« 麻布食堂と、新しい食器 | トップページ | イースターのキャロットケーキと、コストコ »

マリーゴールド・ホテル 幸せへの第二章

ジュディ・デンチはじめ、イギリスの名優たちが共演するインドを舞台にしたコメディテイストのドラマ、「マリーゴールド・ホテル 幸せへの第二章」(The Second Best Exotic Marigold Hotel)を見ました。
bell マリーゴールド・ホテル 幸せへの第二章 公式サイト

The_second_best_exotic_marigold_hot

イギリスから新天地を求めて、インドのリゾートホテルに移り住んだシニアたちの人間模様を描いた「マリーゴールド・ホテルで会いましょう」の続編。今回は前作からのおなじみのメンバーにハリウッドからリチャード・ギアが新たに加わり、さらにパワーアップしています。

この作品の魅力は、イギリスの名優たちが奏でるみごとなアンサンブルと、若々しく輝いているシニアたち...ということももちろんあるのですが、私は今回それに加えてイギリス映画ならではの奥ゆかしさにぐぐっと心をつかまれました。

The_second_best_exotic_marigold_h_2

シニアたちの恋模様を描きながらも、その表現はあくまでさりげなく控えめで、まるでイギリスの上質な古典恋愛小説みたい。映画を見ながら、「眺めのいい部屋」や「プライドと偏見」で味わった、どきどきした気持ちを思い出しました。

たとえば、ファッションセンスを見込まれて、インドでのテキスタイルのバイヤーにスカウトされるイヴリン(ジュディ・デンチ)と、インド人の少年に助けられながら観光ガイドとして悪戦苦闘するダグラス(ビル・ナイ)。

良識ある二人が、互いに惹かれあいながらも、その気持ちにとまどい、理性によって抑えようとする姿がいとおしく、やきもきしながら見守っていました。特に、不器用なビル・ナイがとてもかわいかった。^^

それから、2人のインド人富豪に求婚され、てんびんにかけていたマッジ(セリア・イムリー)が、いつしか、いつも彼女を送り迎えしてくれていた誠実な運転手の男性に惹かれていくエピソードもロマンティックで好きです。

The_second_best_exotic_marigold_hot

マリーゴールド・ホテルの若き支配人ソニー(デヴ・パテル)の、情熱ゆえのドタバタぶりにはかなりイライラさせられましたが^^ いいスパイスになっていたかな? ラストはボリウッド風にのりのりの歌と踊りで、華やかなインドの結婚式を満喫しました。

The_second_best_exotic_marigold_h_3

冒頭、ミュリエル(マギー・スミス)がアメリカの出張先でティーバッグの紅茶に物申す場面には(私もアメリカの紅茶への無頓着さには同じように不満に思っていたので)溜飲が下がりましたが、最後は元気がなくて心配になりました。まだまだ半人前のソニーを支えてあげて欲しいですが...。

|

« 麻布食堂と、新しい食器 | トップページ | イースターのキャロットケーキと、コストコ »

映画」カテゴリの記事

コメント

ええ、奥ゆかしさが本当によかった。
マッジの恋の行方も、最後までハッキリとは描かなかったところがよかったですね。

イギリスでも、一流ホテルでも結構ティーバッグを使っていて驚いたものですが…
ミュリエルは、私は最期の時をもう知っているのだと解釈しました。
病院でも思いつめた顔をしてましたし…

投稿: zooey | 2016年3月25日 (金) 00時48分

☆ zooeyさま ☆
おはようございます。
マッジの恋はほんとうにロマンティックで
私はちょっと涙ぐんでしまったのですが
あまりに描写が奥ゆかしくて、夫はまったく気がつかなかったみたいです。
まったくもう…。

ミュリエルのこともはっきりとは描かれていませんでしたが
覚悟を決めている様子でしたね。
なんだか切なくて、見るのがつらかったです...。

投稿: ☆ zooeyさま ☆ | 2016年3月25日 (金) 08時24分

こんばんは。
シニア映画が多い中この映画はとても好きです。
アメリカ人ではなくイギリス人が主人公だと何かちょっと違った感じがして素敵です。
紅茶のエピソード良かったです。紅茶党なので...。
高齢者たちが生き生きとして素晴らしいです。
続あるのでしょうか?是非見たいですね。

投稿: margot2005 | 2016年4月 4日 (月) 19時59分

☆ margot2005さま ☆
おはようございます。
あー、そういえば最近シニア映画が増えている気がしますが
それも世界的な高齢化社会を反映してのことでしょうか?
この作品は、登場する俳優さんたちが魅力的で
イギリス映画ならではの上品なテイストが気に入っています。
続編ができたらうれしいですが
ミュリエルのその後が気になります...。

投稿: ☆ margot2005さま ☆ | 2016年4月 5日 (火) 06時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1151970/64575554

この記事へのトラックバック一覧です: マリーゴールド・ホテル 幸せへの第二章:

» マリーゴールド・ホテル 幸せへの第二章 [映画的・絵画的・音楽的]
 『マリーゴールド・ホテル 幸せへの第二章』を渋谷シネパレスで見ました。 (1)とても面白かった第1作目『マリーゴールド・ホテルで会いましょう』(以下では「前作」とします)を見たものですから(注1)、続編も面白いかもと思って、遅ればせながら映画館に行ってき...... [続きを読む]

受信: 2016年3月31日 (木) 20時24分

» マリーゴールド・ホテル 幸せへの第二章 [風に吹かれて]
待っていても幸せは来ない待っている時間はない 公式サイト http://www.foxmovies-jp.com/marigold 監督: ジョン・マッデン  「恋におちたシェイクスピア」 「プルーフ [続きを読む]

受信: 2016年4月 1日 (金) 08時03分

» 「マリーゴールド・ホテル 幸せへの第二章」 [ヨーロッパ映画を観よう!]
「The Second Best Exotic Marigold Hotel」2015 UK/USA 数年前イギリスからインドのマリーゴールド・ホテルにやって来たイヴリンたち高齢者の面々。始めはホテルに不満たらたらだったが今ではすっかりこの地、このホテルに愛着さえ覚えている... イヴリン・グリーンスレイドに「あなたを抱きしめる日まで/2013」のジュディ・デンチ。 ミュリエル・ドネリーに「美しき家、わたしのイタリア/2003」「ラヴェンダーの咲く庭で/2004」「ジェイン・オースティ... [続きを読む]

受信: 2016年4月 4日 (月) 19時53分

» マリーゴールド・ホテル 幸せへの第二章 [象のロケット]
インドの高級リゾートホテルで余生を過ごすはずが、ボロホテルに滞在することになった男女7人。 彼らは様々な事情から5人となったが、今ではこのホテルをすっかり気に入っていた。 若きオーナーのソニーは、ホテルの拡大と恋人との結婚を前に、次々と問題を起こしてしまう。 そんな時、ホテルに謎めいた客がやって来る…。 人気コメディ第2弾。... [続きを読む]

受信: 2016年4月 6日 (水) 10時55分

« 麻布食堂と、新しい食器 | トップページ | イースターのキャロットケーキと、コストコ »