« ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅 | トップページ | 紅葉の京都(2) メキシカンと川床スタバ »

紅葉の京都(1) 南禅寺

先週、学校の休みにあわせて家族と2人で京都に紅葉を見に行ってきました。最初は日帰りで行くつもりでしたが、せっかくだからゆっくりしてくれば?とのことばに急遽泊まってくることになりました。

ところが出発の日は、予報通りに朝からみぞれ混じりの雨。のちに雪に変わったと知りましたが、11月に東京に雪が積もったのは54年ぶりだとか。@@ 交通状況が心配でしたが、雪でも定刻通りに出発する新幹線に、日本の底力を実感しました。

途中、雪が積もっているところもありましたが、西へ行くほどお天気がよくなり、約2時間後に京都に着いた時には晴れ間が広がっていました。地下鉄を乗り継いで、まずは南禅寺に向かいました。
maple 臨済宗大本山 南禅寺 公式HP

2016113001

大型バスが次々停まり、観光客で賑わっていましたが、境内が広々としているので、落ち着いて散策できました。写真は歌舞伎で石川五右衛門の「絶景かな、絶景かな~」のセリフで知られる三門。上層に上ることもできます。太い柱を額縁にして、向うに見える紅葉も美しい。

2016113003

三門をくぐって、後ろをふり返ったところ。

2016113002

あいにく前日、前々日の強風で、葉っぱがだいぶ散ってしまったらしいですが、それでもまだまだ美しい紅葉を堪能することができました。

2016113004

晩秋のこの時期は、散り紅葉も風情があります。手前は紅葉、向うはすっかり散ってしまった銀杏。赤と黄色の2色に染め分けられた落ち葉のじゅうたんがすてきでした。

2016113005

境内を通る、琵琶湖疎水の水路閣。赤レンガでできた明治の近代建築ですが、不思議と禅寺の空間にマッチしています。上には今も水路が流れ、さわやかな水音が心地よい。

2016113007

このあと、狩野派の障壁画(復元)や、みごとな庭園を見ることができる方丈の中へ。方丈庭園は江戸時代初期の代表的な枯山水庭園で、「虎の子渡しの庭」ともよばれています。目の前に広がる白砂は池ではなく、川を模しているのが、ほうき目から伝わってきます。

2016113006

こちら方丈の奥にある「六道庭」は緑の苔が美しい。岩と白砂の「妙心庭」もあり、対になっていました。

2016113008

お茶室の向うに真っ赤な紅葉。

2016113009

再び三門を背景に。

|

« ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅 | トップページ | 紅葉の京都(2) メキシカンと川床スタバ »

旅行」カテゴリの記事

コメント

セレンさん☆
うわ~まさに絶景ですね!!
あの雪の東京を脱してこんな美しい紅葉を見に行っていらしたのですね~?
いいなぁ~
一番いい時期にいらしたのではないですか?
赤と黄色の絨毯に、枯山水の緑と白、紅葉の色が本当に美しいわ☆

投稿: ノルウェーまだ~む | 2016年11月30日 (水) 23時35分

☆ ノルウェーまだ~むさま ☆
おはようございます。
夫の出張中、試験休みの息子と出かけてきました。
関西はお天気に恵まれてよかったです☆

あいにく前日に強風があって、だいぶ散ってしまったそうで
ピークは若干過ぎていましたが、それでも十分きれいでした♪
日本庭園やお寺の空間に、美しい紅葉が映えましたよ。

投稿: ☆ ノルウェーまだ~むさま ☆ | 2016年12月 1日 (木) 08時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1151970/68646025

この記事へのトラックバック一覧です: 紅葉の京都(1) 南禅寺:

« ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅 | トップページ | 紅葉の京都(2) メキシカンと川床スタバ »