« 大倉山公園の梅 | トップページ | アントニン・レーモンド展 @教文館 ウェンライトホール »

ニューヨーク 眺めのいい部屋売ります

モーガン・フリーマン&ダイアン・キートンが共演するハートウォーミングなドラマ、「ニューヨーク 眺めのいい部屋売ります」(5 Flights Up)を見ました。
dog ニューヨーク 眺めのいい部屋売ります 公式サイト

5_flights_up_7

ブルックリンにあるアパートメントで40年間暮らしてきたアレックス(モーガン・フリーマン)とルース(ダイアン・キートン)。マンハッタンが一望できるこの部屋を2人はとても気に入っていましたが、エレベーターがないため5階への上り下りがだんだんきつくなり、部屋を手放すことを決意します...。

5_flights_up_8

「1個5ドルのトマトね!」 こんなさりげない会話が40年来の夫婦らしい。

映画を見ているうち、結末はなんとなく読めてしまいますが、ダイアン・キートンとモーガン・フリーマンの夫婦がとにかくすてきで、ほっこりと心が温かくなる作品でした。ニューヨークらしいテンポのいい会話、不動産事情を織り込みつつ、街の様子が生き生きと描かれていたのがよかった。

かつてはソーホーが芸術家たちの街といわれていましたが、家賃の高騰にともない、最近ではブルックリンが、新たなアーティストたちの街として注目されています。対岸に見えるマンハッタンのスカイライン、レンガ造りの古めかしく重厚な街並み、ご近所さんとの人情味あふれるやり取りに、この街の魅力が伝わってきました。

不動産ディーラーをしている姪リリーのアドヴァイスもあり、ルースとアレックスはキャピタルゲインを見込み、老後に備えてエレベーターのある便利な部屋に住み替えようと思い立ちますが、他の部屋を見ていくうちに、40年間の思い出がよみがえり、ここに勝る場所はない...と気がつきます。

なるほど、愛犬の名まえが「オズの魔法使い」のドロシーというのはそういうことだったのか、と納得しました。^^

5_flights_up_19

「マンハッタン」のワンシーンみたい。

日本と違い中古物件をリノベートして住むことが多いので、売り買いする際、実際に住んでいる様子を見せてアピールするのはアメリカならでは。それまでずっと親身になってくれていたリリーが、最後に断られたとたんに態度を豹変させるところも、良くも悪くもニューヨーカーらしく、懐かしかったです。

5_flights_up_16_2 2016031101_2

若い頃を演じた2人もチャーミングでした。眼鏡がキーアイテムになっていたので、それに影響されてというわけではないのですが、このあと、JINSで新しい眼鏡を作ってしまいました。^^ わずかにパープルがかったべっ甲柄のクラシックフレームです。超ド近眼ですがレンズが薄くて気に入っています。

|

« 大倉山公園の梅 | トップページ | アントニン・レーモンド展 @教文館 ウェンライトホール »

映画」カテゴリの記事

コメント

こんばんは~。cherry

これ、凄く気持ちの良さそうな作品ですね。

長く連れ添った、白人と黒人の夫婦のお話っていうのも珍しいし、そういうストーリーが映画になる時代になったんだな・・って思いました。若い二人の写真も素敵ですね。

エレベーターなしのアパートの5階にいつまで暮らす事が出来るかしら?長く住んだ場所を離れがたい気持ちは、私も最近引っ越したのでよくわかる気がします。

新しいメガネを買われたんですね!色合いも落ち着いててお洒落です。
私はもう何十年も前に買ったアニエスbの古いかたちのメガネをいまだに使ってるんですが(使うのが映画とか見る時くらいなので)、最近また視力がかなり落ちてきました。
そろそろレンズもフレームも買えどきかも~~。eyeglass

投稿: ごみつ | 2016年3月11日 (金) 18時23分

こんばんは。
この映画見た時スゴく混んでいて驚きました。主人公はシニアながら若い女性も結構いましたね。銀座ってこともありますが...。

さて確かに結末は読めましたが主演二人のおかげで退屈せず、ちょっとほのぼのとした気分になれた素敵な作品でした。
ダイアン・キートンはいつまでもホント素敵です。彼女のさりげないファッションも好みだしあのように歳をとれたらって憧れます。

投稿: margot2005 | 2016年3月12日 (土) 00時06分

☆ ごみつさま ☆
こんにちは。
王道のストーリー展開ながら
主演の2人が魅力的で、安心して楽しめました。

2人が結婚した頃は、黒人と白人のカップルということで
いろいろ苦労もあったでしょうが...
それを力を合わせて乗り越えてきたんだろうなー
というのがしみじみと伝わってきました。
ほんとうの夫婦のように息がぴったり合っていましたよ。

ごみつさんはつい最近お引越しされたばかりですものね!
たしかに高齢になると階段で5階まで、というのは
現実的ではありませんね...そこは映画の世界ですね。

私は外ではコンタクトレンズですが、家では眼鏡を愛用しています。
偶然か、知らずに影響を受けたのか
映画のダイアン・キートンに似たフレームを選んでしまいました。^^

投稿: ☆ ごみつさま ☆ | 2016年3月12日 (土) 19時00分

☆ margot2005さま ☆
こんにちは。
私もシネスイッチで見たのですが、margotさんがすごく混んでいた
とおっしゃっていたので、早めに行って先にチケットを買っておいたんですよ。
でももう上映LASTに近かったので、7割くらいの入りでした。

最初は意外な組み合わせに思いましたが
すごくお似合いの夫婦でしたね!
ダイアン・キートンは「アニー・ホール」の頃のイメージのまま
すてきに年を重ねていますね。
彼女を優しく包み込むモーガン・フリーマンもとてもよかったです☆

投稿: ☆ margot2005さま ☆ | 2016年3月12日 (土) 19時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1151970/64326079

この記事へのトラックバック一覧です: ニューヨーク 眺めのいい部屋売ります:

» 「ニューヨーク 眺めのいい部屋売ります」 [ヨーロッパ映画を観よう!]
「5 Flights Up」2014 USA ニューヨーク、ブルックリン。アレックスは画家でルースは元教師。40年住んでいる彼らの部屋からは ブルックリンが一望できる美しい眺めを持っている。しかし寄る年波には勝てず5階まで階段を登るのが辛い日々... アレックス・カーヴァーに「最高の人生の見つけ方/2007」「ウォンテッド/2008」「インビクタス/負けざる者たち/2009」「ダークナイト ライジング/2012」「ラストベガス/2013」のモーガン・フリーマン。 ルース・カーヴァーに「... [続きを読む]

受信: 2016年3月11日 (金) 23時56分

» ニューヨーク 眺めのいい部屋売ります ★★★.5 [パピとママ映画のblog]
モーガン・フリーマンとダイアン・キートンというオスカー俳優2人の初共演で贈るハートフル・ドラマ。原作はジル・シメントの全米ベストセラー『眺めのいい部屋売ります』。ニューヨークを舞台に、階段がきつくなってきたために古いアパートの5階にある我が家を手放す決...... [続きを読む]

受信: 2016年3月12日 (土) 15時25分

» ニューヨーク 眺めのいい部屋売ります [象のロケット]
アメリカ・ニューヨーク。 画家のアレックスと妻ルースが40年間住んでいるのは、ブルックリンの町を一望できるアパートメント最上階の5階。 屋上には菜園までついているが、唯一の欠点はエレベーターがないことだった。 足腰の衰えを感じた夫妻は、不動産エージェンシーをやっている姪のリリーに頼んでアパートを売り、便利なエレベーター付きの住居へ引っ越そうと考える…。 ヒューマンドラマ。 ... [続きを読む]

受信: 2016年4月 6日 (水) 11時01分

« 大倉山公園の梅 | トップページ | アントニン・レーモンド展 @教文館 ウェンライトホール »