« トランボ ハリウッドに最も嫌われた男 | トップページ | 金沢能登(1) 北陸新幹線で金沢へ »

ニュースの真相

ケイト・ブランシェット&ロバート・レッドフォード共演、2004年のブッシュ大統領 軍歴詐称疑惑報道の裏側を描いた実話に基づくドラマ、「ニュースの真相」(Truth)を見ました。
movie ニュースの真相 公式サイト

Truth_8

2004年、ジョージ・W・ブッシュ大統領が再選をめざす大統領戦のさ中、CBSの敏腕プロデューサー メアリー・メイプス(ケイト・ブランシェット)は、ダン・ラザー(ロバート・レッドフォード)が司会を務める報道番組で、ブッシュ大統領の軍歴詐称疑惑というスクープを報じます。

しかし間もなく、保守系のブロガーから、証拠となる書類は偽造されたものだと指摘されたことで事態は一転、メアリーたちは窮地に立たされます...。

Truth_4

ダンが報道番組 60 minutes II で報じた”ブッシュ大統領の軍歴詐称疑惑”とは、徴兵制のあったベトナム戦争当時、ブッシュが兵役を逃れるために、父親の政治力を使って(前線に出なくてよい)テキサス空軍に入隊し、ほとんど活動しないままに兵役義務を終了した、というもの。

メアリーは当時をよく知る退役軍人から証拠となる書類のコピーを入手し、その時は絶対の自信をもって報道に踏み切るのですが、間もなく保守系のブロガーから、この書類は(70年代にはなかった)Wordで作成されたもので、コピーを繰り返すことで古い書類に見せかけた偽物だ、と糾弾されてしまいます。

その後も証拠の不備が次々と指摘され、他局からも非難されたCBSは内部調査委員会を設置。メアリーは不屈の精神で証拠固めに奔走しますが、最終的には証明するに至らず、ダンとともに報道の第一線を退くことになってしまいます。

Truth_3

ブッシュの軍歴詐称はほぼ真実ですから、これがネットでの告発でしたらひょっとしたら大きなムーブメントを起こすことができたかもしれませんが、大手メディアの報道としては証拠不十分で公正さに欠けると判断され、メアリーたちは厳しく糾弾されることとなってしまいます。

ネットの一個人の意見が世論を動かすこともめずらしくない昨今では、テレビや新聞といった既存のメディアの権力に対する追求が及び腰に見えて、歯がゆく感じてしまうこともしばしばしばですが、本作を見るとスクープには大きなリスクがつきまとい、慎重になるのも無理はないと思えてきました。

メアリーとしてはブッシュの選挙戦を妨害するつもりはなく、ただ真実を告発したいというジャーナリストとしての使命感からの行動でしたが、わずかな綻びから徹底的に攻撃され、引きずり降ろされてしまうとは、なんという厳しい世界だろうと思いました。

本作を見ると、カトリック教会のスキャンダル報道を描いた「スポットライト 世紀のスクープ」とつい比べてしまいますが、両者の明暗を分けたのは、証拠の確かさと、報道のタイミングでしょうか...。ターゲットとなる相手が大きければ大きいほど細心の注意が必要、という報道の難しさを改めて実感しました。

Truth_2

メアリーを演じるケイト・ブランシェットは、いつもながらかっこいい。久しぶりに見るロバート・レッドフォードは、「大統領の陰謀」(1976)で演じたウォーターゲート事件をスクープする正義感あふれる記者の姿が重なって見えました。

|

« トランボ ハリウッドに最も嫌われた男 | トップページ | 金沢能登(1) 北陸新幹線で金沢へ »

映画」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

重厚な社会派ドラマに惹き付けられました。
メアリーやダンを始めとし、スクープに関わった人物全員を解雇してしまったCBSに、著名なジャーナリストといえども、大きな組織に歯向かうことはできないのだと痛切に感じました。

ケイトはホントかっこいい!女優ですよね。「大統領の陰謀」の時のかっこいいレッドフォードも思いだしてしまいました。

投稿: margot2005 | 2016年8月19日 (金) 21時45分

☆ margot2005さま ☆
おはようございます。

冒頭からスピード感のある会話に引き込まれました。
結果がわかっていてもスリリングな展開で見応えありました。
組織を守るためとはいえ、CBSの決断は容赦がなかったですね。
今回の映画化に関しても、CBSは一切この映画のCMを
流さなかったと聞きました。

ケイトはかっこよくて、しかもエレガントですね。
レッドフォードには、「大統領の陰謀」の記者が
その後TVのアンカーマンになったような感覚を覚えました。

投稿: ☆ margot2005さま ☆ | 2016年8月20日 (土) 07時48分

こんにちは。
私も、「スポットライト~」を思いながら観ていました。
あちらのスクープは賞賛の嵐で一方こちらは…
>ターゲットとなる相手が大きければ大きいほど細心の注意が必要、という報道の難しさ
そう、正におっしゃる通りですよね。
詰めが甘かった、と言ってしまえばそれまでなのだけれど、取材に対する執念も実らないとこんな結末になるのだと悲しかったです。

投稿: ここなつ | 2016年8月22日 (月) 17時23分

☆ ここなつさま ☆
おはようございます。

「スポットライト~」でも、中途半端なスクープで
とかげのしっぽ切りで終わってしまった過去の反省が語られていましたが
ターゲットが大きい場合には、確実な情報と細心の注意でもって
とどめを刺さなければならない、ということでしょうか。

ブッシュの軍歴詐称は誰もが知る真実なのに
証拠不十分のために処分を受けなければならないなんて...
ジャーナリズムの厳しさを思い知らされますね。

投稿: ☆ ここなつさま ☆ | 2016年8月23日 (火) 07時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1151970/67020942

この記事へのトラックバック一覧です: ニュースの真相:

» 「ニュースの真相」 [ヨーロッパ映画を観よう!]
「Truth」 2015 オーストラリア/USA2004年9月のニューヨーク。CBSニュースのベテラン・プロデューサー、メアリー・メイプスは看板番組“60ミニッツII”で、再選を目指すジョージ・W・ブッシュ大統領の軍歴詐称疑惑という一大スクープを特集することに決める。マイク、ルーシー、ロジャーからなる取材チームの助けを借り、メアリーはとうとう疑惑の決定的な証拠を入手する。やがて“60ミニッツII”のアンカーマン、ダン・ラザーがスクープを語り、番組は大反響を呼ぶが“証拠は偽造ではないか?”という疑いを... [続きを読む]

受信: 2016年8月19日 (金) 21時32分

» 「ニュースの真相」 [ここなつ映画レビュー]
追い詰められる。ケイト・ブランシェット扮する報道ジャーナリスト、メアリー・メイプルが取材対象を追い詰め、メアリー・メイプルが為政者が発した力により追い詰められる。真実とは何か?ただそれを伝える使命を糧としているだけのはずなのに、生き様まで追い詰められていく。原題は「TRUTH」。だが、もしかしたら「COUREGE」でもいいかもしれない。「COUREGE」…それはベテランアンカーマン、ダン・ラザー(ロバート・レッドフォード)がいつも番組の最後に視聴者に送るメッセージ。「COUREGE」をもって全ての事... [続きを読む]

受信: 2016年8月22日 (月) 17時18分

» ニュースの深層 [映画的・絵画的・音楽的]
 『ニュースの真相』をTOHOシネマズシャンテで見ました。 (1)『ブルージャスミン』や『キャロル』で鮮烈な印象を残したケイト・ブランシェットが出演しているというので、映画館に行ってきました。  本作(注1)の始めの方では、共和党のブッシュ大統領の再選について...... [続きを読む]

受信: 2016年8月26日 (金) 06時25分

» 正直者が馬鹿を見る?『ニュースの真相』 [水曜日のシネマ日記]
2004年にアメリカを騒然とさせたスクープ報道が巻き起こした波紋の一部始終に迫る実録ドラマです。 [続きを読む]

受信: 2016年8月26日 (金) 21時57分

» ニュースの真相 / Truth [勝手に映画評]
2004年にアメリカで実際に起きたジョージ・W・ブッシュ大統領の軍歴詐称疑惑にまつわる“スクープ”報道による騒動を描いた作品。 結局は、ブッシュ大統領の軍歴詐称の『証拠』とされたものが、偽造されたものであったと言うことになるのですが、これってもはや典型的な陰...... [続きを読む]

受信: 2016年8月28日 (日) 09時49分

» ニュースの真相 ★★★・5 [パピとママ映画のblog]
2004年9月、米CBSの看板報道番組『60ミニッツII』では、再戦を目指すジョージ・W・ブッシュ大統領の軍歴詐称疑惑という一大スクープを特集するが、根拠となった証拠に偽造の疑いが浮上し、一転して番組の名物アンカーマン、ダン・ラザーが事実上の降板に追い込まれる...... [続きを読む]

受信: 2016年10月17日 (月) 17時03分

« トランボ ハリウッドに最も嫌われた男 | トップページ | 金沢能登(1) 北陸新幹線で金沢へ »