« ニューヨーク 眺めのいい部屋売ります | トップページ | マネー・ショート 華麗なる大逆転 / マージン・コール »

アントニン・レーモンド展 @教文館 ウェンライトホール

映画の前に、銀座の教文館ビル ウェンライトホールで開催された、「アントニン・レーモンド展」(3月10日で終了)を見に行きました。
school 教文館創業130年記念企画 アントニン・レーモンド展 教文館HP

Antonin_raymond_1

ここのところ建築展ばかり見ていますが、これも見逃すわけにはいかなかった。日本の教会やキリスト教関連施設、大学など、数々のモダニズム建築を手がけ、日本の建築家に多大な影響を与えたチェコ出身の建築家、アントニン・レーモンドのあゆみを紹介する企画展です。

アントニン・レーモンドは1888年チェコに生まれ、1910年アメリカに移住。1919年、帝国ホテルの設計助手としてフランク・ロイド・ライトとともに来日し、独立して事務所を開設。44年の滞日で400余の建築物を造りました。本展の会場は銀座を代表する老舗書店、教文館ビル。ここもアントニン・レーモンドによる設計です。

展示は模型はあまりなく、設計図や写真資料を中心としたものでしたが、緻密なハンドライティングの図面は幾何学的な美しさがあり、思わず見入ってしまいました。知っている建造物は特に興味深く、時代背景に思いをはせながら見ました。

2016031301_3

東京女子大学礼拝堂(1938)。レーモンドはキャンパス全体の計画と各建物の設計も行いました。礼拝堂はオーギュスト・ペレが設計した”ル・ランシーの教会堂”をなぞらえたデザインで、壁面のコンクリート・ブロックに色ガラスがはめ込まれています。

2016031302_2

カトリック聖パウロ軽井沢教会(1935)。塔のデザインにレーモンドの故郷、スロバキア地方の木造教会の影響が見られますが、木の扱い方には日本の大工さんの手法が取り入れられているそうです。

2016031303_3

立教学院聖パウロ礼拝堂(1963)。「立」の字をかたどった五角形の回廊の中心に、鐘楼が設けられています。特徴的なステンドグラスは、レーモンドの妻、ノエミ夫人によるデザインです。

2016031304_2

松坂屋銀座店 全面改装(1964)。銀座には、松坂屋デパート、日本楽器ビル、そして教文館ビルと3つのレーモンド建築がありましたが、残念ながら現存するのは教文館ビルのみです。松坂屋は昨年取り壊されてしまいました。

2016031306_2 2016031307

(左)教文館・聖書館ビル(1933)。高校生が作った模型です。教文館・聖書館2つの建物がエレベーターを共有する造りで、階上にはかつてレーモンドの事務所も入っていました。屋上のアールデコ様式の塔は取り外されましたが、エントランスやエレベーターホールには建設当時のデザインが今も残っています。

(右)日本楽器製造東京支店・山葉ホール(1951・1953)。楽器店舗とオフィス、階上には本格的な音楽専用ホール。ガラスのカーテンウォールで覆われた先進的なデザインでしたが、老朽化により2010年新しいビルに建て替えられました。

このほか聖路加国際病院旧館(1928)、イタリア大使館日光別邸(1928)、群馬音楽センター(1961)など。小さいながらも見応えのある企画展でした。図録も薄くて保存にちょうどよく、記念に購入しました。

【 関連記事 】
house イタリア大使館別荘 (日光 2012/08)
house エリスマン邸 (横浜 2012/05)
house 聖パウロカトリック教会 (軽井沢 2009/02)

2016031308

この日は偶然、東京マラソンの日で、コースとなっている銀座は大さわぎでした。仮装したランナーが何人もいて楽しかったです。

|

« ニューヨーク 眺めのいい部屋売ります | トップページ | マネー・ショート 華麗なる大逆転 / マージン・コール »

美術館・博物館」カテゴリの記事

コメント

日本で44年で400もの建築物を建てられたとは
凄いですね。
しかも、今も残る重要な建物も多くて驚きです。
東京マラソンの日に行かれたんですね。
私はその日、カメラの祭典CP+に行ってから
東京マラソンの応援演奏をしていたドンドコさんを
撮影に行きました。
時間的に応援演奏は後半だったので、ランナーの皆さんも
楽しんで走っている方が多く、中には立ち止まって
和太鼓演奏をスマホで撮影しているランナーもいました^^

投稿: イザワ | 2016年3月15日 (火) 02時44分

☆ イザワさま ☆
こんにちは。
すごい数ですよね。
まさに日本の近代建築をけん引されてきた方だと思います。
レトロモダンな貴重なデザインなので
修復しながら是非後世に残していってほしいです。

イザワさんはこの日はカメラ展のあと
ドンドコさんの撮影に向かわれていましたね。
銀座でも、応援にきている友だちにポーズをきめている
ランナーの方たちもいて、なごやかな雰囲気でした。^^

投稿: ☆ イザワさま ☆ | 2016年3月15日 (火) 17時46分

セレンさん☆
またまた建築展ですね!
こうしてみると銀座の主だったビルはレーモンド氏の手によるものなのですねぇ。
耐震などもあるかとは思いますが、次々壊されてしまうのは、何だか寂しいですね。

投稿: ノルウェーまだ~む | 2016年3月15日 (火) 17時54分

☆ ノルウェーまだ~むさま ☆
こんにちは。
またまた建築展です。^^
日本の主だった教会を手掛けられてきた建築家なので
これは是非見に行かねば、と思っていました。

銀座は3つのレーモンド建築がありましたが
教文館を残して取り壊されてしまいました。
昨年のホテルオークラ(これはレーモンドではないですが)といい
オリンピックを控えて、次々と歴史ある建物が
取り壊されてしまうのはあまりに残念です。

投稿: ☆ ノルウェーまだ~むさま ☆ | 2016年3月15日 (火) 18時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1151970/64429354

この記事へのトラックバック一覧です: アントニン・レーモンド展 @教文館 ウェンライトホール:

« ニューヨーク 眺めのいい部屋売ります | トップページ | マネー・ショート 華麗なる大逆転 / マージン・コール »