆ Biancaさま ☆
おはようございます。
Biancaさんもご覧になりましたか!
おもしろかったですね☆
自然農法といい、すべてを無駄なく有効利用していて
究極のエコ生活でしたね。
本来こうあるべきかも...と考えさせられます。
そうそう、私は数学専攻なのですよ。
私の世代ではまだまだ少数派でしたが
Biancaさんのお友達にそういう先輩がいらしたとは心強いです。^^

投稿: ☆ Biancaさま ☆ | 2016年2月26日 (金) 09時01分

セレンさん☆
とーっても面白かったですね!
私もSFはとかく眠くなりがちなのですが、それもこれも難しすぎて何を言ってるのか判らないからなのですけど、数学専攻のセレンさんでも眠くなるならしょうがないですね(笑)
私なんてアスキーコードがどーのこーのも何なのか全く理解できず…(汗)
でも、そこはマット・デイモン演じるワトニーのポジティブさと軽快な音楽で楽しく観れましたね~~

投稿: ノルウェーまだ~む | 2016年2月26日 (金) 16時43分

☆ ノルウェーまだ~むさま ☆
こんにちは。
おもしろかったですね!
SFは宇宙の映像が心地よくて眠くなってしまうのと
あと、ファンタジーな展開が苦手なのです。
でもこの作品は、火星を舞台にはしていますが
リアルな展開で楽しめました。
ワトニーの奮闘ぶりにわくわくしましたし
70年代のディスコミュージックが、不思議とマッチしていましたね☆

投稿: ☆ ノルウェーまだ~むさま ☆ | 2016年2月26日 (金) 17時53分

こんばんは。

この映画は多々ある宇宙ものの中でダントツで良かったですね。コメディっぽい要素も挿まれて面白かったです。
ワトニーが趣味悪いと称した船長の選曲がディスコ・サウンドと言うのもナイスでした。
でもあのサウンドで元気をもらえたのかも?

投稿: margot2005 | 2016年3月 4日 (金) 21時55分

☆ margot2005さま ☆
こんばんは。
今までにないタイプのSF映画でしたね。
火星が身近に感じられ、私もわくわくと楽しめました。

音楽もSFには珍しい選曲でしたが
不思議とワトニーがおかれた状況にマッチしていましたね。
ルイス船長のお気に入り...という設定も妙におかしかったです。^^

投稿: ☆ margot2005さま ☆ | 2016年3月 6日 (日) 00時46分

こんにちは。
「16進法のアスキーコード」…???
サンドイッチマン(コメディアン)の富沢のように「ちょっと何言ってるかわからない」と呟いてしまうのですが、
数学ご専攻だとそんな部分にクスリとできるのですね…
羨ましい限りです。

ところで、
>中国が国家機密を投げ打ってまで貢献するという強引な展開には少々しらけましたが
には同意です。中国はきっとこんな未来には、ナショナリズムを超えたそんな国になったのね、と、鑑賞当時は思っていましたが、…んなわけないですよねぇ。

投稿: ここなつ | 2016年4月13日 (水) 19時04分

☆ ここなつさま ☆
おはようございます。
この作品、原作がエンジニアの方によるウェブ小説とあって
理系ネタや理系あるあるネタが楽しかったです。
ガリレオやコナンのようでもあり
子どももこういう話って大好きですよね。

高度経済成長期、日本がエコノミックアニマルとして
何かと悪く描かれていたことを思うと、
中国が困った国を助けるヒーローとして描かれていたのが
なんとも複雑な思いでした。

投稿: ☆ ここなつさま ☆ | 2016年4月14日 (木) 08時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1151970/64067937

この記事へのトラックバック一覧です: オデッセイ:

» オデッセイ3D ★★★★ [パピとママ映画のblog]
『グラディエーター』などのリドリー・スコットがメガホンを取り、『ボーン』シリーズなどのマット・デイモンが火星に取り残された宇宙飛行士を演じるSFアドベンチャー。火星で死亡したと思われた宇宙飛行士が実は生きていることが発覚、主人公の必死のサバイバルと彼を助...... [続きを読む]

受信: 2016年2月24日 (水) 22時35分

» オデッセイ (試写会) [風に吹かれて]
ディスコミュージックで乗り切れ 公式サイト http://www.foxmovies-jp.com/odyssey2月5日公開 原作: 火星の人 (アンディ・ウィアー/ハヤカワ文庫)監督: リドリー・ [続きを読む]

受信: 2016年2月26日 (金) 09時59分

» 「オデッセイ」☆ザ!鉄腕ダッシュ星 [ノルウェー暮らし・イン・原宿]
もはや本業が何なのか判らなくなりつつあるTOKIOのメンバーたちが、華やかな芸能界とかけ離れた離島で、おえっ!となりつつ井戸の掃除をしたり、うへーっ!といいながら正体の分からないものを料理したりしても、ちっとも辛そうでないのは(本当は辛いのかもだけど)、プロ根性は勿論だけど、実際「作り出す喜びが困難を打ち負かす力になる」からなのかも☆... [続きを読む]

受信: 2016年2月26日 (金) 16時45分

» オデッセイ [ごみつ通信]
The Martian 2015年/アメリカ (監)リドリー・スコット (演)マット・デイモン ジェシカ・チャスティン マイケル・ペーニャ ジェフ・ダニエルズ ショーン・ビーン クリステン・ウイグ ケイト・マーラ セバスチャン・スタン アクセル・ヘニー キウェテル・イジョフォー ベネディクト・ウォン ☆☆☆★★★... [続きを読む]

受信: 2016年3月 1日 (火) 20時58分

» 映画:オデッセイ The Martian  シビアなはずの「サバイバルSF」が妙にポジティブ =実は「音楽」映画? [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
ストーリーは超シンプル過ぎるくらいの「一発物」 (火星に探査に行ったクルーのうち、一人だけ取り残され=写真、孤軍奮闘した結果、遂には帰還に成功?) なので、正直どうか?!と事前は思っていた。 ところが見終わって、最初に思ったのは 「流石、リド...... [続きを読む]

受信: 2016年3月 4日 (金) 19時13分

» 「オデッセイ」 [ヨーロッパ映画を観よう!]
「The Martian」2015 USA/UK 火星の有人探査計画“アレス3”は猛烈な砂嵐に見舞われ、早々にミッションを中止することになる。やがて撤収作業を行う中、折れたアンテナの直撃を受け一人の宇宙飛行士マーク・ワトニーが吹き飛ばされてしまう。宇宙船ヘルメス号の船長ルイスはワトニーを助けようとするが強烈な砂嵐に行く手を阻まれ他のクルーの安全を優先して火星から脱出する... マーク・ワトニーに「ミケランジェロ・プロジェクト/2014」のマット・デイモン。 メリッサ・ルイスに「クリムゾ... [続きを読む]

受信: 2016年3月 4日 (金) 21時46分

» 「オデッセイ」 [ここなつ映画レビュー]
気の利いた事を書こうと思ってここまで来てしまいました。でも、結局気の利いた事なんて書けない。メールでもLINEでもそうだけれど、読んだ瞬間「了解しました!」とか「又後日!」と何も考えずに送るのが良いというのが私の持論だ。気の利いた返事を書こうなんて思ったら、負けである。話が逸れたが、そう、この作品については公開から2ヶ月以上も経って尚ロングランでロードショー公開している事が全てを物語っていると思う。劇場予告編の時から次男が「これ絶対観るからね!」と言い置いていた本作。試験とか試合とか様々あってなかな... [続きを読む]

受信: 2016年4月13日 (水) 12時52分

» オデッセイ [象のロケット]
宇宙船ヘルメス号は有人火星探査ミッション<アレス3>の18日目に砂嵐に遭遇し、植物学者マーク・ワトニーが行方不明になってしまう。 必死に捜索したものの、ルイス船長ら5人は撤収を余儀なくされる。 ところがワトニーは生きていた! 砂漠からハブ(人工居住施設)に戻った彼は、わずかな食料しかなく、次のミッション<アレス4>のクルーが火星へやってくるのは4年後であるという事実を知りながらも、必死で生きようとする…。 SFアドベンチャー。... [続きを読む]

受信: 2016年4月15日 (金) 13時09分

» オデッセイ [銀幕大帝α]
THE MARTIAN 2015年 アメリカ 142分 SF/アドベンチャー/コメディ 劇場公開(2016/02/05) 監督: リドリー・スコット 『エクソダス:神と王』 製作: リドリー・スコット 原作: アンディ・ウィアー『火星の人』 出演: マット・デイモン:マーク・ワトニー ジ...... [続きを読む]

受信: 2016年6月23日 (木) 21時25分

« 春節前の横浜中華街 | トップページ | ブラック・スキャンダル »