« オデッセイ | トップページ | リナ・ボ・バルディ展 @ワタリウム美術館 »

ブラック・スキャンダル

ジョニー・デップ主演の実話に基づく犯罪ドラマ、「ブラック・スキャンダル」(Black Mass)を見ました。
shadow ブラック・スキャンダル 公式HP

Black_mass_1

1970年代、サウスボストン。FBI捜査官のコナリー(ジョエル・エドガートン)は、アイリッシュ・マフィアのボスで幼なじみでもあるジミーことジェームズ・ホワイティ・バルジャー(ジョニー・デップ)に、敵対するイタリア系マフィアを駆逐するために手を組むことを持ち掛けます。

ホワイティの協力でイタリア系マフィアは弱体化し、コナリーは順調に出世していきますが、情報提供の見返りに数々の犯罪を見逃されてきたホワイティは次第に絶大な権力を握るようになり、やがてコナリーをも手中に収めていきます...。

Black_mass_9

ジョニー・デップといえば、「ギルバート・グレイプ」「ショコラ」「ブロウ」など、初期の頃は大好きだったのに、「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズやティム・バートン作品以降、だんだん私の好みに合わなくなってきて、最近ではすっかりご無沙汰していました。

今回は演技の評判がよく、また演じるホワイティ・バルジャーが、「ディパーテッド」でジャック・ニコルソンが演じていたマフィアのボスがモデルと知って、急に興味がわいてきたので久しぶりに見てみたくなりました。

ボストンを舞台にした犯罪ものというと、イーストウッド監督の「ミスティック・リバー」やベン・アフレックが監督した「ザ・タウン」などを思い出しますが、ふだんはバイオレンスが苦手>< といいながら、なぜかマフィアものが好きな私には、実話ということもあって興味深く、楽しく見ました。

Black_mass_11

FBI捜査官に幼なじみがいて捜査情報をリークしてくれて、しかも実の弟ビリー(ベネディクト・カンバーバッチ)が州の上院議員とあれば、向かうところ敵なし。恐喝、資金洗浄、麻薬取引とあらゆる悪事を働き、邪魔者や裏切り者を見つければ、すぐさま始末してしまう。

時には白昼堂々、街中で銃殺騒ぎを起こすこともありますが、目撃者がいるはずなのになぜか逮捕されないという...こんなことがまかり通るのか?と思いますが、復讐が怖くて誰も証言できないし、FBIが手をまわして証拠隠滅してしまうのだから捕まるはずがありません。

アメリカのような法治国家でほんの数十年前までこのようなことが平然と行われていたという事実に驚きますが、ジミーは地元では面倒見のいい親分であり、彼の存在によってそれなりにこの地域の秩序が保たれていた部分があったのかもしれません。

とはいえここまでエスカレートすれば、いつまでも彼らの悪事に目をつぶるわけにはいかず、FBIに新任者が投入され、ついには一斉検挙へと動き出します...。

Black_mass_4

一番おもしろかったのは、ステーキソースのレシピを聞き出すくだり。いやいや、ここまでくると、言いがかりとしか思えませんが...。^^;

小悪人といった感じのコナリーが、妻にはまったく頭が上がらず、家から閉め出される場面もおかしかった。ジョエル・エドガートンって誰だっけ...と思ったら、ディカプリオの「華麗なるギャツビー」でブキャナンを演じていた俳優さんなんですね。

原題のBlack Massは直訳すれば”悪いやつら”といったところですが、マサチューセッツにもかけているのかな? ラストの捕り物劇には「ブロウ」を思い出したりもして...久しぶりにジョニー・デップの魅力を堪能しました。

|

« オデッセイ | トップページ | リナ・ボ・バルディ展 @ワタリウム美術館 »

映画」カテゴリの記事

コメント

こんばんは!

おぉ!「ブラック・スキャンダル」行かれたんですね!
作品としては淡々とした感じではありましたが、実録ものの迫力がありましたよね。

それと久しぶりでジョニー・デップの本格的な演技が見られたのも嬉しかったです。

↑の食事のシーン、怖かったな~。(^_^;)マフィアが集まって食事するシーンとか、必ずいきなり誰かがキレたりする事が多くて怖いんですよね。(笑)

J・エドガートンは、「エクソダス」のファラオの役も凄く良かったんですよ~。最近、お気に入りの俳優さんです。happy01

投稿: ごみつ | 2016年2月27日 (土) 00時37分

実際にあった話の映画化は、迫力を感じますね。
ブラック・スキャンダルは、そう遠くない昔の
話とのことなので、驚きです。
日本でも終戦直後の復興期は、裏組織もかなり
力になったと聞きます。
必要悪だったのかもしれませんね。

投稿: イザワ | 2016年2月27日 (土) 01時00分

☆ ごみつさま ☆
こんにちは。
ブラック・スキャンダル、もともとはスルーの予定だったのですが
お話をうかがって急に見たくなりました。
ご紹介、ありがとうございました☆

久しぶりにジョニー・デップの演技も堪能できましたし
ディパーテッドを思い出しながら興味深く見れました。

食事のシーン、怖かったけどおもしろかった。^^
そういえば、ゴッドファーザーも(食にうるさい)イタリア系とあって
食事にまつわるシーンがあれこれ印象に残っています。

J・エドガートン、エクソダスに出ていたのですね。
ギャツビーの時はちょっとイメージが違うかな?と思っていましたが
今回の悪役はよかったです♪

投稿: ☆ ごみつさま ☆ | 2016年2月27日 (土) 16時26分

☆ イザワさま ☆
こんにちは。
アメリカの現代犯罪史といった感じですが
実話に基づく話とあって興味深く見れました。
ジョニー・デップ演じるマフィアのボス、
冷酷で恐ろしく、大迫力でしたよ。

中南米の犯罪社会は汚職が行き過ぎた結果ですが
アメリカでも治安の悪い地域ではこういうことがあったのですね。
とはいえ必要悪もこれ以上見過ごすわけにはいかなかったのでしょう。
映画としてはおもしろかったですが
やはり秩序が守られた安全な社会が一番ですね。

投稿: ☆ イザワさま ☆ | 2016年2月27日 (土) 17時00分

セレンさん☆
あらら、私は逆にパイレーツからのジョニデのファンなのですよ。
ミーハーでお恥ずかしいです。
ブキャナンはやっぱりジャック・ニコルソンじゃないとですよね~
あの時のたった一言なのに震えあがるほどの恐ろしさは、ジョニデには出せないと思います。
でも久々白塗りじゃないジョニーに出会えてうれしかったわ♪

投稿: ノルウェーまだ~む | 2016年2月28日 (日) 00時31分

☆ ノルウェーまだ~むさま ☆
おはようございます。
パイレーツやティム・バートン作品での強烈な役作りは
やはりジョニー・デップならではで、これはこれですばらしいと思います!
単に私がファンタジーより、リアルな世界を描いた作品の方が
好きというだけなんです...。^^;

今回のジョニーはお茶目を封印して
冷酷なホワイティを好演していましたね。

投稿: ☆ ノルウェーまだ~むさま ☆ | 2016年2月28日 (日) 08時42分

こんばんは。

わたしも昔のジョニーの方が好きなのですが、ギャング役似合ってましたね。
彼のシリアスな映画の中で、これは最高傑作かも知れません。

そうそうステーキソースのレシピのシーンは見ているものまで緊張してしまいました。ジョニーの凄みはスゴかったです。
FBIのコノリーの妻を見舞うシーンもちょっと息を飲みましたね。

投稿: margot2005 | 2016年2月28日 (日) 19時47分

☆ margot2005さま ☆
こんにちは。
久しぶりにジョニー・デップのシリアスな演技を堪能しました。
彼が演じる冷酷で無慈悲なギャングのボス、魅力的でしたね。

ステーキソースのレシピのシーン、どういう展開になるのか...
思わず息を止めて見入ってしまいました。
そうそう、コノリーの妻ににらみをきかせるシーンも
凍り付きましたね。
一方では義理人情に篤い一面もあるだけに
そのギャップが余計に恐ろしく感じられました。

投稿: ☆ margot2005さま ☆ | 2016年2月29日 (月) 15時52分

こんにちは。
コメントなどなど、ありがとうございました!
確かに、ステーキソースのシーンは、あげ足を取る、というか、屁理屈というか…でも、彼はきっとこうやって、部下のチンピラ達をも思いのままにしてきたのでしょうね。
ジェームズ・ホワイティ・バルジャーは、ギャングとしての凄さと同時に、こうやって人を懐柔する手腕にも長けていたのではないか、と思いました。

投稿: ここなつ | 2016年2月29日 (月) 19時13分

☆ ここなつさま ☆
おはようございます。
ステーキソースのシーン、最初はジョークを交えた軽い会話だったのに
いつの間にかシリアスな展開になって...
あの場にいた誰もが凍り付きましたね。

裏切り者を問答無用に切り捨てる様子を見ると
そうすることで他の者に恐怖を与え、忠誠心を誓わせるべく
支配していたのかなと思いました。怖いですね。

投稿: ☆ ここなつさま ☆ | 2016年3月 1日 (火) 08時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1151970/64152083

この記事へのトラックバック一覧です: ブラック・スキャンダル:

» ブラック・スキャンダル [ごみつ通信]
Black Mass 2015年/アメリカ (監)スコット・クーパー (演)ジョニー・デップ ジョエル・エドガートン ベネディクト・カンバーバッチ ロリー・コクレイン ジェシー・プレモンス ケヴィン・ベーコン ピーター・サースガード ダコタ・ジョンソン コリー・ストール デヴィッド・ハーバー ジュリアンヌ・ニコルソン アダム・スコット ジュノー・テンプル ☆☆☆★★... [続きを読む]

受信: 2016年2月27日 (土) 00時39分

» ブラック・スキャンダル ★★★.5 [パピとママ映画のblog]
ジョニー・デップが主演を務めた実録クライムドラマ。実在するアイリッシュ・マフィアのボス、ジェームズ・“ホワイティ”・バルジャーが裏社会でのし上がっていく姿を追う。メガホンを取るのは、『ファーナス/訣別の朝』などのスコット・クーパー。『エクソダス:神と王』...... [続きを読む]

受信: 2016年2月27日 (土) 13時11分

» 「ブラック・スキャンダル」☆主人公は誰? [ノルウェー暮らし・イン・原宿]
久しぶりにジョニーの怪演が好評のようなので、楽しみにしていた作品。 たとえハゲでもカッコイイよ♪ というよりも、「パブリックエネミーズ」の時のような爽快なワル役でないかぎり、ジョニーに悪役はムリ! だっていい人が滲み出ちゃうよ、どうしても。... [続きを読む]

受信: 2016年2月28日 (日) 00時32分

» 「ブラック・スキャンダル」 [ヨーロッパ映画を観よう!]
「Black Mass」2015 USA/UK 1970年代のアメリカ、サウスボストン。FBI捜査官のジョン・コノリーは幼なじみである政治家ビリー・バルジャーに面会を求め、彼の兄ジェームズ・バルジャーにある提案をしたいと申し出る... ジェームズ・“ホワイティ”・バルジャーに「フレンチなしあわせのみつけ方/2004」「パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマン・チェスト/2006」「パブリック・エネミーズ/2009」「Dr.パルナサスの鏡/2009」「イントゥ・ザ・ウッズ/2014」「チャ... [続きを読む]

受信: 2016年2月28日 (日) 19時38分

» ブラック・スキャンダル [風に吹かれて]
なぜこの道へ 公式サイト https://warnerbros.co.jp/c/movies/blackmass 実話の映画化 原作: ブラック・スキャンダル (ディック・レイア, ジェラード・オニー [続きを読む]

受信: 2016年2月29日 (月) 10時04分

» 「ブラック・スキャンダル」 [ここなつ映画レビュー]
地縁・血縁とはかように濃いものなのか。アメリカで1975年〜1990年代にかけて実際にあった物語。南ボストンの「サウシー」で生まれ育った3人が…一組の兄弟とその弟の友人とが…、兄は裏社会のボス、弟は議員、弟の友人はFBI局員へと成長し、綾なす関係性の中で生きて行く。こういう作品を観る時に、滅法地理が好きな私は、舞台となる土地の地理的な性質に俄然興味が湧く。常に頭の中にその地の地理的な要素を想起しながら鑑賞するのだ。ボストン…アメリカ合衆国の東に位置する港湾都市。北緯42度西経71度。亜寒帯湿潤気候。... [続きを読む]

受信: 2016年2月29日 (月) 19時13分

» ブラック・スキャンダル [映画的・絵画的・音楽的]
 『ブラック・スキャンダル』を新宿ピカデリーで見ました。 (1)ジョニー・デップの久しぶりの主演作というので映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭では、米国麻薬取締局(DEA)のオルセンがウィークス〔バルジャー(ジョニー・デップ)の部下だった男:ジェ...... [続きを読む]

受信: 2016年3月 4日 (金) 06時48分

« オデッセイ | トップページ | リナ・ボ・バルディ展 @ワタリウム美術館 »