« ブルーベリー狩り 2016 | トップページ | トランボ ハリウッドに最も嫌われた男 »

フラワーショウ!

イギリスの権威あるガーデニング大会、「チェルシーフラワーショウ」に挑戦したアイルランドのランドスケープデザイナー、メアリー・レイノルズの奮闘を描いた実話に基づくドラマ、「フラワーショウ!」(Dare to Be Wild)を見ました。
clover フラワーショウ! 公式サイト

Dare_to_be_wild_1_2

アイルランドの豊かな自然の中で育ったメアリーは、ガーデンデザイナーになることを夢見て、有名デザイナー シャーロットのアシスタントになりますが、高慢な彼女に利用するだけ利用され、デザインを描きためた大切なスケッチブックを奪われた挙句、クビをになってしまいます。

傷心したメアリーでしたが、夢を実現するために無謀にも世界中の注目が集まる「チェルシーフラワーショウ」に応募し、金賞を取ることを決意します...。

Dare_to_be_wild_2_2

かつてコッツウォルズで見たイングリッシュガーデンに憧れて、アメリカで住んだ家ではガーデニングを楽しみにしていました。しかしほどなくして、広い庭を維持することがいかにたいへんかを思い知ることになりました。

特にたいへんなのが雑草抜き。端から抜いても一日ではとても終わらず、翌日には抜いたところから新しいのがまた生えているという有様。結局、ご近所さんに倣ってガーデニングカンパニー(ヒスパニック系の方が多い)にメンテナンスをお願いし、私は裏庭のコンテナガーデンでハーブを育てるのに留めることにしました。

そもそもイングリッシュガーデン自体が、アメリカではあまり人気がないようです。楚々とした可憐なハーブも彼らの目には、ガーデンの主役とはなりえない雑草にしか見えないのかもしれません...。

Dare_to_be_wild_4_2

そんな経験があったので、メアリーさんが作る”サンザシの木と野草のガーデン”を見るのを楽しみにしていました。彼女の庭造りの哲学や、どのように資金を集め、協力してくれるスタッフたちを見つけたか、舞台裏を興味深く見ることができました。

イギリスはアメリカほどではないと思いますが、それでも2002年当時、彼女の”雑草を生かしたガーデン”が金賞を受賞するというのは、100年の歴史があるチェルシーフラワーショウでは革命的なことだったとか。しかし以降、自然を生かしたガーデンが多く出展されるようになったそうです。

Dare_to_be_wild_3

映画を見て想像と違ったのが、エチオピアの植林活動が大きく取り上げられていたこと。メアリーが植物学者のクリスティに手伝ってもらいたくて、彼のいるエチオピアまで押しかけるのですが、最初はクリスティも言うように、庭造りと植林活動ではまるで方向性が違うように思いました。

でも一見自然のままに見える風景であっても、人が手をかけなくては維持することができない...という意味では、同じといえるのかもしれません。エチオピアの植林活動を新妻香織さんという日本人の方が進めていることも、この映画を見て初めて知りました。

Dare_to_be_wild_6

メアリーさんの作るガーデンは、野草もさることながら、不揃いな石を積み重ねたり、大きな石を遺跡のように配したり、石の使い方が個性的ですてきだなーと思いました。風の通り道のような円い穴があるのは、風水に似ているような...ケルトの信仰は自然崇拝で、東洋の考え方に近いのかもしれませんね。

Dare_to_be_wild_5

「ブルックリン」「シングストリート」と今年はアイルランド映画の当たり年?ですが、本作でもアイルランドの美しい緑の風景が心に残りました。

|

« ブルーベリー狩り 2016 | トップページ | トランボ ハリウッドに最も嫌われた男 »

映画」カテゴリの記事

コメント

アイルランドの風景は確かに美しかったのですが…
この映画、私にはちょっと不満でした。
折角のいい題材を用意したのに、なんで?という感じ。
エチオピアの植林活動も、お蔭で話が散漫になってしまったような…
友人と文句を言いながら、映画館を出たのでした。

投稿: zooey | 2016年8月11日 (木) 13時46分

こんばんは。
ごめんなさい。こちらにコメント書くのを忘れました。

>コッツウォルズで見たイングリッシュガーデン...
あれを見ると憧れますよね?
私も10年位前は大だい的にガーデニングをしていたのですが、都会のマンションの角部屋では照り返しが強いし風も強くて、やはり無理がありますね。でもそのために一軒家に住むわけにもいかないので、それなりに楽しんでいます。

アイルランドの美しい自然は素晴らしい!の一言です。
メアリーが子供だった頃のシーンが好きです。

投稿: margot2005 | 2016年8月11日 (木) 21時28分

☆ zooeyさま ☆
zooeyさん、お帰りなさい。
早速のコメント、ありがとうございます。

私も、庭造りの苦労がもっと掘り下げられて描かれていると思ったので
舞台がエチオピアに移った時には困惑しました。
メアリーはよっぽどクリスティに手伝ってもらいたかったのでしょうね。^^

投稿: ☆ zooeyさま ☆ | 2016年8月12日 (金) 08時52分

☆ margot2005さま ☆
おはようございます。
TB&コメント、ありがとうございます。

雑草には相変わらず悩まされていますが...^^;
それでも季節の花やグリーンと触れ合うと癒されますね。

アイルランドの自然、すばらしかったですね。
メアリーが幼い頃の記憶が
彼女の庭造りの哲学に大きな影響を与えていることが伝わってきました。

投稿: ☆ margot2005さま ☆ | 2016年8月12日 (金) 09時04分

セレンディピティ様
私は現在マンション住まいで実践には縁がないのですが、あの人工性を排した英国風の庭園には親しみを感じます。松江にも何年か前に「イングリッシュガーデン」ができたのですが、当初は物珍しさではやったものの、いまは経営難でかなり苦労しているようです。アメリカにいたときはシカゴの植物園にその一角があり、結婚式が行われたりしていましたが、花嫁の服装と参列者のしぐさは自然で背景に溶け込んで素敵でした。(日本人が西欧風の花嫁衣裳をつけるようになったのは彼らに比べると歴史が新しく少し無理があるような気がします)そしてアイルランドの感性はとりわけ日本人としっくりくるのかもしれませんね。機会があれば見てみたいものです。

投稿: Bianca | 2016年8月12日 (金) 22時09分

☆ Biancaさま ☆
こんばんは。

野の花を配したイングリッシュガーデンは
自然を尊ぶ日本人の感性に合うのかもしれませんね。
やはりあの柔らかな色彩には癒されます。

屋外でのガーデンウェディングは海外ならではほんとうにすてきですね。
映画でも数々のシーンが心に残っています。
「レイチェルの結婚」「ベストフレンズウェディング」
最近では「アバウトタイム」など...

松江はイングリッシュガーデンもきっとすてきでしょうが
私はいつか足立美術館の日本庭園を見るのが夢です。confident

投稿: ☆ Biancaさま ☆ | 2016年8月14日 (日) 00時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1151970/66915492

この記事へのトラックバック一覧です: フラワーショウ!:

» フラワーショウ! [風に吹かれて]
サンザシ咲いた 公式サイト http://www.flowershow.jp 実話を基にした映画 アイルランドの自然豊かな田舎で育ったメアリー(エマ・グリーンウェル)は、自然を活かした庭のデザインで世 [続きを読む]

受信: 2016年8月11日 (木) 15時02分

» 「フラワーショー!」 [ヨーロッパ映画を観よう!]
「Dare to Be Wild」2015 アイルランドアイルランドの大自然の真っただ中で育ったメアリーはせっせとガーデンデザインを描きため、友人イヴの後押しもあり、ある日、ロンドンのガーデンデザイナー、シャーロットの家のドアをたたく。メアリーの描いたデザイン画を気に入ったシャーロットは彼女を弟子にしてこき使い、おまけにメアリーのデザインを盗んで自分のものとして発表した後メアリーをお払い箱にしてしまう...メアリー・レイノルズにエマ・グリーンウェル。クリスティに「アバウト・タイム ~愛おしい時間につ... [続きを読む]

受信: 2016年8月11日 (木) 17時30分

» 映画・フラワーショウ! [読書と映画とガーデニング]
原題 DARE TO BE WILD2014年 アイルランド ガーデニング好きには必見の映画です! 昔「グリーンフィンガーズ」というイギリス映画がありました刑務所の囚人で天才的なガーデナーの素質を持っている男性が仲間たちとハンプトンコート・ペレス・フラワーショーに挑むという物語ですフラワーショーの歴史を塗り変えるといった点では本作と似通っていますね さて、本作アイルランドの田舎娘がワイルドフラワーとサンザシを使ってケルト民族の伝統と自然保護を訴える庭のデザインでチェルシー・... [続きを読む]

受信: 2016年8月15日 (月) 09時19分

» フラワーショウ! [象のロケット]
アイルランドの田舎で育った女性メアリーは、有名な女性ガーデンデザイナー、シャーロットのアシスタントになる。 しかし、散々コキ使われた挙句、長年書き溜めていたデザインノートまで盗まれクビになってしまう。 ドン底のメアリーがひらめいたのは、「チェルシー・フラワーショーで金メダルを獲る」ということ。 ところが、コネもお金もないメアリーには、応募することさえままならない…。 実話から生まれたヒューマンドラマ。... [続きを読む]

受信: 2016年8月17日 (水) 23時06分

» フラワーショウ! / Dare to Be Wild [勝手に映画評]
実在の景観デザイナー、メアリー・レイノルズをモデルにした作品。100年以上の歴史を誇る、チェルシー・フラワーショーへの挑戦を描く。 イギリスのEU離脱の選択により、イギリスが連合王国では無くなってしまうことまで取り沙汰されていますが、アイルランドは、いち早...... [続きを読む]

受信: 2016年8月30日 (火) 10時10分

» フラワーショウ! [映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~]
評価:★★★☆【3.5点】(11) 実話でいい話なんだが映画として観たい部分は完全スルー^^; [続きを読む]

受信: 2016年9月19日 (月) 15時05分

» 「フラワー・ショウ!」 [Zooeys Diary]
一面の緑の中で育ったアイルランドの田舎娘メアリー(エマ・グリーンウェル)が 「自分のデザインした野性的な庭で世界を変えたい!」という野望を胸に 金なしコネなし協力者なしというハンディを乗り越え、「チェルシー・フラワー・ショウ」で 優勝するまでを描いたサクセス・ストーリー。 世界的に有名なそのショウで、最年少で優勝したメアリー・レイノルズの実話がベース。 なんとか有名ガーデン・デザイナーの弟子になるも、デザインを盗まれた挙句、首になったり、 植物学者クリスティの協力を求めても何度も拒絶されて... [続きを読む]

受信: 2016年9月30日 (金) 09時39分

» フラワーショウ! [C’est joli ここちいい毎日を♪]
フラワーショウ! 15:アイルランド ◆原題:Dare to be wild ◆監督:ヴィヴィアン・デ・コルシィ ◆主演:エマ・グリーンウェル、トム・ヒューズ 、クリスティン・マルツァーノ、ジャニー・ディ、アレックス・マックイーン、ローナ・クイン、アラー・サフィ ◆STORY◆アイルランドの田舎で育ったメアリー(エマ・グリーンウェル)には、自分のデザインした庭で世界を変えるという夢があった。その夢を叶えるため、有名なガーデンデザイナーのシャーロット(クリスティン・マルツァーノ)の... [続きを読む]

受信: 2016年12月23日 (金) 23時23分

« ブルーベリー狩り 2016 | トップページ | トランボ ハリウッドに最も嫌われた男 »