« ダリ展 @国立新美術館 | トップページ | インフェルノ »

奇蹟がくれた数式

インドの天才数学者ラマヌジャンと、彼を見出したイギリス人数学者G・H・ハーディの友情を描いた、実話に基づく伝記ドラマ、「奇蹟がくれた数式」(The Man Who Knew Infinity)を見ました。

pen 奇蹟がくれた数式 公式サイト

The_man_who_knew_infinity

1914年。インドで独学で数学を研究していたラマヌジャン(デヴ・パテル)は、周囲の勧めでイギリスの数学者たちに手紙を書き送ります。誰も気に留めない中、ただひとりケンブリッジ大学の数学者ハーディ(ジェレミー・アイアンズ)は、そこに書かれていた数々の予想に驚愕し、まもなくラマヌジャンを招聘します。

胸躍らせてイギリスに渡り、ニュートンも学んだトリニティ・カレッジの門をくぐったラマヌジャン。しかし正規の大学教育を受けていないインドから来た若者を、他の教授たちは受け入れようとせず、また第1次世界大戦もはじまって、ラマヌジャンは心労と栄養不足から病に倒れてしまいます...。

The_man_who_knew_infinity_12_2

以前、数学者 藤原正彦さんの「遥かなるケンブリッジ」を読んで、今なお階級社会の残るイギリスの象牙の塔で、研究生活を送ることのたいへんさを多少なりとも理解しましたが、ラマヌジャンがイギリスに渡ったのは今から100年前。

伝統と格式を重んじるケンブリッジでの研究生活はもちろん、日常生活も今とはくらべものにならないくらいに不自由で厳しいものだったろうことは想像に難くありません。そういえば、夏目漱石がイギリス留学したのもちょうどこの頃だったでしょうか。

映画を見て、ケンブリッジに当時ラマヌジャン以外にもインドの研究者がいたことを知って驚きましたが、周りに家族や同じ境遇の仲間たちがいて励まし合うことができたら、ラマヌジャンのイギリス生活はずいぶん違ったものになっただろうな...と想像しました。

The_man_who_knew_infinity_06

数学は文化の違いの影響をそれほど受けないユニバーサルな学問ですが、ラマヌジャンとハーディ教授とではアプローチの方法がまるで違いました。ラマヌジャンにとって真理とはただそこに存在するもの。彼は直観によって得た自らの発見を、そのまま発表することしか頭になかったのです。

ハーディ教授は、発見はそのままでは”思いつき”でしかないとして、証明によって論理的に裏付けることの必要性を説きますが、ラマヌジャンにとって真理とは神から与えられた揺るぎないもので、証明することは時間の無駄としか思えません。

たしかに映画に登場した素数や分割数に関する公式を、証明によって導くことは、気が遠くなるほどの膨大な計算をしなければならなかったはずで、まだコンピュータが存在しなかった当時では、相当な忍耐が必要だったことでしょう。

結局、ラマヌジャンの数々の発見を、ハーディが代わって証明していくことで、ようやくラマヌジャンの業績が認められるようになるのです。

The_man_who_knew_infinity_09

ハーディがラマヌジャンに証明を強いなかったのは、そうすることで彼の独創性が失われることを、何より恐れたからだといいます。

”もし彼がもっと若い頃に発見され、馴らされていたら、おそらくもっと偉大な数学者になって、新しい発見やより重要な発見をしただろう。一方、彼はそれほど「ラマヌジャン的」でなくなり、ヨーロッパの教授風になって、得るものより失うもののほうが大きかったかもしれない。”(Wikipediaより)

ハーディのこのことばこそが、ラマルジャンへの最高の賛辞である、と心打たれました。

|

« ダリ展 @国立新美術館 | トップページ | インフェルノ »

映画」カテゴリの記事

コメント

セレンさん☆
私もこの映画は気になっていました。
確かに100年も前のイギリスでは相当な階級の区別がなされてたはずですものね。
気位の高い夏目漱石も鬱になるわけです。
理解のある師が居て、その才能がいかんなく発揮出来たら本当にいいですよね。

投稿: ノルウェーまだ~む | 2016年11月 9日 (水) 23時08分

☆ ノルウェーまだ~むさま ☆
こんにちは。
100年前のイギリスが描かれていて
まだ~むさんも興味深くご覧になれると思います。
ニュートンが重力を発見したりんごの木があるという
重厚なトリニティカレッジも見応えがありました。

ハーディ教授は、少々とっつきにくいですが
数学を通して人を公正に見ることができる人だったのでしょうね。
孤独や異文化、病気...と苦労したラマヌジャンですが
ハーディのような師と出会い、後世に業績を残せたことは
幸いだったのではないかな...と思いました。

投稿: ☆ ノルウェーまだ~むさま ☆ | 2016年11月10日 (木) 16時53分

こんばんは!

あ~、私、これ見たいんですよね~。予告編で気になってたのですが、行けるかな~。

この予告編見た時、最初に思ったのは「あ、ラマヌジャンって知ってる!」でした。
洋書で難しい~~数学のシリーズがあるのですが、その中でよく見かけた名前だったんですよね。
そんな事もあって、本当に見たい1本です。

劇場が無理でもDVDになったら絶対に見ようと思ってます!

セレンさんの記事を読ませていただいても、良作なのが伝わってきます!happy02

投稿: ごみつ | 2016年11月10日 (木) 22時18分

☆ ごみつさま ☆
おはようございます。
この作品、ラマヌジャンの数学的実績の内容については
ほとんど触れていませんが、人となりや生涯にご興味をお持ちでしたら
楽しめると思います。

ジェレミー・アイアンズはぴったりのキャスティングですし
おちゃらけイメージのある?デヴ・パテルくんが
まっすぐな眼差しの数学者を好演していましたよ。
お時間がありましたら。

投稿: ☆ ごみつさま ☆ | 2016年11月11日 (金) 08時25分

こんばんは。
地味な数学者がインドから英国にやって来て花開いた素晴らしい史実があったのですね。
全く知らないことでしたがハーディとラマヌジャンの友情にもちょっと感動しました。
堅苦しい数学者の物語ですが肩肘張らずにすんなりと見れたのが良かったです。
デヴ・パテルナイスでした。
ジェレミー・アイアンズはホント素敵なジェントルマンですね。

投稿: margot2005 | 2016年11月11日 (金) 20時03分

☆ margot2005さま ☆
こんばんは。
ラマヌジャンとハーディが、人種や文化、年齢の差を越えて
尊敬の念で結ばれていく様子は
日本人という目から見ても共感できる作品でしたね。
100年前のイギリスにも思いを馳せました。

デヴ・パテルとジェレミー・アイアンズもとてもよかったです☆

投稿: ☆ margot2005さま ☆ | 2016年11月13日 (日) 00時43分

ラストは、これで終わっちゃうの?という悲しいものでしたが
事実なら仕方ないか…
しかしラマヌジャンの奥さんの人生は、いいとこなしじゃないかと憤ってしまいました、私。
ジェレミー・アイアンズ、「ある天文学者の恋文」の不倫教授よりは
遥かに役に嵌って素敵でした!

投稿: zooey | 2016年11月15日 (火) 09時57分

☆ zooeyさま ☆
私は異国の地で亡くなってしまうのか...と思っていたので
最後に家族のもとに帰ることができてよかった、と思いました。
当時はあたりまえだったのかもしれないですが
新婚早々、姑といっしょにずっと夫の帰りを待たなければならなかった
妻にとっても、せめてもの救いでした。

ジェレミー・アイアンズは「リスボンに誘われて」が心に残っていますが
ダンディで知的なオジサマ役が似合いますね。^^

投稿: ☆ zooeyさま ☆ | 2016年11月15日 (火) 10時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1151970/68248551

この記事へのトラックバック一覧です: 奇蹟がくれた数式:

» 奇蹟がくれた数式 (試写会) [風に吹かれて]
あふれ出る数式 公式サイト http://kiseki-sushiki.jp10月22日公開 実話を基にした映画 原作: 無限の天才 (ロバート・カニーゲル著/工作舎) 1914年のイギリス、ケンブリ [続きを読む]

受信: 2016年11月 9日 (水) 23時40分

» 奇蹟がくれた数式 ★★★ [パピとママ映画のblog]
「スラムドッグ$ミリオネア」「マリーゴールド・ホテルで会いましょう」のデヴ・パテルがインドの天才数学者ラマヌジャンを演じた伝記ドラマ。独学で数学を学んだラマヌジャンが、異国の地イギリスへと渡り、文化の違いに苦しみながらも、著名な数学者G・H・ハーディ教授と数学を通じて友情を育み、強い絆で結ばれていく感動の実話を描く。共演にジェレミー・アイアンズ、トビー・ジョーンズ。監督は本作が長編2作目のマシュー・ブラウン。 あらすじ:数学に魅せられ独学で学ぶインドの青年ラマヌジャン(デヴ・パテル)。事務員として... [続きを読む]

受信: 2016年12月26日 (月) 18時45分

« ダリ展 @国立新美術館 | トップページ | インフェルノ »