« Obica Mozzarella Bar / Blue Bottle Coffee | トップページ | 上野桜木 菜の花 &谷根千散策 »

ポンピドゥー・センター傑作展 @東京都美術館

上野の東京都美術館で開催されている「ポンピドゥー・センター傑作展 ―ピカソ、マティス、デュシャンからクリストまで―」(~9月22日まで)を見に行きました。
art ポンピドゥー・センター傑作展 公式サイト

Pompidou_18

ポンピドゥー・センターはパリ中心部にある総合文化施設。特にフランスを代表する近現代美術コレクションで知られています。学生時代に訪れた時は、初めて見る前衛的な建物に興奮しましたが、当時はまだあまり現代アートに興味がなく、作品についてはほとんど覚えていないのです。

私が現代アートが好きになったのは、MoMA(ニューヨーク近代美術館)の影響が大きいです。実際ポンピドゥーが建てられたのも、戦後、ニューヨークに移りつつあったアートの発信地という地位をパリに取り戻したいというねらいがあったとか。それにはこの斬新な建物こそがふさわしい舞台だと考えられたのかもしれません。

Pompidou_14

本展はフランス20世紀美術に焦点をあて、フォーヴィズムが台頭する1906年からポンピドゥーが開館する1977年まで、1年ごとに1作家1作品を厳選して紹介するというユニークな企画で、まるでタイムマシンに乗って、アートの変遷を旅するような楽しさがありました。

それぞれの作品に、作者の肖像写真が添えられているのは20世紀ならでは。20世紀に入って写真が登場したことで、アーティストたちはものを写し取ることから解放され、新しい表現ができるようになった、との解説には深く納得しました。

ポスターの作品は、左からマティス、シャガール、ピカソですが、それ以外にも興味深い作品がたくさんありました。

Pompidou_2

ラウル・デュフィ 「旗で飾られた通り」 (1906)
本展のスタートを飾るのは、”色彩の魔術師”デュフィ。革命記念日にはためくトリコロールの国旗を描いた、フランス愛あふれる作品です。

Pompidou_5

ロベール・ドローネー 「エッフェル塔」 (1926)
エッフェル塔の連作で知られるドローネー。青空を大胆に分断するカラフルなエッフェル塔は、まるでパッチワークみたい。

Pompidou_8

二コラ・ド・スタール 「コンポジション」 (1949)
モダンなインテリアにしっくりなじみそうな、色彩をおさえた幾何学的デザインがかっこいい。絵具をたっぷりと盛り上げ、ごつごつした壁画のようなテクスチャーです。

Pompidou_16_2

クリスト 「パッケージ」 (1961)
ポン・ヌフなどの大きな建造物を梱包するアートで知られるクリスト。2005年にニューヨークのセントラルパークで見た、オレンジ色のカーテンが通路を埋め尽くすThe Gatesは、”体験するアート”として心に刻まれています。

Pompidou_10

ヴィクトル・ヴァザルリ 「アーニー(影)」 (1967)
錯視を使ったアートで知られるヴァザルリ。この作品は一見なんじゃこりゃ?ですが、表面に60度の凸凹がついていて、見る角度によってアニメーションのように色彩構成が変わります。

Pompidou_13

ジャン・デュビュッフェ 「騒がしい風景」 (1973)
アンフォルメル(不定形)のアートで知られるディビュッフェ。かなり大きな作品ですが、厚さ4cmほどの板が描画に合わせて切り取られています。落書きのような自由な表現が楽しい。

ラストの1977年は、レンゾ・ピアノ&リチャード・ロジャースによるポンピドゥーセンターのスタディ模型。第2次世界大戦が終わった1945年は、作品の代わりにエディット・ピアフの「バラ色の人生」が流れていました。絵画のほか、彫刻、家具、写真、映像作品とあり、バラエティ豊かで楽しめました。

|

« Obica Mozzarella Bar / Blue Bottle Coffee | トップページ | 上野桜木 菜の花 &谷根千散策 »

美術館・博物館」カテゴリの記事

コメント

こんばんは!cherry

セレンディピティさんもポンピドゥー行かれたんですね!
1年ごとに1作品で、時代を追っていく構成になっていて、なかなか楽しかったですよね。
一人の作家や、美術テーマを追っていくのとはまた違う気楽な楽しさがありました。

私もドローネーの「エッフェル塔」には目を魅かれました!
あと、ヴァザルリも凄く印象的でした。ヴァザルリは私も記事にのせようかなと思ってたのですが、現物をみないと・・な作品だったのでパスしちゃいました。(^_^;)

同じ作家がダブっていないので、とってもバラエティにあふれた展覧会でしたね。happy02

投稿: ごみつ | 2016年8月 3日 (水) 20時43分

☆ ごみつさま ☆
こんにちは。cloud

ポンピドゥー展、楽しかったですね。
展示方法がユニークで工夫が感じられましたし
現代アートの見本帳、といったラインナップで
いろいろなアーティストの作品に触れられたのもよかったです。

ドローネーのエッフェル塔は、パッチワークのような
カラフルな色彩に目を奪われました。
ヴァザルリの作品のおもしろさは
実際に見てみないとなかなかうまく伝えられませんね。
同じオプティカルアートのアガムのダブル・メタモルフォーゼは
子どもの頃(美術の教科書だったかな?)見たことがあり
当時の衝撃を思い出しました。

投稿: ☆ ごみつさま ☆ | 2016年8月 4日 (木) 12時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1151970/66727131

この記事へのトラックバック一覧です: ポンピドゥー・センター傑作展 @東京都美術館:

» ポンピドゥー・センター傑作展 [ごみつ通信]
http://www.pompi.jp/ [続きを読む]

受信: 2016年8月 3日 (水) 22時15分

« Obica Mozzarella Bar / Blue Bottle Coffee | トップページ | 上野桜木 菜の花 &谷根千散策 »