ルッコラソースを使って / クリスマスリース 2011

ルッコラの野生を感じるほろ苦さが大好きです。いつもはサラダに入れることが多いですが、今回はきれいなグリーンを生かして、ソースを作ってみました。

008_convert_20111211013149_3

作り方は、ジェノベーゼ(バジルソース)と同じ。きれいに洗って4cmほどに切ったルッコラの葉、炒って冷ました松の実、にんにく、オリーブ油をブレンダーに入れて、が~っとかけます。ペースト状になったらできあがり。塩で味を調えます。

012_convert_20111211013250

真鯛のグリルのソースとして使ってみました。真鯛は塩こしょうして軽く小麦粉をはたき、フライパンにオリーブ油を熱して表面をこんがりと焼きます。途中で白ワイン少々をふりかけて、ふたをして、中まで蒸し焼きにしました。

ルッコラソースは、鮮やかなグリーンがとてもきれいで、見た目にもインパクトがありますが、ジェノベーゼに比べると穏やかな味わいで、淡白な真鯛によく合いました。

037_convert_20111211013520

別の日には、チキンソテーのソースとして使ってみました。真鯛と同じく、チキンもあっさりしているので、ルッコラソースによく合いました。つけあわせは、先日のローストポテトの残り。偶然ですが、グリーンのソースにトマトの赤が効いて、クリスマスっぽい一品になりました。

          xmas          xmas          xmas

ここ数年、いつもお世話になっている近くのお花屋さんに、クリスマスリースを作っていただいています。今年も、生のモミの枝にトラディショナルなデザインで…というざっくりしたオーダーに、とてもすてきなリースを用意してくださいました。

  042_convert_20111211012957

松ぼっくりにコットン、スパイスにベリー…。グリーンも、モミの枝だけでなく、濃い緑から黄緑色、グレーがかったグリーン…とデリケートなグラデーションがとてもきれい。ドアを出入りするたびに、うきうきしています。

  034_convert_20111211012855

そして玄関前には、濃淡のピンクのガーデンシクラメンと、イベリスという白い花を寄せ植えにしました。

イベリスは、見た目はマリーゴールドに似たかわいらしい花ですが、葉っぱはしっかりとしていて丈夫そう。ちょっと調べてみましたら、(似ても似つかないですが)なんとアブラナ科とのこと。南ヨーロッパ原産で、イベリスという名前はイベリア半島から来ているそうです。

どちらも毎年楽しめる花なので、うまく増やせたらいいな、と思います。

このほか、玄関前はこの時期、毎年ささやかなライトアップを楽しんでいますが、今年は節電のため、ちょっと寂しですがお休みにしようかな…と考えています。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

「南翔饅頭店」 & つつじ散歩

この日は、4月末まで有効のクーポンがあったので、六本木ヒルズにお昼を食べに行きました。おいしい小籠包が食べたくて、「南翔饅頭店」へ。

ここは、上海にある小籠包のルーツとなるお店の日本の提携店です。南翔小籠包は、以前都立大学の中華カフェで食べたことがあり、そのあまりのおいしさに感動したので、久しぶりにもう一度食べてみたくなりました。

豚肉入り小籠包に点心がつく、ランチのセットをいただきました。

084_convert_20110513075321 085_convert_20110513075417

(左)最初に運ばれてきた、「干し帆立と卵のスープ」です。卵はかきたまではなく、錦糸卵というのがおもしろい。洗練された印象です。干し帆立からいいおだしが出て、おいしくいただきました。奥に見えるのは、「しょうゆ味干し切り大根」。干した大根の中華マリネで、お漬物の感覚でいただきました。

(右)点心の「上海蟹みそ入り春巻き」。三角に包むというのがおもしろい。今度まねしてみようと思います。蟹みその苦手な私も、これはクセがなくておいしくいただきました。

086_convert_20110513075513 087_convert_20110513075611

(左)点心の蒸し物2点。「もち米焼売」と「精進料理の饅頭」です。もち米焼売は、中華おこわを包んだ焼売。お饅頭のあんは、刻んだ葉物野菜です。どちらもベジタリアン向けの2品ですが、しっかりと食べ応えがありました。

(右)そしていよいよ、「豚肉入り小籠包」の登場です。ほかほかの湯気のたった小籠包は、見るからにぷにゅぷにゅとして柔らかそう。

089_convert_20110513075706 090_convert_20110513075757

(左)しょうがの細切りと黒酢にディップして、れんげにとっていただきます。一口かじると中からこってりとしたスープと肉汁があふれます。都立大学のお店よりも、少し皮が厚い気もしましたが、2度目だったので少し感動が薄れてしまったのかも…。

とはいえ、とってもおいしくいただきました。あふれて小皿に落ちたスープも、黒酢とともに残らず全部飲み干しました。

(右)デザートの、マンゴープリンと杏仁豆腐です。濃厚なマンゴープリンもおいしかったですが、杏仁豆腐の甘みを抑えたお豆腐味が気に入りました。

食事の後は、ちょうどつつじが見頃の毛利庭園を散歩しました。

092_convert_20110513075918

緑の小道を抜けて…

094_convert_20110513080038

春のうらうらとした陽射しの中、芝生に寝転がってひなたぼっこしている人や、お散歩を楽しんでいる人がいましたが、みんな気持ちよさそう。

106_convert_20110513080146 107_convert_20110513080307

緑が目にまぶしく、色鮮やかなつつじがとても美しかったです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

「アンノウン」

今週末に公開された、リーアム・ニーソン主演のサスペンス・アクション、「アンノウン」(原題:Unknown)を見に行きました。先日DVDで見た、同じくリーアム・ニーソン主演のアクション映画、「96時間」がおもしろかったので、今回も楽しみにしていました。

     Unknown

学会出席のため、妻を伴いベルリンを訪れた植物学者のマーティン・ハリス博士(リーアム・ニーソン)は、交通事故に遭い、記憶障害に陥ってしまいます。4日後、意識を取り戻した彼が妻のもとにかけつけると、妻は自分のことを全く知らないといい、しかも他の何者かが自分に成りすましていました…。

見知らぬ外国で、自分を証明できるものが何一つない、というマーティンの不安と恐怖は、事情を知らない、見ている私たちにとっても同じ状況であり、感情移入できました。

しかも自分に成りすましている相手は、運転免許証や妻との写真を持っており、ベルリンで会う約束をしていた教授との電話のやり取りまで全て知っている…。記憶障害の残るマーティンが、ひょっとしたら自分の方が勘違いしているのではないか、と思うのも無理はありません。

しかし、自分が誰かにつけ狙われていることに気付き、自分の身近で人が殺されたことで、何かの陰謀に巻き込まれたのだ、と確信するマーティン。「96時間」でもそうでしたが、スイッチが入った後のリーアム・ニーソンがとにかくかっこいい!です。

この作品、アクション・シーンやカーチェイスなど、スピーディな展開はもちろん楽しめますが、暗号の解読など、謎が少しずつ明らかになる過程はきちんと時間をとって追っているので、見ている方も自然と物語の世界に入ることできました。おもしろかったです。

009_convert_20110509102008

昨日、家族から思いがけなく、すてきな花束が贈られました。真っ赤な薔薇は私のイメージ…?という感じではないのですが、気持ちが華やぎます。ユーカリの香りもすてき。しばらくの間、大切に楽しみたいと思います。

| | コメント (10) | トラックバック (2)

姜尚中 「母 ‐オモニ‐」

政治学者 姜尚中(かん・さんじゅん)さんの自伝的小説、「母 ‐オモニ‐」を読みました。

Omoni_2

以前からTVや新聞などで拝見して感じられる、姜さんの穏やかで誠実なお人柄に好印象を持っていたこともあり、なかばミーハー的興味もあって、読むのを楽しみにしていました。(図書館にて予約しました。)

以前、同じく氏の書かれた「悩む力」を読んだことがありますが、それに較べると、この作品の文章は、どこか拙く、たどたどしい印象を受けました。これは、政治学者 姜尚中ではなく、母を思うひとりの息子が、ちょっぴり照れくさい気持ちとともに書いた私小説なのだということが伝わってきました。

母ではなく、オモニ。それは姜さんにとって特別な存在。この本では、16歳の時に結婚のためたったひとりで日本に渡り、戦後の混乱の時代に夫とともに廃品回収の仕事を始め、貧しさの中でせいいっぱいに働き、家族を支え、子どもたちを育て上げた、たくましくも愛情豊かなオモニの姿が描かれています。

本を読んで、オモニは姜さんにとって、永遠の聖女のような存在なのだと思いました。これは息子の視点から書かれた小説ではあるけれど、息子が成長し、だんだん遠い存在になっていく…という場面では、いつの間にかオモニの側に寄り添っている自分がいました。

この小説はオモニが主役ではありますが、姜さん自身の物語でもあります。自分の出自を否定し、祖国と距離を置いていた10代の姜さんが、大学生になって思うところあり、初めてオモニの故郷を訪れて、自分のアイデンティティを見出したこと…。

その旅からもどった姜さんが、これからは日本名を止め、韓国名を名乗ることにする、とオモニに告白する場面に心を動かされました。小説の最後の方にも触れられている姜さんの著作、「在日」も読んでみようと思います。

020_convert_20110508113431

さて、今日は母の日。今年も、いつもお世話になっているお花屋さんに、すてきなアレンジメントを作っていただきました。

お天気に恵まれた連休最終日、どうぞよい一日をおすごしください。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

沖縄(1) Cafe ハコニワ

先月、学校のお休みに合わせて、沖縄(本島)に旅行してきました。少し遅れましたが、忘れないうちに記録に残しておきたいと思います。しばしおつきあいいただけたら幸いです。

          clover           clover          clover

羽田空港から全日空の始発便に乗って那覇へ。車を借りて、沖縄自動車道を終点許田(きょだ)まで一気に北上し、まずはお昼をいただくことにしました。

冬枯れの寒い東京から見る沖縄は、思ったより肌寒かったものの、ちょうど若葉の季節。黄緑色の葉を揺らした木々が、島をみずみずしく彩っていました。見慣れない植物も多く、亜熱帯の島にやってきたんだなあ、と実感しました。

県道から森の中のがたごと道をどこまでも進み、ようやくたどり着いたのは、築50年の古民家を改造したという、素朴な雰囲気にあふれるカフェ、「Cafe ハコニワ」です。

035_convert_20110407083203

「沖縄に住むおばあちゃんのうちにやってきました」といった感じの、どこか懐かしい、ほっとする佇まいです。お家を包み込む、雨にぬれた緑が美しい。

015_convert_20110407082554 022_convert_20110407082900

(左)店内は薄暗く、古民家ならではのひやっとした空気を感じました。木枠の窓、手作りの四角いテーブル、ひとつひとつ違う古い椅子。どれもこの空間によく合ってすてきでした。

(右)ランチのメニューは3種類あって、どれもおいしそうでした。私はまだ、それほどおなかがすいていたかったので、ペーストしたアボカドとかりかりベーコンのサンドウィッチをいただくことに。コールスローと小さなバナナケーキがついていました。サンドウィッチを和のざるにのせるアイデアが新鮮。

017_convert_20110407082658

沖縄といえば豚肉。これは豚肉のカレーですが、スパイスから作った本格的な味わいでした。ターメリックライスとともにいただきます。沖縄らしい素朴な器もすてきでした。デザートはカレーに合わせて、フルーツヨーグルトのシナモンがけです。

018_convert_20110407082756

こちらは本日のランチプレート。メインのお料理は奥の豚肉とピーマンの炒め物です。いんげんとトマトのサラダ、コールスローサラダ、もやしナムル、大根の甘酢漬けがワンプレートでサーヴされました。どれも野菜を中心としたヘルシーなお料理。ごはんは黒米です。

食後のコーヒーもおいしく、ゆっくりとくつろげました。

031_convert_20110407082959 032_convert_20110407083058

お店のエントランスには、いつの間にか看板娘?息子?のワンちゃんが。おとなしく、お行儀のいい、とてもかわいいワンちゃんでした。

010_convert_20110407082456_2

駐車スペースに咲き乱れていた薄紫色の花。旅行中、あちらこちらで見かけました。後で調べましたら、メイフラワー(別名フブキバナ)と言って、沖縄では春を告げる花だそうです。

おなかがいっぱいになったら、次の目的地に出発です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

牛肉の白ワイン煮 & ムール貝のワイン蒸し

最近のある日の夕ごはんから。この日はパリのビストロ定番料理のひとつという「牛肉の白ワイン煮」を作りました。大森由紀子さんのレシピです。

027_convert_20101201093639

  1. 大きめに切った牛肉は、塩こしょうしてフライパンで表面を焼き固めておきます。
  2. お鍋にバターとにんにくを熱し、香りが出てきたら、たまねぎ、にんじんと順番に炒めていきます。1の牛肉と白ワインを入れて、軽く煮込みます。
  3. 水を加えてブーケガルニを入れ、お肉がほろほろに柔らかくなるまで、ことこと煮込んでいきます。最後に塩こしょうで味を調えてできあがり。

(じゃがいもは入りませんが)フランス版肉じゃがといった感じの、ほっとする味わいのお料理。飾らない温かさと、お鍋をほっとらかしにしてできる手軽さが好きで、よく作るお料理です。

パリっ子は多めに作って、翌日はお肉をほぐしてサラダに入れたり、じゃがいものピュレといっしょにグラタンにしたりするそうですが、我が家では残ることはほとんどありません。><

付け合せは、坊ちゃんかぼちゃの皮ごとマッシュ。小さな坊ちゃんかぼちゃをラップで包み、電子レンジでチンして柔らかくしたら、中の種とわたを取り除き、皮ごとマッシュ。バター、生クリーム、豆乳、塩こしょうを適量加えて、さらにマッシュしてできあがり♪ かぼちゃの甘さに塩味が効いた、甘塩っぱさがおいしいです。

この日はムール貝が手に入ったので、おつまみにワイン蒸しを用意しました。

011_convert_20101201093407

殻をごしごしこすってきれいにしたムール貝に、にんにく・たまねぎ・パセリのみじん切りと白ワインを加え、ふたをして火にかけます。途中でバターを加えて、殻が完全に開くまで蒸し煮にしたらできあがり。

018_convert_20101201093520

ベルギー式に、お鍋のままテーブルに運んでいただきました。

          wine          wine          wine

先日、室内用にポインセチアの鉢を買いました。

025_convert_20101201113146

定番の赤いポインセチアに心惹かれながらも、このかわいいピンクのポインセチアに魅せられて…。「プリンセチア」という名前ですが、開発したのは、あのブルーの薔薇に成功したサントリー だそうです。

実際には写真よりも、もっと鮮やかな濃いピンクです。(思い通りの色が出せなくて、もどかしい。sweat01) そこだけぱっと春が訪れたように、お部屋の雰囲気が明るくなりました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

トマトのオイルマリネ♪

我が家で収穫したプチトマトを使って、ゆずさんに教えていただいたトマトのオイルマリネを作ってみました。

013_convert_20100817014958

プチトマトにかぶるほどのオリーブ油とつぶしたにんにくを入れて、弱火でコトコト煮こみます。様子をみながら…トマトがしわしわになってきたら、火を止めました。

これまたゆずさんのまねっこですが…先日作ったジェノベーゼ(バジルペースト)といっしょに、パスタにあえてみました♪

015_convert_20100817015108

パスタにあえるとプチトマトのくたくた加減がちょうどいい感じ♪ バジルもプチトマトも自家製…と思うと、喜びもひとしおです。

プチトマトのオイルマリネはドライトマトに似た味わいで、生でいただく時よりも旨味が増していると感じました。バジルとの相性もパーフェクト! とてもおいしくいただきました。

これに気をよくして、いろいろな野菜でオリーブオイル漬けを作ってみました。

008_convert_20100817015238

「きのこのオイルマリネ」です。塩ゆでしたきのこ(しめじ、エリンギ、しいたけ)の水気をとって、保存容器に入れ、つぶしたにんにくといっしょに熱して香りをつけたオリーブ油をひたひたになるまで注ぎました。

016_convert_20100817015352

「なすのオイルマリネ」です。こちらはオーブンでローストしたなすを保存容器に入れ、同じくつぶしたにんにくを熱して香りをつけたオリーブ油を注ぎました。

どちらもパスタやサラダ、お肉料理やお魚料理の付け合せに…と活躍してくれそうです。使うのが今から楽しみです♪

          bud          bud          bud

夏前に植えた日々草。一度花が咲き終わって、しばらく緑だけの時期が続いていたのですが、最近になって急にまたつぼみが増え、元気に花が咲き始めました。

008_convert_20100817014841

かわいいピンクの花を見ると、つい顔がほころんでしまいます。後から後からつぼみが出ているので、このまま秋口まで楽しませてくれそうです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

多摩川台公園の紫陽花♪

先週末の朝、大田区の「多摩川台公園」に紫陽花を見に行きました。

024_convert_20100627010039  027_convert_20100627002155

東急「多摩川」駅から歩いて1分ほど。木々で鬱蒼とした急な石段を登っていくと、そこにはみごとなあじさい園が広がっていました。梅雨の曇り空の下、色鮮やかな紫陽花の華やかな美しさに目が覚めるようでした。

  047_convert_20100627003122    028_convert_20100627002311

今が季節の紫陽花とあって、写真を撮ったり、写生をしたりしている方がたくさんいらっしゃいましたが、首都圏の他の名所に比べると人はぐっと少なく、ゆったりと紫陽花を愛でることができました。ぼんぼりのように華やかなセイヨウアジサイ、ひっそりと咲くガクアジサイ…、どれも美しかったです。

037_convert_20100627002455  038_convert_20100627002617

(左)あじさい園を離れると、園内には雑木林が広がっていました。今の季節特有のみずみずしい木々の緑に、深々とした気持ちになりました。ここは太古の昔に集落があったようで、首長のものと見られる古墳群が残っていて、貴重な歴史資料となっています。

(右)高台から見える多摩川のゆるゆるとした眺めに、ターナーの絵を思い出しました。「私の領地はどうなっているだろうか。敵は攻めては来ぬか…。」太古の首長の気持ちになって、つぶやいてみたくなりました。(笑)

039_convert_20100627002758  040_convert_20100627002948

またここは、かつて貯水池があって、地域の水がめとなっていたそうです。今はその跡地が水生植物園となっています。水辺の風景にほっと落ち着きました。

  060_convert_20100627003421    031_convert_20100627010436

再びあじさい園にもどって…。どの紫陽花もきれいでしたが、私は白いヤマアジサイの清らかな美しさに心を奪われました。

062_convert_20100627003604

通路沿いに咲くみごとな紫陽花に見送られるようにして、名残惜しく公園をあとにしました。

          snail          snail          snail

私が子どもの頃、この近くに「多摩川園」という遊園地があったことをおぼろげに覚えています。当時は遊園地からの帰り道、駅前の商店街に「鮎焼き」のお店が並んでいたことを思い出して、駅の周りを少し歩いてみました。

当時の賑わいはすっかりなくなっていましたが、それでも鮎焼きのお店がまだ2軒だけ残っていたので、懐かしく思いながら、焼きたてを包んでもらいました。

120_convert_20100627010706

鮎焼きというのは、いわゆる人形焼の鮎バージョンです。中にあんこが入っている、素朴なお菓子です。子ども時代にタイムスリップしたような懐かしいお味。とてもおいしくいただきました☆

| | コメント (12) | トラックバック (1)

バースデー・テーブル 2010

週末、家族のバースデーのお祝いをしました。

088_convert_20100623003234

初夏らしくレース風に、それでいてあまり甘すぎないセッティングでまとめました。

076_convert_20100623002927  083_convert_20100623003056

(左)テーブルフラワーは、ケーキにあわせて白・黄・グリーンの組み合わせです。いつも行く近所のお花屋さんで用意しました。黄色いバラ、手前の黄色い花はひまわりの一種? そして、白い紫陽花と、大好きな芍薬です。

(右)夏らしい穴あき模様のキャンドルホルダーは、フィリピン製のハンドメイド。ニューヨークで見つけたお気に入りです。キャンドルは、テーブルクロスと同じ、ライトブルーです。

お料理は、普段作り慣れた、我が家の人気メニューばかり。見覚えのある方もいらっしゃるかも…?

092_convert_20100623003522  093_convert_20100623003653

前菜をいくつか用意し、飲み物といっしょにいただきました。(左)は海老のオリーブオイル煮、(右)は野菜のグリルです。このほか、鯵のオーブンパン粉焼き、エリンギ入りシーザースサラダを用意しました。

096_convert_20100623003810

白いお皿に、ガラスのお皿を重ねて。前菜とサラダを取り分けて、カジュアルにいただきました。

090_convert_20100623003359  097_convert_20100623003923

(左)ブランジェ浅野屋さんのカンパーニュとくるみのパンです。(右)かぶのポタージュは、コーヒーカップでサーヴしました。

099_convert_20100623004038

メインディッシュは、ブフ・ブルギニョン、牛肉の赤ワイン煮こみです。朝からコトコト煮込んでいたので、お肉がとても柔らかくなりました。大好きなクレソンを添えて。

104_convert_20100623004149_2  109_convert_20100623004301

バースデーケーキは、定番のスポンジと生クリームのケーキです。桜桃、白糖、キウイを飾って、HAPPY BIRTHDAYのカラフルなキャンドルを刺しました。フルーツの酸味がさわやかで、とてもおいしくいただきました。birthday

| | コメント (10) | トラックバック (0)

ナンプラーを使ってベトナム風♪

東南アジア風のお料理によく使われるナンプラー。独特の風味が苦手で今までなんとなく避けていましたが、焼くとあまり匂いが気にならず食べやすくなることを発見 flair しました。最近はおしょうゆの代わりに下味に使ったりして、少しずついろいろなお料理にチャレンジしています。

003_convert_20100510085434

【 ベトナム風つくね 】

つくねといっても鶏ひき肉ではなく、豚ひき肉を使っています。

豚挽き肉、たまねぎのみじん切り、香菜(パクチー)の茎のみじん切り、卵黄、小麦粉、塩こしょうを混ぜてこね、円くまとめてフライパンで焼きます。このときすみの方で、しし唐もいっしょに焼いておきました。

お肉が中まで焼けたら、ナンプラー、みりん、砂糖を加えて、煮詰めながら照り焼きにしていきます。上に香菜の葉をパラリとのせてできあがり♪

ちょっと個性的な味わいで、とってもおいしかったです。お弁当に合うかも?と思いましたが、家族には「おいしいけれど、お弁当には入れないで」と言われてしまいました。たしかに箱を開けた瞬間、匂いがちょっと気になるかもしれません…。

020_convert_20100519105605

【 鶏スペアリブのベトナム風唐揚げ 】

鶏スペアリブにナンプラー、砂糖、ごま油をまぶして下味をつけておき、油で二度揚げしました。骨付き肉は火が通りにくいので、少し長めに揚げましたが、下味がついていると焦げやすいので、揚げてからタレをまぶしてもよかったかもしれません。

これは、ビール beer のおつまみにぴったり♪ おいしくいただきました。

鶏手羽といえば、家族がデパートの催事で、名古屋の「風来坊」さんの手羽先をおみやげに買ってきてくれました。

005_convert_20100519105814

昨年、旅行先で食べた名古屋の手羽先がとてもおいしかったので、懐かしく思い出して買ってきてくれたようです。デパートでは、すごい行列ができていたそうですよ。

目の前で次から次と揚げていたそうですが、観察したところによると eye 二度揚げしてからタレをまぶし、さらにそれを焼いていたとか…。どうやら調味料にも秘密がありそうです。独特の味付けはビールにぴったり♪ 懐かしく、おいしくいただきました。

          tulip          tulip          tulip

お肉の画像が続いたので、気分を変えてお花の写真を…。

017_convert_20100519105939

先日、ローズマーケットでバラの苗を買ってきました。「アイスバーグ」という名前の、白い中輪のバラです。香りはそれほど強くないですが、楚々とした中にも凛としたたたずまいがあって気に入りました。

バラを育てるのは奥が深くて難しそうですが、このバラは初心者でもだいじょうぶ…というおじさんのことばも心強かったです。買ったときは一輪しか咲いていなかったのですが、次々つぼみがふくらみはじめ、かわいらしい花が目をなごませてくれています。

夏を過ぎてから植え替えした方がいいそうなので、しばらくは家の中で楽しみたいと思います。

| | コメント (6) | トラックバック (1)

より以前の記事一覧