« 建築家 フランク・ゲーリー展 @21_21 DESIGN SIGHT | トップページ | 春節前の横浜中華街 »

ウィーンの音楽と、アルジェリアのお菓子

お誘いをいただいて、神楽坂の音楽の友ホールで開催された「室内楽の醍醐味」というコンサートに行ってきました。
notes 室内楽の醍醐味 村田千佳さんOfficial Websiteより

Chamber_music

ピアニストの村田千佳さんの企画による、ウィーン・フィルの元コンサートマスター ライナー・ホーネックさんとの共演コンサートです。日本での演奏会の多いホーネックさんですが、村田さんとは2011年以来、毎年共演していらっしゃるということで、息がぴったり合っていました。

会場となる音楽の友ホールは、低いステージに椅子を並べたこじんまりとした空間で、演奏者との距離が近く、目の前で息遣いまで聞こえるような臨場感あふれる音楽を堪能することができました。

村田さんはウィーンに留学された時にホーネックさんと初めてお会いしたそうですが、その時の思い出のモーツァルトのソナタを1曲目に演奏され、おふたりの出会いに思いをはせました。演奏されたのもベーゼンドルファーというウィーンのピアノで、ウィーン尽くしの音楽の夜でした。

休憩のあとには、おふたりのトークの時間がありました。ホーネックさんの真摯で思慮深く、包容力のある話し方と、村田さんの溌剌と表情豊かな話し方は、そのままおふたりの演奏のマリアージュに通じるものがあり、オーケストラや独奏とは違う、音楽の化学反応のおもしろさを味わいました。

そういえば、まだ若かりし頃、ウィーンを訪れた日の夜にチケットをとって、ホテルの近くに室内楽を聴きに行ったことがあります。やはりこの日のような小さなサロンのコンサートでしたが、音楽が市民のふだんの生活とともにあることを実感し、深く感動したことを久しぶりに思い出しました。

プログラムは末尾の”続きを読む”にて。

          cafe          cafe          cafe

これはまた別の日。アルジェリア大使館の手作りお菓子をいただきました。

2016021601_2

アルジェリアの家庭のお菓子でしょうか。どれも素朴な風合いがあっておいしかったです。左奥のセサミボールは胡麻の風味が香ばしく、中華のドーナツにちょっと似ています。右の杏子ジャムのサブレは、見た目はタルトのようですがサクサクとした食感で、しっとり甘酸っぱいジャムがアクセントになっていました。

手前の三日月形のクッキーはチャレック(Tcharek)というお菓子。三日月はイスラムのシンボルからきているのでしょうか。クロワッサンのように生地がくるくると巻いてあり、内側はシナモンの味がしました。レシピが知りたいです。

お昼にラム肉と野菜の煮込みをクスクスにかけたものをいただきましたが、日本の肉じゃがに似ていました。(じゃがいもではなく、にんじんやひよこ豆でしたが。) ラム肉がほろほろに柔らかくてクセがなく、とてもおいしかったです。

          heart          heart          heart

おまけで、毎年恒例バレンタインデーのお菓子を...。

2016021602

今年は稲田多佳子さんのレシピでガトーショコラを作りました。バターとたまごが控えめで、小麦粉の代わりに少量のアーモンドパウダーを使っています。材料の中心となるのはチョコレートで、外側はほろり、内側はしっとりと仕上がりました。

上から粉砂糖をふるって、軽く泡立てた生クリームとバナナのスライスを添え、おいしくいただきました。

室内楽の醍醐味
ライナー・ホーネック & 村田千佳

モーツァルト
ピアノとヴァイオリンのためのソナタ K301 ト長調
W.A.Mozart Sonata for Violin and Piano K301 G major

ベートーヴェン
ヴァイオリンとピアノのためのソナタ 第1番 作品12-1 ニ長調
L.v.Beethoven Sonata for Violin and Piano No.1 Op.12-1 D major

シューベルト
華麗なるロンド ロ短調 D895
F. Schubert Rondo Brillante B minor

ブラームス
ヴァイオリンとピアノのためのソナタ 第1番 作品78 ト長調 「雨の歌」
J. Brahms Sonata for Violin and Piano No.1 Op.78 G major

|

« 建築家 フランク・ゲーリー展 @21_21 DESIGN SIGHT | トップページ | 春節前の横浜中華街 »

お菓子」カテゴリの記事

美味しいもの」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

こんばんは!cherry

音楽の友社さんはホールも持ってるんですね。
素敵な時間だった事と思います。

神楽坂界隈はとても大好きな雰囲気で、なかなか行けないのですが、良いお店もたくさんあるんですよね。

アルジェリアのお菓子、美味しそう!
以前、渋谷のアルジェリア料理のお店行った時、私もどことなく日本人になじみのある味わいだな~って感じました。

また食べに行きたいな~。
フレディ・マーキュリー似の店長がいるエジプト料理のお店(覚えてますか?^^;)にもまた行きたいです。(笑)

投稿: ごみつ | 2016年2月17日 (水) 22時53分

☆ ごみつさま ☆
おはようございます。

神楽坂は昔の花街の面影を残しつつ、フレンチのお店や
庶民的なお惣菜屋さんなどもあったりして、散策が楽しい場所ですね。
音楽の友ホールはこじんまりとしていますが
そこがサロンのような趣があってよかったです。
私はすぐに帰ってしまいましたが、コンサートの後に
軽食のパーティもあって和やかな雰囲気でしたよ。

アルジェリアのお菓子もお料理も、おいしかったです!
渋谷にアルジェリア料理のお店があるのですね。
以前、ご紹介されてましたっけ? 行ってみたいです☆

フレディ・マーキュリーのエジプト料理店、覚えていますよ!^^
そうだ、一度ミスしたトルコ料理のお店もまたトライしたいです。

投稿: ☆ ごみつさま ☆ | 2016年2月18日 (木) 08時32分

セレンさん☆
アルジェリアのお菓子なんて珍しいですね!
トルコのお菓子にちょっと似てますが、トルコのは物凄く甘いので、ちょっと違うかな…

なによりセレンさんのガトーショコラが美味しそう!!
セレンさんがバレンタイン何を作られたのか楽しみにしていました~~♪

投稿: ノルウェーまだ~む | 2016年2月19日 (金) 00時16分

☆ ノルウェーまだ~むさま ☆
おはようございます。

アルジェリアのお菓子、珍しいですよね。
トルコのお菓子に似ているのですね。
イスラム圏でポピュラーなお菓子なのでしょうか。
日本人向けにアレンジされているのかもしれませんが
甘さはちょうどよかったですよ。

ありがとうございます♪
最近、健康を考えてあまりお菓子作りをしていなかったのですが
これは卵とバター控えめでおいしくいただきました☆

投稿: ☆ ノルウェーまだ~むさま ☆ | 2016年2月19日 (金) 08時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1151970/63974215

この記事へのトラックバック一覧です: ウィーンの音楽と、アルジェリアのお菓子:

« 建築家 フランク・ゲーリー展 @21_21 DESIGN SIGHT | トップページ | 春節前の横浜中華街 »